fc2ブログ

「音楽 x 音」であってこそ良い音と感じるのだ

同好の士のお宅へお邪魔して、かかっているCDやレコードのジャケット写真を撮らせてもらったり、こっそりと撮ってきた事があるでしょう?

逆に、自宅でお客さんが自分のレコードの写真を撮っていらっしゃるのは「気に入って貰えたんだな」と得心した事もあるでしょう

写真を撮ると言うのは、少なからず感じ入って「自分でもこのディスクを買って聴いてみようかしら」との興味が示された証ですからねえ・・・してやったり!ってなもんですよ
自分も欲しいと思えるのは、音楽の内容は当然ですが鳴っている音が心の琴線に触れたからに他なりません、オーディオマニアならば「こんな良い音するなら、俺もひとつ・・・」と恋慕の気持ちになっても罪はありません



と言うわけで、ここのところ聴いて良かったなーと思うディスクを上げていきますが、特段最近買ったとか23年度ベスト何ちゃらでは有りません
演奏評論するつもりも無いし、優秀録音なんて口が裂けても言えません。むしろ一般論では「悪い音」の範疇のが多いので悪しからず


このレコードが訪問先で上手いこと鳴らされたら絶対写真に撮って自分も買うぞ!ってのが判断基準です


_DSF2346_convert_20240229014122.jpg

左 ブランデンブルグ   プチバンド  クイケン
右 オーケストラル・スィート  同

中学生の頃、K・リヒター盤を聞いてから私はずっと自分の中の完全なる「ブランデンブルグ」を探し続けて来ました
バウムガルトナー、世界一の録音と信じてやまないDiscophiles Francaisのリステンパルト、アーノンクールなどを経て近年はレオンハルトをよく聴いていましたが、ついに「自分が指揮者ならこう振りたい」と思える演奏に出会いました。

特に第二番のバロック・トランペットの響きは人類の持つバッハ演奏のブレイクスルーだと感じました。
21世期に入ってからの録音は爽やかで清潔感がありクイケンの目指した表現の背景にマッチしています。

我が家ではLowther TP-1一択ですね。Klangfilmでは実際より大人数に聞こえて立派すぎて返って興醒めです。この録音のストーリーにはLowtherがピッタリなのです

続けてリリースされた「管弦楽組曲」は曲調もあり演奏の印象は大人しいので決定盤!とまでは言えません。また次なる衝撃的な出会いに期待して旅を続けましょう


_DSF2349_convert_20240229014158.jpg

右 L コーガン  Archives in France
左 J マルツィ  1976 Zurich Live

写真右はL・コーガンのフランス放送協会に保存されていたテープをCD化した物です
このCDはかなり以前に購入していたのですが、ヴァイオリンの音がキツく切り裂くようで豊かな響きが感じられない録音でした・・・と感じた。と、思い込んでいたし、実際に多くの再生装置ではそう聞こえるでしょう


我が家にDecca Stereo Decolaが登場し長い整備の時間の後、実はあまり期待せずにかけて、それまでのしょーもない自己評価を吹き飛ばす内容の良さにビックリしました
Decolaの帯域の狭さとか描写の良い意味でいい加減さによってピーキーな高音が豊かな弦の響きに昇華したのです

一聴しただけで本気で向き合わず「良い音がしない=録音が悪い」と責任転嫁をして愚かにも売ってしまっていたらこの神品の如き演奏を永遠に手放していたのです
メロディア時代の高い緊張感に対して、パリの空気を反映してでしょうか伸びやかな情感ある演奏に聞こえます



そんな経験もあって往時の放送録音はあまり買わずにいたのですが、コーガン盤の成功に背中を押され求めたCDの中に飛び切りの1枚が有りました

ヨアンナ・マルツィ晩年のライヴ

バルトーク、モーツァルト、シューベルト 共に、ライブならでは隅々まで熱い血が通っており、まるでダンスを踊る様な演奏です。ああ、一生に一度でもこんな演奏会に出会えたらなあと極東の島国のさらに田舎街から思うところで有ります

1950−60年頃の欧州では多くの都市で毎夜キラ星の如く輝く巨人たちによって数多の演奏会が行われ時折に驚愕の名演が生まれたと伝え聞く由、少しでもその様な機会に触れる事を求め今夜も私はオーディオに灯を灯すのです









沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村











スポンサーサイト



EMTか SPUか それが問題だ! 白黒本番編

では、本編です


_DSF2325_convert_20240210152646.jpg

左)EMTのシェルにOrtofon SPUをセットしました

右はEMT TSD-15


この2つはコネクターの形状が異なるので同じアームでは使えません(SMEのプロトタイプだけは可能)
レコードマニアとしては簡単には比較出来ないだけに「どっちが良い音なの?」と興味をお持ちの方も多かろうと考えました


その一つの答えとしてプレーヤー以下イコライザー 、パワーアンプ、スピーカーまで固定して
ここは一丁私なりの白黒をつけてやろうじゃないか!と体当たり系ユーチューバーみたいな使命感を持って企画を考えました

フォノEQはNeumann WV-II かEMT139A モノ2台
パワーアンプはKlangfilm AD-1pp
スピーカーはKlangfilm Europa jr. klarton


レコードは
DGG フリッチャイのベートーヴェン
ETERNA  コンビチニーのベートヴェン
Telefunken カイルベルトのベートーヴェン

このズッポリとドイツ臭いシンフォニーのオリジナル盤で聴き比べをしようじゃないか
え〜い、せっかくだからマニアの2、3人も呼んで感想を述べ合いその動画を取ってYou Tubeにも上げるぞー回るぞおーと夜中の2時過ぎに一人で盛り上がっていました

まずは恙無く音が出るのかを確認する為に深夜にゴソゴソと下準備を始めました


_DSF2327_convert_20240214013950.jpg



上記のEQはNeumann DSTと EMT TSD-15の出力インピーダンス24Ωのカートリッジに最適化して設計されています

そこにインピーダンス2ΩのSPUを付けたらどうなったか・・・蚊の鳴く様な小さな音しか出ません(涙)

勿論、EQアンプのゲインを上げれば音量は大きくなりますが、初段の球に入る電圧がそもそも不足しているので後から増幅してもS/N比は取れないし、音に力が乗らなくて到底まともに鳴りません

対策としては昇圧比の高いトランスでアンプに入る電圧を上げるしかありませんが、我が家のフォノEQは元々トランスが付いているので交換できません
仕様の縛りが厳しい業務用機器の世界では間違って不具合を起こさない様に用途違いの部品の混入を許さないのです


解決策はそれぞれのカートリッジにあったトランスを2種類用意し、トランス内臓でないEQアンプを使用して・・・

アホらしくなって来ました
カートリッジの音の違いを「評論」する主旨なのに、アンプの音なのかトランスの音の違いを聞いているのか分からない

また今のシステムでプリアンプを入れ替えたらその是非から判断をし直さなければいけません、全くカートリッジの聞き分けの為に自分のシステムを組み直すなんて本末転倒も・・・アホちゃうかって思ったんです

そして、もし「TSDの方が良い音だったよ」と書いたら、SPUを使っている人の方が圧倒的に多いので皆さんへそを曲げてしまうのも困るし

          ォ━━(#゚Д゚#)━━!!


今回は目的は果たせなかったけれど、いろいろな事が明らかになった良い経験でした
平素から雑誌の試聴記やレビューまた購入前の店頭や持ち込試聴も「それは比較になってないだろ」と思う事多々ありまして

結局、いつもの通り機械の世界観とかストーリーが合わないとオーディオにならない!と言う曖昧な微妙な結論に落ち着きそうです
まあ、良いじゃないですか
我が家では、ブランドの好き好きには目もくれないで部品同士の相性だけで組み合わせているんです。ってのが証明できたわけだし


これもそれも、もも先生のおかげですよ、白黒付けられる文章になる様にこれからも挑戦していきます





沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村






momo先生 登場!

本稿は一つのエピソードを基にした創作物語です

momoさん(以下ももさん)と初めて出会ったのは街の老舗カメラ店で
いつかの年の「モデルさん撮影会コンテスト」だったかで私が次席、ももさんが優勝をされたのをよく覚えている

少し後旧知のNさんが帰郷してオーディオ店を開きその店で再会した。その時点で「オーディオ好きなんだ」と初めて知った。
都合40年近くも前の事だ

ももさんは地高一万石の堀公がいらしたお城のすぐ脇で商売をされていたが、先年引退されて悠々自適の生活をされている

ではと、11月の頃お邪魔して来ました


191748.jpg


Western Electricを中心としたスピーカー群
ステレオ音源は1940年頃のLansing287をドライバーに使い
モノラル音源は1925年製のWE555を中心として
SP盤と復刻盤はカンチレバーのWE551ドライバーのフルレンジ使用と実にオーソドックスな選択です

SP時代からステレオ初期までのJAZZが鑑賞の中心ですから納得の出来るスピーカー・システムですね


この私をして(お前は誰なんだって話ですが、自分も音離れを目指していると言う程度)ステレオ録音を一瞬「あれモノラルのまま出してない?」とスピーカーに耳を近づけた程音離れに抜きん出た再生でした

大きな感動の瞬間でした。参ったなー



さて、近所の(中々職人気質の)和菓子屋さんの塩大福などを頂きながら雑談をしていた時、もも先生が降臨されました

kaorinくんのブログはさあ、
色に例えるとグレーの中でもちょっと赤みがかっているとか、少し明るいとか微妙な話が多くて。読んだ人には何のこっちゃ判らない人が多いと思うよ。

オーディオブログってのはさ、もっとこう「白は白!黒は黒!」ってハッキリ断言した方が読んでくれる人が沢山いるんだと思うんだよなあ



本日2回目の感動でした
(ただし、先日の新年会の折、本人にこの話をしたら「そんなこと言ったか?覚えてないよ」って言ってました。都合3度目にして最大の驚きでしたww)



うー〜む
始めは軽いノリでブログを書き始めても、途中から興に乗りすぎて微妙な繊細なところに行きすぎるなあ。と自覚はあったので痛い所を突かれた!わい
実は自分でもずーっと思ってたんですよねえ

もも先生の凄いところは痛い所を確実に見抜く戦術眼とそれを躊躇なく撃ち込んでくる突破力なんですよ
もう一つ加えると、自分で言って忘れている辺りの精神力!!


と言うことで、昨年の12月くらいからこのブログの雰囲気を少し平明にする「気持ちだけは」持ってみました
まだまだもも先生のお眼鏡には叶わないと思いますが、今後も鋭意努力する所存です

いつだったかな、上越のKさん(こちらは本物の先生だから先生とは言いません)とあった時に、ブログの感じ変わったねと言われたので、ああ分かる人もいるんだな人間の感性って大したものだと思いました



近々に「白黒ブログ」を書いてみたいと思いますので乞うご期待



05192255.jpg


音離れが最高ですね!と感想を言ったら

アンタの作ったアンプ使っとるよ。と言って指差してくれた可愛い先輩なんです







「狂気」を伝え切るオーディオ装置

長野市民40万人のうち自分以外、誰一人その違いに気付かないであろう「音の違い」の為に100万円を超える金額を消費する事こそ「キチガイ」の所業でしょうから
オーディオに使った金額を明示するだけで家族や職場の同僚から「狂気の沙汰」と名誉あるスタンプを押してもらえる事でしょう


今日はそんな正常な方々との確執のお話ではなく「狂人(失礼)=マニア」同士で意気投合できるお話です

私もご多分に漏れず随分と無駄に長い事オーディオをしてきましたが「微々たる音の違い」に何故これほどまでに巨額を払えるのか?
自分も含めてマニアの思考には大いに疑問を持っていました


で、ある時に気付いた!と言うより身勝手に自己納得をするに至ったきっかけがあります


_DSF2323_convert_20240131154953.jpg

ムラヴィンスキー レニグラード  1965年 モスクワ音楽大学 大講堂  ライブ録音
このレコードは今は無き、市内にあった知人のクラシック専門レコード店である日数枚購入した中に紛れ込んでいた1枚です


これを買った時点でオイロダインは手放していてステレオ再生はALTECの最初期のA-5システム(515 288 N500全て後ろに何も書いてないセット)でした

そのA-5で聞いてもあまり印象に残らずしばらく放置していました

その後2代目のオイロダイン(励磁電源タイプ)を購入して聞いてみましたが、やはり強い印象はなくまた何年もこのレコードは日の目を見る事なくレコード棚の中で再び長い眠りに付いたのです


1965年とありますので恐らく同じ音源らしき動画がネット上にあったので貼っておきます





この動画を見て、頬を引っ叩かれたような衝撃を感じた人はあまりいないと思います
ALTECのA-5で聞いた時の私の感想もそうでした



ところが、オイローパが少しずつその威力を発揮し出した十年ほど前に改めて聞き直してみると

これはとてつもない事が行われているぞ!

と大きな衝撃を受けました

当時のA-5が悪い音だったのではありません「これぞ町内一の音」と自負していましたし若い頃からWESTERN-Lansingラインは自分で最も好きなスピーカーの一つで、別のレコードでは背筋の凍る音も出していました
結局、レコードと再生装置のマッチングの問題だったのです


しかしオイローパによって目の前に展開されたモスクワ大学の講堂の大きさと深み、離れた位置から収録されたマイクの感じながら演者一人一人がノリに乗って動きながら演奏するさざなみの様な気配まで

演奏当日の風景がまざまざと見えた時ムラヴィンスキー とレニングラードの精鋭達が成した・・成し得た芸術の偉大さに畏怖の念を感じるに至ったのです



ああ、なるほど。
狂気に近付いたホンモノの芸術を「確かに本物じゃ」と分かるための手助けになる様な、より簡単に感覚的に狂気を感じる為にオーディオに(一見)無駄金を使って来たのだな。とひとりごち納得したのです


問題は、そこまでの演奏が入ったレコードが如何程あるのだろうか?
そして死ぬまでに自分はどれ程の狂気の入ったレコードに巡り合えるのだろうか?

自分の興味は概ねそちらに移っていきました

ケーブルや真空管や足を変えて音が変わった、良い音になった、音質向上した。という概念から距離を置いたのもその頃だったと思います


理由は簡単です

1、狂気を出せるスピーカーを持っていなければ、いくらアクセサリーやパーツを変えても出っこない

2、そのスピーカーにふさわしい環境・音源でなければ出っこない

3、4が無くて

5、最も重要な事は「狂気」の入っていないレコード(音源)でなければ出っこない


とってもシンプルになった私のシン・オーディオの始まりだったのです







沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村





天才か狂気か?

昨日からブログのテンプレートを少し変えました
寄る年波には勝てず目が弱ったので文字の大きさを変えました
また元々ブラウン管モニター時代に作られた様で横幅が狭く記事領域が小さいのでこれも少しだけワイドにしてみました



モーツアルトは子供の頃イタリアはローマのシスティナ礼拝堂で門外不出とされていた“Miserere”を一度聞いただけで記憶し記譜するというエピソードがあります。

一方、ウィーンの王宮でマリー・アントワネットに「君をお嫁さんにしてあげる」とぶちかました。と伝えられています
17世期には分類化されていませんでしたが、現代の医学で診断するとASDの中でもサヴァンであると見られるのではないでしょうか(難しい話題を含みますので歯切れの悪い物言いですみません)

この春から始まったドラマ「厨房のアリス」を見ながらそんな事を思い出していました



クラシック(古典)音楽の作品は基本的に同じ楽譜を使います
オーケストラでは「音響効果」程度の加筆はありますが、一般的には運指の入れ替え程度で「編曲」「アレンジ」をされる事はあまりありません(原典主義)


となると、演奏の如何は解釈の違いになりますが、同一演奏家であってもその時々の出来に大きく左右されます
横浜では演奏会に頻繁に行っていたけれど「これはヤバい」と言う物には数年に一度出会えればラッキーと割り切っていました

と、言う事で記録に残された「紙一重」の名盤を考察してみました






スタジオセッションは完成度の面で一日の長があるとは言え「狂気」を捉えるかとなると分が悪いですね
そこでどうしてもライブ音源が主になります

クライバー 氏はDGGのレコードでも大変人気がありますけれど私は1枚も所有していません
勝手な想像ですが、極度の人見知りであった氏は手兵のババリア歌劇場以外のオケでは打ち解けるのに時間がかかったのかしら?それでもスカラ座等で凄いのやってますから本質的に実演の人だったのでしょう
簡単には掴み切れないのも天才性でしょうね

後年ニューイヤーにVPOで「こうもり」を振っていますが場所柄もあり随分とお正月気分な演奏でした
序曲は全曲の頭に聞かないとどうしても緊張感が感じられません
この「こうもり」序曲は天才の所業ですね
拍手が鳴り止む前に始めるところなぞ、正に狂気の沙汰です






ルドルフ・ケンペは日本では手堅い職人気質の中堅指揮者程度の見方をされて来た様に思います
ケンペ氏も多分人見知り故建設的な人間関係を築くのが苦手で有名オーケストラの常任を長く続ける事なく、渡り鳥の指揮者人生でした
そんな知名度の低さが遠く極東のファンにあまり受け入れられなかった理由の一つですね

しかし、欧州楽壇での印象は羽目を外すくらい熱狂型の指揮者でありその甘い容姿とともにマダムの間ではアイコンとして多大な人気を誇っていました

この動画は英国のオケなのでまだ大人しい方です、同じ「新世界」でNYフィルの映像もありますがよりぶっ飛ばしています








まだまだ、あるのですが今日のラストは以前に「もし自分でラジオ番組を持てるなら」でも取り上げたリパッティ のモーツアルトです

この曲はセッションでも入れていますが、天才を感じるのはもちろん1950年9月16日のラストコンサートの演奏です


私自身何度も書いていますがモーツアルトは頭の中の引き出しに曲の断片が膨大にストックされていて、ご注文が入ったらチャチャっと組み合わせて「はいお待ち!600シリングです・毎度あり」って出していたのだろうと、思わざるを得ないくらいの天才=その感じで他の作曲家を圧倒できる=なので

・・・「あなた、本当にこの曲書きたかったの?」とモーツアルトを聞きながら常に疑問が残るのです

しかし、このK310以降のピアノソナタとヴァイオリンと通奏低音のソナタの何曲かには、モーツアルト自身が書かなきゃならなかった魂の叫びが宿っている様な気がします
もし、これも「チャチャっと」ならばもう何も言えません。貴方は天才じゃなくて神だからゴメンなさいデス



さて、リパッティの最後の演奏会におけるK310は別に他人様に強要もしなければ共感も求めないけれど

自分自身で、この演奏を聴いて生きる事と死ぬ事に考えが及ばなくなったらもう音楽を聴くのを止めようと決めています

この記事を書き埋め込んだ動画を確認する途中でもちょっとウルッとしてしまったので、もう少し聞いていていいよと
雲の上の誰かが言ってくれた様です






沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村