スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォノ・イコライザーアンプでやんす

IPC社のぺーセントを受けるためのアンプが、モディファイを行うには丁度都合の良い回路構成だったのでイコライザーアンプのベースに採用しました


実は、このアンプより以前に別の方から

LCRユニットが手持ちにあるのでそれでイコライザーを組んで欲しいというご用命があったのだけれど

「使うカートリッジは何ぞや?」と問うたところ

「高名な欧州製MCカートリッジだ」とのたもうた

「それではできぬ」と、けんもほろろに断っていたが、それでもなんとかしてくれ!と言うので

「じゃあ、いつかCRイコライザーを組む機会があったらそこで実験しておくから、それからね」・・・と言ってそのままになっている案件がある


あれから幾星霜、ついにそのCRイコライザーを組む時が来た

でもね、特定のカートリッジ以外なら自分的にはフォノイコはCRかNFにするけれどね・・・独り言です

PICT5614.jpg

右側に突っ立っている「きっちゃない」のがそれです

電源は先のラインアンプから供給されます


シャーシやコンストラクションはIPCのアンプのままですが、回路は一から設計し直しました 

時々、映画館で使っていたフォトセルアンプやマイクアンプをそのままフォノイコに改造する人がいますが
あいも変わらずのマランツ#7やマッキンなどよりも圧倒的に凄いぞ!といった声が聞こえてきません

成功例を聞かないのには必然の理由があるはずです、よく考えて見ましょう


今のご時世、本を読んだりネットで調べるとこうしたウエスタン系のラインアンプや真空管を使ったプリ(イコライザー)アンプはざっくざっくと出て来ますが、やはりどれも参考になりませんでした


カートリッジの事をもっと考えてあげなければいけませんし、次段の入力の事をもう少し丁寧に設計しなければいけないように思います
アンプを作るのに一つ一つ単体で考えるからあんな事になっちゃうんでしょうね

針先がピックアップした瞬間から、音になって自分の耳に届くまで、一本の弓の弦のように、強いテンションで淀みなく受け渡しをしなければいけません

昔、指揮者のカール・ベーム氏が
フィガロを称して「冒頭の一音からコーダまで一本の張り詰めた糸の様に有機的に繋がっている」と言いました

PICT5615.jpg

オーナーさんにはこのイコライザーアンプを製作する条件を一つだけ飲んでもらいました

「パワーアンプも作るから、それとセットで使ってね」

使うカートリッジも、スピーカーも全て想定した上でアンプを組んでいます
どんなレコードを聞きたいのかももちろん打ち合わせ済みです

それ以外のレコード、針やラッパであるならアンプの回路も見直すことになります
スピーカーやアンプを買ってきて「組み合わせの妙だ」「相性だ」などと言っていられる内は幸せですが
一定のレベルから上のスピーカーになるとそんな呑気は許されません

このオーナーも良いスピーカーを買っておきながら何十年も全く使えていなかったので少し厳しくお話ししました




いつもの事ですが、出来たアンプの音に言及するなんて愚はいたしません

制作途中で別の方がお見えになり一聴の後、たちどころにご注文を頂きました

その方のお使いになるスピーカーも、またこれバケモノ界の大元締めの様な機種なので二つ返事でお受けしましたが
機種自体は異なりますので、アンプの回路は異なるものを採用することになると思います

この夏の楽しみがまた一つ増えました  誠にありがたい事でございます




沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

ラインアンプはこうなりました

中身はとってもシンプル・プルプルなのに結構な御点前が要求されました

フォノイコライザー付きだから、気を使うのは仕方ないのだけれど

PICT5612.jpg

めんどくせーなー と夜中の3時頃・・今頃ね・・唸りながら組みました

HSM型の電源トランスにダブルチョークをおごっているのだけれど、いわゆる近代的なアルミ電解コンデンサーを使わなかったので、平滑コンデンサーは4μFが最大値です、プリアンプですよ  バッカみたいでしょ?

もちろんフィラメントのDC点火は毛虫より大っ嫌いなのでセーセードードーとAC点火ですが。なにか?と言いたい
能率120dB級のスピーカーに耳を擦り付けてもウンともスんとも言わせないよ、の気概で作りました
満足のできる仕上がりになったかと、勝手に思っています

別に何か特別な事をしている訳じゃないです
僕が一番嫌いなワードは「音をよくするために」



真空管メーカーが指定する標準動作表のオペレーションとなんら変わることはありません

PICT5611.jpg

部品だって特別な物は何一つありません

コンデンサーはスプラグとWE
抵抗はA&Bとオーマイト
トランスはUTCのLS型
整流管が本家の274Aだという所だけがちょっと力んじゃってますけれど、それにしたってパワーアンプでは電流量が足りなくなった「お下がり」だから実質は0円なのだ

そうそう

グリッドキャップが剥き出しだと怖いので、ミレンの碍子のを取り寄せた際に、なぜか30cmだけあったWE綿巻き線の同軸をグリッドの引き込みに使ったのよ

それまでは銀コートのテフロン線だって事もあってか、腰の据わった大人の音になった
結構ビックリして追加で2mほど買ってみたが、

ハサミと何とかは使いようであって、何でもかんでもWEにすればいいってもんじゃないと言う
至極当然な事を教えてもらった



さて、出てきた音は(Klangfilmのラッパを通しても)何となくWEのあの高音をイメージできる音だったから感心した

透明感というか清涼感のある音  でもそれはむしろパワーアンプとスピーカーのお陰なのかな?

(プリ)アンプの音を単独で語るなんて、そんな特殊能力(超能力)みたいなことができる訳が無いじゃないか


次はイコライザーアンプです




沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村








たかだか一段のラインアンプに・・・

働き方改革だかなんだか知らんがそれは国策の中の話、個人でやっている部品屋さんがGWとか取らないで欲しい(涙)

一昨日からずっと穴空けとプレーヤーキャビネットの組み立てなんて重労働をしていたら
いつの間にかGWが目の前で発注できない部品が出て来て困ってしまう

腰も痛いから 神様が休めと言っているんだなと良い様に解釈して少しペースを落とそうか

以下は、一段増幅のなんでもないラインアンプです
穴空けが何とか終わって部品をつけ始めました

ガレージさんのなら、3万円以下でケーキの箱くらいの大きさで半日で作れる程度のものと同じアンプです

あまりの穴の多さに腹が段々と立って来て、ちょっと手を休めてパチリ

PICT5582.jpg

お渡し出来る価格が幾らになるかはまだ自分にも分かりません

Mさん家のプロジェクトの中核を担うコントロールセンターになる予定なので手抜きはしないぞと言う強い気持ちで取り掛かったんですが、山盛り詰め込んだらどう見てもオーバークオリティの様な気がして来た

量産品に関しては、ファーストロッドが物としては一番立派に造られていて
ロットが降るほど「予告なき改良」と言う名のコストダウンと手抜きが重ねられて行くのは周知の事実ですが
(なのに、最新製品や後継機種に買い換える人が居るのは全く有り難いことです)

ウチのような、その都度オーダーの個人製作ではいつも初号機しか造らないので常に「オーバークオリティ」です

儲かる筈がありません (再び涙)

折角だから、このアンプのプロジェクトは継続してアップしますね




沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村







デジタルなオーディオ  歌は世につれ世は歌につれ

みなさんご想像の通り、私はデジタルなオーディオに関してはからっきしです

その中で、いくつか不思議に思うことがありました

その1

横浜のTさんが2年ほど前までLUXMANの高級SACDプレーヤーを使っていて
当時は、同じLUXMANの高級セパレートアンプと ソナスの高級スピーカーだった

ご自分の家の音にどうも納得がいっていないらしく

「どうしたら良いですか?」と深夜のロイヤルホストで(青白い顔で)相談を受けたことがある
その時は、案外と軽い気持ちで「少し古いCDPを使って見たら」と答えて、早速REVOX B226という30年も前のCDPを購入し、その余りの音楽の違いに驚愕の声をあげたことがある



b226_2.jpg


その時はまだアンプやスピーカーが変わっていなかったのに

「LUXMANの SACDプレーヤーは、音楽にエコーが乗りすぎる」と力説していた
正直、そんなことあるのかなあ?と聞いていたのですが



今年になって、Mさんという方のシステムを一緒に作りましょうという段になって
CDを聞いた時に、とてつもなく嫌らしいエコーが付き纏って、深い霧の中に音楽が埋もれてしまっているように聞こえた

プレーヤーはSONYのSACD機で巷では名機と誉れ高い機種だった

その時、ハタと上で紹介したTさんの言葉を思い出した   ダメもとでCDPを変えてみよう!

そこで、MARANTZの古いCDーRを持ち込んで聞いて見た
cdr640.jpg


なんと言う事だろう
濃霧は立ち所に晴れ渡り、裸の音楽がむき出しに出現したので余りのことに尻込みしてしまった

Tさん、ありがと〜


この一件があった後、検証のつもりで幾人かの人に話をして見ました

ある人はLinnのCD12を使っていたが、音に芯が出ないことに我慢がならず今はSTUDERのA730 A727をお使いになっている、もちろん現在は満足されている

f0139948_1025288.jpg



さて、ここで考えてしまった

上記の新鋭機は業界ではいずれも高い評価を受けているものだし、ましてエコーが強すぎて音楽が曇るなんていっている人に出会ったことがない

自分には思い当たる節がある
でも、また色々と各方面にご迷惑を掛けてはいけないし、今日は感想は言わないとの思いもあるので詳細には書かないが

現代の思想で設計されたスピーカーやアンプと組み合わせた時に、最新のCDPはマッチした音楽を奏でると言うことだ

これは、音楽収録(録音)現場でも同じことが言える  一例として
1950年頃のピアノのLPと2000年以降の録音を比べてみれば一聴してわかるでしょう



ここに挙げたLUXMANやSONYのCDPがよろしくないと言うことではないのです  当然です
しかし、組み合わせるアンプやスピーカーと、それにも増して聞くCDを間違えると、悲惨な評価になってしまった



残念なのは、多くのオーディオマニアがこの点に対して全くと言うほど無頓着な事です
多くの人が雑誌の評判や、今ならネット上の評価、販売店や先輩の口伝によってなんの根拠もないまま

個々人の好み、イメージ、憧れなどご自身の都合だけで機械を購入し、機械の都合に耳をかさないのであればうまくいかない事が多いと思う

怖いのは自身の選択を信じているから、普段音楽を聞いているだけではエコーの付加を知る事も疑う事も出来ない

前述したTさんはたまたまREVOXと同居して聴き比べたのでおかしいと感じることになったし

次のMさんの場合は、システムを組む相談を頂いていたので忌憚無い処を申し上げたのだけれど、そんな事を言われたご本人は「ナニ言ってんだコイツ」と思ったでしょう

こちらとしても、ただ遊びに伺っていたのならそんな不遜なことは言う筈もないのです




歌は世につれ世は歌につれ  と申しますがオーディオも全く同じで

音楽収録やスピーカーの技術、それを駆動するアンプも全て一本の糸で繋がっているのです

時代があり、そこに生きている人の人生があり全てを包む時代の空気によってです

私の長きに渡るオーディオの時間は
ずーと、そのことの確認の歴史でした、ただの一つの例外もなく







沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村










「すてれお」 の再生

実は以前も同じことを書いたなあ
僕はオーディオを始めてからウン十年同じことを言っているんだなあ
進歩のない人間だとつくづく思う

http://kaorin27.blog67.fc2.com/blog-entry-266.html

メタボパパさんがブログ仲間とやり合っていて、うまい表現を考えてほしい
と言われて書いた記事だ、随分とブログの世界から離れているけれどパパさんは元気しているだろうか?


この「音場」とか「定位」について、またまた愉快な書き物を見つけたので少し掘り下げて考えて見たいと思う


その名もズバリ
「オーディオに定位は不要」と云うのだから、一周回って実に潔くてよろしい!

細かく書くのはもうメンドくさいので、興味のある方は上記リンクの過去記事を読んで頂きたい
それで以上終了なのだけれど、読み物として愉快なのでもう少し掘り下げてみよう


話は簡単だ
ジャスやロックのナマ演奏、クラシックのコンサートのどこにも定位現象はない。


SRを使用する電気楽器とクラシックのコンサートを一緒するところから説明しなきゃいけないのか?と途方にくれるが
少なくともオペラやオーケストラを聞きに行って目を瞑って聞いていても何処で誰が演奏して居るかは、交差点で声をかけられて全くどの方向かが分からなくないのと同じくらいには当然分かる


それは特段ステレオ的な聞き方なんかしなくたって

耳が2個付いている人間の構造上の問題なのだから否でも応でも楽器の所在はわかる・・・と以前にも書いた




ステレオ再生において、”定位”なる概念が生まれたのは、いつだろうか?


その答えは「マタイ」を聞きに教会へ行けばどんな人にも一目で分かるはずです
蓄音器なるものが発明される遥か以前のことですよ

画像検索したのですが、演奏会形式ではマタイの醍醐味を味わえそうな写真を中々見つける事が出来ませんでした
その中で流石!の

マタイ_convert_20180116024910

魂のバッハ・カントル  リヒターです

もう一枚、マーベラスな配置を実現したのは

まったい_convert_20180116024330

やっぱりと言うか アーノンクールでした

Bachはマタイに立体音響の効果を織り込んで=演奏時に立体的に聞こえる音を期待して作曲したのですよ

ステレオレコードで聞く事で、バッハの想いをより正確に受け取る事ができるでしょう




当たり前だが、名盤の宝庫であるジャズ・クラシックのモノラル盤にも定位なんかない。


モノラルレコードを聞くと広大な音場情報が入っていて、それは21世紀の最新優秀録音盤なんかでは足下にも及ばないリアルな再現になります

モノラルどころか、蓄音器でSPレコードを聴いても天井の高さが見えるように分かります

大変恐縮な物言いですが
再生側の微少信号のクオリティが不十分な環境で音楽をお聞きになっている場合には絶対に音場感を認識出来ません



そして、音像は点じゃなく、馬鹿でかく肥大するのが正しい。
何故なら、ナマ演奏の音像はとてつもなくデカいから


これは、個人の自由で・・・といってあげたいところですが

胴の長さが40cm程のヴァイオリンを10m〜15m離れた場所(客席ね)から聴いてとてつもなくデカイ音像に聞き取れるとなると・・・困りましたね  とてつもなく困りました



前略・・この設置を実現できれば、モノラル盤から、演奏家の心が聴こえて来る。
モノラル盤が上手に鳴れば、ステレオ盤はさらに向上することが経験から分かっている。
結果として定位に優れる盤もあるかもしれないが、
演奏家の心が鳴っていれば、定位などラーメンの”なると”と同じようなモノだ



かと思うと、こんな鋭い感性も持ち合わせていたりするので余計に困った事だ

「なると」でも「チャーシュー」でもいいのだけれど、ステレオ再生における定位が勝手に付いてくるナルトのようなもの・・これは良い表現だと思う


音場情報はレコードの中にもう既に入って売っている(実際は入っていないレコードの方がはるかに多い、下記参照)
聞き手がいるとか要らないとか、出すとか出さないとか言うべきものとは根本的に異なる

ナルトもチャーシューも入っているならありがたく食う
好き嫌いやアレルギーとかで食べられない食品がある人は、本当にかわいそうに思う

作り手(ラーメン店主も作曲家も演奏家も同じ作り手)が考え抜いて時には命を削って作ったものは
一見取るに足らないと思う人がいるようなナルトであっても入ることで完成しているのです

聞き手が手前の嗜好で要る要らないなどと言い出すのは、僭越至極だと肝に銘じ厳重に慎むべき事です

あなたはモーツァルトを聞きながら「ここのフルートは要らないな」なんて言いますか?




まあ、結論は

そもそもオーディオに定位なんてありません

定位(音場)情報はレコード(CDでも良いが)に入っています
その情報を聞いて脳が認識した際に、脳内で定位を再生成する人間の脳のメカニズムなのです


オーディオ装置の使い方や能力や特徴とは無関係です
したがって
「これは音場型スピーカーですね」
「バッフルは狭い方が音場作りには有利」だなんて聞くとコメントに困ります、お前が「音場」作るなよー  って



さて、その定位を感じる為には以下のような、極々簡単な条件があります

・2chステレオ録音された音源であること
   ほとんどのJAZZやPOP'sの音源では立体的音場再生は不可能です、レコードに音場情報が入っていないからです
  それらには、パンポットと音量差による多チャンネルモノラル信号しか入っていません


・再生装置が、楽音(ヴォーカルや楽器の音)から40〜50dB小さな音を再現できる能力を持つこと
  理由は、この暗雑音ギリギリの微少信号の中に方向や距離感を再現するための情報が入って居るからです
 それはピアニシモとかシャツの擦れる音などというレベルでは無く、音なき音=空気の動きのような微少信号です



マニアの方と話していると
ピアノは難しいとかオーケストラはもっとむっずかしい と言うのはよく聞く話です

でもそんなのはプレイボタンを押してヴォリュームを上げればいやだって出てきます
何も難しいことなんかありません

本当に難しいのは、耳には聞き取れないほどの  音ならぬ音=微少信号を正しく再生することなのです

淡雪のように、儚く脆く、すぐに壊れて消えてしまいますから







沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。