fc2ブログ

ウクライナ国立の「カルメン」

ウクライナの情勢不安から1年が過ぎて
自分では何もできる事がないのかと思っていたこの時期です

ある朝の新聞でウクライナ国立歌劇場の引越し公演が長野であることを知り
せめてもの・・・気持ちだけですがお高い席を購入して行って来ました
と言っても、いつもの通り
2階席 最前列 中央通路の脇っていう上席が空いていたから買ったのですけれどね



多くのクラシックオペラは、スマホやネットどころかテレビも映画もない時代に作られたエンターテイメントの主役です

より多くの娯楽要素を求められていましたから、昼メロドラマや歌謡番組を想起させる場面も多くあります
オペラ以外のエンタメに事欠かない現代人にとってはある種異質な文化を感じますね

一例として「フィガロ」を見ると(CDの音だけではよく分からない)分かりますが
前半はストーリーのある物語(まあ、他愛もないメロドラマ)ですが、後半はアリアを順番に歌う歌合戦の様相を示します

また、多くの作品で舞踏会やダンスチューンのコーナーがあって盛り沢山、特にトルコなどエキゾチックな踊りが人気のようでした
今時のように簡単には海外旅行ができない当時には、オリエンタルな文化に関心があったのでしょうね

それらを前にして座り続けるのは実はそれなりの「修行」であって、退屈のあまり不覚にも居眠りとの戦いを強いられるものです


その中で、全曲を通して覚えているので絶対に眠らない鉄板の三作品があります


1・カルメン
2・ラ・ボエーム
3・カバレリア


この次のグループには

1・こうもり
2・アイーダ
3・神々
4・ファウスト

なんですけど「神々」なんか長野では絶対に掛からないので実質6曲、
まだ未体験のカバレリアとファウストも大都市での公演待ちですが、国内では難しいでしょうか


230113_m_convert_20230117172124.jpeg


小さな小屋の狭いピットにしては中々の編成のオケでした
1stVnで8から10丁
チェロが2本、コンバスは3本もありましたし、ホルンは4管という盤石の構え

二階席の私の所では低音は十二分のバランス、一階席でもある程度良かったのではないかと思います
(ステージ下のピットで演奏するオペラの場合、土間席で聞くと多くの場合ハイ・バランスになって腹が立つ)


オペラの実演ではいつも2つのことに感心します

1、録音と同じクオリティで聴ける

POPSのコンサートを基準に考えるととんでもない事です
音楽の流れが(テイクのやり直しの出来る)レコードを聞いているのと変わらないのですから
それも2時間もの間、何十人という演奏者、歌手が楽譜・ト書き通りに演奏出来るんですよ

それだけでもすごい事、どれだけ練習してるんだ!と頭が下がる思いです

当たり前だろ、と思ったそこの貴方・・・そうでもない時も結構あるんですよ・・・「生」だけに




2、やっぱり欧州の音は全然違う

オーディオとの音の差もそうですが、日本のオケとの音の差も随分と感じます

私はよく「発情期の猫の泣き声のよう」と表現するんですが
ヴァイオリンにしても人の声にしても、一度喉の奥で声を含んでから出すような出音の仕方に
毎回、強烈にヨーロッパの土地と文化、時間の蓄積を感じます

M・カラスやD・F・ディースカウの発声を聞くと一聴瞭然なんですけれど


一般論ですが
優秀と言われるオーディオほど、実演で聞かれる音との乖離を感じてしまう傾向があるのです

ヴァイオリンからは薄くて乾いた板の音が聴こえるはずなんですが、金属製ヴァイオリンの音になってはしないだろうか?
自分自身の家も例外でなくしっかりと見つめたいと思った


まあ、身も蓋もない話をしちゃうと録音された時点でかなりマズいのもあると思うんですが
「あの感じ」を聞き手が自分の中に感覚として持っているかどうかが一番のハードルだと思います

どのCDやレコードを聴くかの選択からが自分のオーディオの責任ですからね








沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村








スポンサーサイト



衝撃の言葉 〜 音楽・音源を「ソフト」と言う人々

私がまだオーディオをしていると言える段階でなく、駆け出しの頃の話です

実家のお隣の町に友人の会社の同僚の方が住んでいました
そのお父上が敷地内にオーディオ部屋を建てる程熱心な方で、同僚の方(息子さん)自身もその影響でオーディオに興味がお有りだと聞いていました

その後、友人の取りなしもあって
「せっかくお近くなんだから、お互いに訪問しましょう」となりました

始めに年少の私から先方にお邪魔しました
部屋は10畳ほどの「男の城」って感じで、余計な装飾も無いオーディオ一筋の室内でした

装置の詳細はここでは書きませんと言うより記憶にないので書けません
もう、30年以上前のことですし、何より評論家ごち「訪問記」などを記するほど立派な人間でないと自覚しているからです


ただ、お父さんは真空管アンプを自作されるのが趣味の方で、何台か見知らぬ部品で組まれた自作アンプがありました
スピーカーも市販品ではなかった様に思います


いくつかのレコードを聞いた後

「クラシックはあまり詳しく無いので、レコードを持参して欲しい」とのご要望があったのでお持ちしたレコードをかけていただきました
これは、覚えています

グリュミオの名演集  クライスラーの小品や熊蜂の飛行などメロディーが分かりやすい曲を集めた1枚で
外盤の入手が困難な地方都市としてはありがたいオランダ直輸入の1000円盤でした
70年頃のPHILIPS録音ですから見事な音です

お父さんは痛く感激してくださって、そこで出たのが次の言葉です

「いやあ。これはいいソフトですねえ」



現在に至るまで、オーディオをしていて最も印象深い「言葉」の一つでした
それまで、レコード(やCD)を「ソフト」と呼ぶ人に出会ってこなかったからです




ここまで読んで頂いている皆さんはどうお感じになったでしょうか?

・え? 普通 言うでしょ!
・なんか違和感あるねえ
・特に、なんとも感じません

感じ方は各々でよろしいと思いますが
齢30歳くらいの当時の私には大層な違和感があったのです
もちろん、当のお父さんに特段の意図はなく、オーディオ雑誌や仲間内で慣例的に使われる「音源=ソフト」と言う記号としての言葉を使っただけだと思います

良くありますよね、オーディオ雑誌の巻末の方に「今月の優秀録音 推薦・特選ソフト」みたいな感じの使われ方




未だに感じている違和感の原因は

「オーディオ装置=ハードウェア」の一対としての「音源=ソフトウェア」なのかしら?

スピーカーやアンプやプレーヤー、すなわち「ハードウェア」とそのシステムを構成する
オーディオで音を出すために必要な「構成要素=コンポーネント」の一つとして「音源=ソフトウェア」を捉えている?

  
   オーディオの音質を確認し調整する為に、音を出す必要があるからソフトをかけてるの?

  極端に悪い取り方をすると、そんな印象を受けるものですから違和感があったのでしょう
  実際に個人のお宅で、オーディオメーカーの配布する「デモ盤」の中の女性ヴォーカルでもかけて下さる
  場合などに出会すと???と思うこともありますよね。いや、お好きなら良いんですよ、いいんですけどね

   ご自身で発見・発掘した「魂の一枚!」をお聞かせ頂きたいものですから




繰り返しになりますが
私自身は18歳の時に、オーディオの師匠からSPからモノラル時代の歌手やヴァイオリン奏者を沢山教えてもらった中で
1人の歌手と運命的な(と勝手に思い込んでいる)出会いがありました

以来、自分にとってのオーディオの存在意義は、その歌手の歌を聞く為だけにありました

私にとって「音源」は

オーディオの「要素=element」ではなく「動機=motive」なのです


sddefault.jpeg



師匠はオーディオ店主なので、こちらも何気なく

真空管を変えたい とか このカートリッジを買おうかしら と言うんですが

「何のために」

「それでどうなるの?」

と言われ、中々売ってくれない時期がありました
今になって思うと
「お前の聞きたいレコードの再生にとって、プラスになるか考えての事か?」と言うことだと思います
雑誌や仲間内の風評だけで、欲しい物をあてずっぽうで買い込んでも自身の音楽人生にとっては決してプラスにならないと言うことでしょう


何年か経って私が
「こんな事をしたい」と言うと
「お、いいセンスしてるねえ」と言って売ってくれる様になりました

私の師匠は音楽再生の目的を見失った、オーディオセット単独の「自称・音質アップ」を決して許してはくれませんでした
自分のオーディオ人生を振り返ってみても、これ以上に感謝していることはありません



当時とは違い、今ではオークションやネット通販で何でも好きな物が買えます

自分勝手なガチャガチャな事をしても、誰も叱ってくれないんです

当時の自分がそんな時代にオーディオを始めたらと考えると、これほど恐ろしいことはありません








沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村










「青少年のためのクラシック音楽入門」

さて、記念すべき第一回目の放送から考えます
もちろん内容は季節とか年中行事に左右されますが、一応4月スタートで12回+必要に応じて脱線することも良しとしましょう


第1回放送分

ここはやはり「音楽の父」に登場頂かない訳にはなりますまい
しかーし、ここで
トッカータとフーガBWV565やG線上のアリアを掛けるのでは私が製作する意味がありません

「そうそう、この曲知ってる、私もCD買ってみようかしら」
てな、生涯に30枚の CDを買う方のための放送ではありません

1曲目
ヴァイオリン協奏曲 ト短調 BWV1056  より 第2楽章   (約3分)
 N アーノンクール  Aアーノンクール

バッハは人類最高級のメロディー・メーカーですが、この番組のトップを飾るのは究極の1曲で視聴者の心を鷲掴みにする必要がありこちらの選曲になりました
演奏者の選定は多くの意見があって当然ですが、最もロマンチックで「あの世」感のあるアーノンクールご夫妻盤にします


さて、30分番組であればCMの時間などを除き、実放送時間は23分程度になるでしょう
すると、音楽をかける時間は15分から長くても17、8分
残りはお知らせの類と、作曲家や時には演奏家、あるいは曲にまつわるエピソードを伝える事がとっても大事になります

曲だけかけて「ほれ聞け!」では直ぐに飽きられてしまいますからね、多角的に興味を引く仕掛けが必要です

2曲目
教会カンタータ BWV147  Herz und Mund und Tat und Leben (約4分)
近年の古楽演奏で

BWV140と迷うところですね。どちらでもいいと思いますが、こちらは合唱なので信仰心増し増しでしょう

バッハの時代においては
音楽は権力と金、簡単に言うと教会と貴族に囲われていた飾り物だったかも知れないのだと、クラシックを聞いてゆく上で時代と共にどう変化していくのかは知っておくべき事柄だと思います




これはアーノンクールです、素晴らしいですねえ
放送ではもう少し編成の小さな透明感のある演奏が良いでしょう


3曲目
これで、本日のトリになります

ゴールドベルク変奏曲 BWV988 より エール  ニコライエワ (約5分)

演奏は81年のグールド、Kリヒター 盤と迷いましたが夜の11時半に聴きたいのはコレだなと
副交感神経を高めて眠りに付く前にはぴったりではないでしょうか、加えて次週もまた聞いてもらえる様な引っ掛かりを残すための曲でもあります




第2回目放送分

ここからはあまり順番にこだわりは無いのですが、1曲目は年代順でモーツァルトです・・・が・・・

1曲目
ピアノ・ソナタ K310 第1楽章 第2楽章の途中まで  Dリパッティ ブザンソン・ラストコンサート (約6分)

モーツァルトのその短い人生を、自らの青春の青白い炎を追い越す様に駆け抜けた。と詩的に捉えるならば
そのポエムに最もふさわしいのはこの録音だと言う理由です
第2楽章の透明感、哀愁も半端じゃ無いので少々
最近正規録音とは別のテープが発見されCD化されたので、より緊迫した音が聞けます

もちろん解説ではリパッティの生涯と当コンサートの意味も伝えます

2曲目
オルフェとエウリディーチェ  メロディ  J ヌブー (約3分)
シシリエンヌ  (約4分。時間が許すなら)

本当であればシベリウスの協奏曲の3楽章推しなのですが、初心者向けと言う事でメロディアスな小品を

3曲目

Jアクロン  ハイフェッツ編  ヘブライのメロディー  J ハシッド (約4分)

かのクライスラーをして
「天才演奏家は100年に1人現れる
しかしハシッドは200年に1人しかいない」と言わしめたハシッド君

演奏家としての活動はたった2年、SPレコード9面だけの録音を残して26年の凄惨な人生を閉じました
加えて「ロボトミー」についても簡単に触れておくべきでしょう(時間が許せば)







とても重いテーマの回になりましたけれど
青少年のリスナーに向けて「神も羨む程の才能を持って生まれながら、志半ばにて夭逝せし天才」の存在を知る事で
目の前の今日一日を精一杯生きる大切さが伝わると良いと思いますよ











沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村



空より広く、海より深し

JAZZを聞いている方と話をすると、クラシックには簡単に手を出し難い。と考えている方が存外多い様に感じます

その理由の多くが「ジャンルや曲数が多過ぎて、どこから手をつけて良いか分からない」だそうだ(あくまで自分調べ)
まあ、クラシック・オンリーの自分からしても今からJAZZの大海に乗り出すには「ちと荷が重い」と同じ様に捉えている


しかし、上記の様に話してくださる方は、実はとても信用のおける人だ
ご自身がどれ程の時間と経済と労力と想いをJAZZにぶつけて来たかを身に染みているからこそ

これまでJAZZに燃やして来た情熱と同じだけの熱量をこの歳になって改めてクラシックに傾けることが出来るのか?
やり切った人間だけが知る「自分史の重み」を分かっているからこそ「荷が重い」のだ。 全くご同慶の至りである



対して
「俺は自分が気に入った物はなんでも聴くよ。音楽にジャンルは関係ないでしょ、共通言語だよ」
と、おっしゃる方とは音楽を語り合う事は無いだろうなあ。と反射的に思ってしまう

・・・本当は分かりませんよ、私みたいな半端者は子供扱いする様な強者かも知れませんが
まあ、そんな達人は目があった途端に分かりますよね、言葉を交わさなくとも

剣客同士の斬り合いなら間合いに入っただけで勝敗が分かるそうですから、世の中万事同じ事でしょう




もしも・・・途方もない仮定の話ですが
貴方がラジオ番組を作る人で、毎週・・そうですね火曜の23:00から30分間の番組を持って

「青少年のためのクラシック音楽入門」と銘打つレギュラー番組の編成を担当したとしましょう
四半期のクールで12週分あります  (人気があれば継続もありwww)

貴方はどんな曲を選曲しますか?

提供はユニバーサルミュージック・ジャパンですからクラシックのCDの販売促進に貢献しないといけません



このお題は
これからクラシックを聴こうとしているオーディオ好きのお仲間にどんなCDを紹介するか?と、同じです
責任重大ですね
ドップリと漬け込む為には紹介する側の手腕が問われます


このブログを読んでいただいている方も、自身のプログラムを想像して放送回順にラインナップして見て下さい
私は何度もシミュレーションしますが、中々大変な作業です


m58255291350_1_convert_20220719001918.jpeg

こちらは「管弦楽入門」です



さて今回の記事で、こんな事を言い出したのには「元ネタ」がありまして
さるオーディオ関係者の方のHPで「これからクラシックを聴きたい人へ」と言うページがあり、総数600曲になんなんとする長編で、まるで「レコード芸術誌 別冊 世紀の名曲決定版」の様な力作でした

一例を転記すると
シューベルト、フランツ(1797・1・31~1828・11・19)オーストリアの作曲家。

交響曲 第5番 変ロ長調。
交響曲 第8番 「未完成」 (7番と呼ぶ事もあります)
交響曲 第9番 ハ長調「ザ・グレート」(この曲も、7番、8番と呼ぶ事があります)
管弦楽曲 「ロザムンデ」 作品26
ピアノ五重奏曲 ハ長調 「ます」 
「軍隊行進曲」 作品51 (4手用のピアノ曲。全3曲の内、特に1番が有名で、オーケストラ編曲もされ、しばしば演奏されます)。
弦楽四重奏曲 第14番 ニ短調 「死と乙女」 ほか
歌曲:歌曲集に ●「美しい水車屋の娘」●「冬の旅」(5・菩提樹、11・春の夢、24・辻音楽師)●「白鳥の歌」(4・セレナード、12・海辺で、14・鳩の便り)
歌曲に ●「野ばら」●「魔王」●「さすらい人」●「死と乙女」●「音楽に寄す」●「ます」●「アヴェ・マリア」●「セレナード」(聞け、聞け、ひばりを)など


これを、初心者が聴きおうせるでしょうか?
私だって、何年も聴いてないのもあるし「ます」なんて最後まで通しで聴いた事は一度もないかもしれません

別項のブルックナーに至っては「交響曲 全曲」なんてのもあります   



こんな勧められ方をしたら、今の自分でもお腹一杯で消化不良になってしまいますね


お勧めする側は
まず、クラシックへの敷居がなぜ高いのかを知らなければいけません

時間が長い   これに尽きます

だから、「クラシック音楽入門」の番組は30分が良いんです

今日はここまでです
次回、ちょっとだけ私の番組を発表したいと思います


是非皆さんもプログラムを考えて見て下さいね








沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村





「こだわり(拘り)」を誇りに思うなよ

私は「拘り」という言葉が毛虫より嫌いです、蛾よりも嫌いです


「拘り」には二つの読み方があるようで

一つは「こだわり」
気持ちが囚われていること、拘泥のさま

もう一つは「かかわり」
そんな事にいつまでも関わっていないで、早く仕事しなさい
と言うように、些細で意味のない事に関わり過ぎる様を表します


いずれにしても物事に執着しすぎることを戒める言葉であって、元々は否定的なニュアンスを持ちます(諸説あり)
オーディオマニアが肯定的に「一つの事を拘って突き詰めるねえ」などは本来の言葉の意味とは違っているようです





一般に「オイロダイン・スピーカー」と言われるが、世の中にそんな名前のスピーカーは存在せず「KL-L439(他バリエーションは多数あり)」といったコードで機種表記されている

オイロダインとはEURO(欧州)+ DYN(CGS単位系の力の単位。 1グラムの質量の物体に働いて、毎秒毎秒1センチメートルの加速度を生じさせる力の大きさ)を組み合わせた造語でKlangfilm社の展開する業務用音響システムの「シリーズ名」であってその中には当然アンプ、スピーカー、映写機など一連の機器が存在する




私が初めてKL-L439オイロダイン・スピーカー(あえてこの名を使います・真田幸村見たいな感じ)を購入した時に1950年代Klamgfilm社の資料を入手し、対となるKL-V401オイロダイン・アンプ(笑)を探して購いました


その当時
「アンプまで揃えるなんて聞いたことがない!拘っているねえ」と、いう方が何人か見えましたが
私には何御事かさっぱり理解できませんでした


自分としては、製造当時の資料によって「これらを組み合わせて使いなさいよ」と、メーカーが指定したアンプを探してきただけですから「自分の感情とか嗜好とか拘りの類は一切動員していないのです」

「ハイオクガソリン専用」のエンジンにハイオクガソリンを入れて使うのは「拘り」ではなく設計性能を担保し、故障を回避する為の当たり前の行為でしょう?

ハイオク仕様のエンジンに「レギュラーガソリン」や「軽油」を入れる者があればそいつの方が余程「自意識の強い拘りの人物」だけれど、言い換えれば「馬鹿者」です





unnamed.jpeg



☆☆
この件ずっとブログに書きたかった・・それ程衝撃的なものでした

ある時、オーディオの歴が浅い若者でしょうかその人のブログを読んでいた時のことです

昨今のレコードブームに乗じて自分もプレーヤーを誂えた
今のところ付属のカートリッジで聞いているが、将来的には他のメーカーのカートリッジを買って使ってみたい

「DENONの〇〇のカートリッジを買ったら、まずXXのシェルリードに付け替えて音質向上させるぞ!」

一見、若者の意気込みや良し。って事なんですけど
文脈からみて、明らかに買ったら即交換して使う気満々なんですね

どうしてそうなっちゃたんだろうなあ
「お金を使う」ことがイコール「音質向上」とでも思っているのでしょうかねえ
そんなこと言っちゃ可愛そうだけれど、君にはまだシェルリードによる音の変化が音楽再生に対してプラスなのか否かは分からないよ

そりゃ音が変わることくらいは分かるでしょうけど、そんなものは小学生だって分かる

・・・と言うか
オリジナルの状態の音を聞かないとすると「音質が向上した」かどうか、どうやって判断すんだ!?
もしかしたらオリジナルのシェルリードの方が君の持っているレコードを再生するのに音楽的なアドヴァンテージがあるかも知れないじゃ無いか
その可能性を最初から放棄して・・・一体全体、何をしたいんだ!
雑誌に書いてある様な「オーディオするフリ」をしたいだけなのか?



ま、それはよしとして
その程度の些末な事がオーディオの醍醐味では無いのでね、正しく導いてくれる人が居ないことの悲哀を感じますね
高価なオーディオ部品を買うお金で未知のレコードを買う方が君の将来にとってどれほど有用で近道か分からない

ネットや雑誌やオフ会の仲間や、経済のみで繋がる販売店から何かを得ようとすると遠回りになります

「そんな事に関わってないで、自分自身の感性で以って音楽と向き合う時間を取りなさい」
そうすればいつか一廉のものを掴む事になりますよ



手を入れる事が悪いと言っているのでは無いのです
その前にできる事、やるべき事は沢山あるだろうにと思うのです

あまりにも表面的で、他人任せで、チョロチョロっと弄ること自体を楽しんでいる風潮に嫌気を感じているのです


男なら、まずは黙ってオリジナルとジックリ取り組みましょうや
結論は何年先でも良いじゃねえですか



・・・それが私の「こだわり」です







沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村