スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人真似で買ったレコード・・・結果は?

そうなんです

そろそろお暇しようかと、飲み残しのコーヒーなどをぐいと呷ったその時、レコードにニードルがコンタクトする「ポツ.パツ」という音が聞こえてきました

オーディオとは簡単なものです、ニードルのタッチダウンの音を聞けば全てがわかります
このタッチ音ならば悪い音がするはずがありません

リードグルーブを進む一時のしじまの後に、抑えたしかし力に満ちたアカペラのmezzoが滑り込んできました
カンツォーネかジプシーの音楽の様な悲しみを帯びた旋律でしたが、聞いた記憶がない曲です

1分ほどでしょうか手を止めてその声に聞き入っていました
すると、とてつもない実体感を伴ったギター伴奏が歌手の左奥3mほどの位置から飛び込んできたのです

これには心底びっくりして、何十年ぶりかにオーディオの音を聞いて腰を抜かしそうになりました
ジャケットを見せてもらうと、大して古くもない年代のレギュラー盤だったので拍子抜けしたことをはっきりと思えています


PICT4894.jpg

ベルガンサ先輩の「スペインの歌」  1974年のリリースとありますから最新録音盤!ですね(笑)
伴奏はイエペスのギター一本で全曲をカバーしています

我が家のKlangfilmではギターの胴鳴りの実像が全く及びません、最新録音そのもののスチール弦の振幅しか感じられず、ギター独特の乾燥した薄板が共鳴しあって膨らんだり縮んだりする様子が伝わってこない





その時私は鳩が豆鉄砲を食ったような顔をしていたでしょう
Kさんとオートグラフ・システムの構築に取り組んでまだ3ヶ月ほどしか経っていないのにこの出音は一体どうしたことなのでしょう

ポケーッとした頭で、どうしてこんなことが可能だったのか?遠くにベルガンサを聴きながら考えました



・とりあえず、一回ご自身の趣味嗜好を封印して、機械的な正しい使い方を受け入れてくださったこと

・・・・結局、ラインに入る全ての機材をメンテしてどこにも不確定要素を残さなかった
このことによって、途中「この機械が悪いかも?変えたほうがいいのかも?」とは一度も議論にならなかった


・開始して2週間ほどで音楽の姿に変化が出始めてからは、ご自身の「求める音」「好きな音」という音を良くするために一番障害となる意識を捨ててくださったこと


・当初描いたグランドデザインに沿ってこちらで手配した決して安くはないパーツに対して、100%何の疑いもなく採用していただけたこと
  

・・・・実はこれが難しいことで、部品を買う前から「音が気に入らなかったらどうしよう」「買う前に試聴できないかな?」なんてことを言っている様では全くお先真っ暗だ


以上のことは文に書くことも、まして読むことはとても簡単なことだ
しかし、やれと言われて簡単にできるものではない、ここを理解できずに波乱万丈の(音もお金も)オーディオ人生を送っている人を数限りなく知っている。残酷な、しかし疑いようのない現実だ





一つ、後日談を申し上げて今回のテーマを結びましょう


プリ・パワー間にお手持ちのケーブルを使用して問題が出た、「バズ・ノイズ」を引いている。ならばショートさせましょうとプラグを開いた時、ケーブルを見てとても嫌な気持ちになった
私はケーブルの音の評論なんかするつもりはない。構造を見て良からぬ気配を感じただけ


Kさんに聞いて見た。
「外国のガレージメーカでF◯ Aという会社のもので新品なら10mで数十万円以上するもの」とか

その構造、絶縁体の色や手触りからしてカナレ辺りと同じ工場製だろうか、だとしたら随分と吹っ掛けたものだ

ちょっと変えて見ましょうかと
その時持ち合わせていたバランス・ケーブルは長さが足りなかったので2種類の物を繋いで差し替えた
EMTを買った時におまけで付けてもらった物と、klangfilmのアンプラックをバラした時に一山いくらで買ってきた古いケーブルで、合わせても5千円ほどだろうか?

その時はKさんと、会社のMさんと私の3人がいたのだが、ケーブルを変えて音を出した瞬間に3人とも顔を見合わせていた

一休さんの虎退治ではないが、絵に描かれていた虎がその絵から抜け出して目の前にスックと立っていたから




この話には教訓がたくさん含まれるが、一つだけ・・・・

システム全体の整備が終わりスピーカーから望みうる最良の音楽が出現したその後にケーブルを変えたので意味があった

現状の音に納得できない、好みに合わないなど不満があり
ケーブルや真空管やその他の「テクニック」を使って「いい音にしてやろう」ではいつまでも同じ平面を回り続ける恐れがありましょう



まず、80点の土台を作る
ここに行くまでは必ず数字的な根拠が必要なのです

家を建てるのに設計図もなく、水準器や定規すらない状態で「自分が気持ちよければ」それでいいと工事を開始したのではまっすぐな家を建てることはできません




Kさんの音はこれから10年かけてKさんしか出し得ない音に育って行くでしょう

個性というのは自分から発表するものではない
一心不乱にその道を歩めば、時を経て周りの人から「あの人らしい音だ」と評価されるものです
「俺の好きな音はこうだ」なんてやるのはもっとも恥ずかいことと慎まなければいけません



逆に、Kさんがグランド・デザイン(設計図)を踏み外して好みの音にしようと、ケーブルや真空管を取り替えるならば瞬く間に10点の音に下がってしまいます

音を忘れて、10年間ただ音楽を聴く
その末に恐ろしいほどの個性と響きが付いてくることは小布施はBUDさんのマスターが証明してくれています


それほどにオーディオとは儚く、脆く些細なことで価値を損なう反面

実にシンプルに簡単にいい音がするものなのです

どんな音にするかは、あなたの頭の中で「もう決まっています」それ以外の音は決して出せません















沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村









スポンサーサイト

この家の音には敵わないなあ と 思った  (証拠編)

オーディオの本懐はなんぞや、と考えるとき
これを通じてサーブされる楽興に涙することであるというなら反論も少なかろうと思う

そのためには、演奏法や人気歌手の動静にばかり目がいくレコードバカでは片手落ちだろうし
10年一日のごとくおなじCDを握りしめて音の些細な違いの評論に終始するオーディオバカであってもまた本懐は遂げられまい

音を聞き分けるには音楽が必要で、音楽を楽しむにもまた音を聞く以外にないというのは、改めて申すまでもないことだがこんな当たり前のこともつい忘れられているのような気がしてならない




では、今日の本題ですが
あなたがオーディオのお友達の家に行って一緒に音楽なりオーディオなりを楽しんだとしましょう、今風にいうとオフ会とでも言うのでしょうか・・・WEB上のオンラインが生活の主線だなんてずいぶん突飛な発想だと思いますが・・・


そこでもし
ああやられたなあ、いい音だなあと関心した時にあなたは明確な行動に出ますので悔しくたってまずは素直に負けを認めて足元に平伏しましょう(笑)

・・・それはある1曲とセットになった局地的敗北なので、何にも気にすることはありません
よくぞこのCDを見つけてきて、ここまで上手く鳴らしたねえ と、快く勝者を讃えてください


オヤ!今そこのあなた、ポケットから徐ろにスマホを取り出して
かかっているレコードやCDのジャケットをパシャりと写真に撮りませんでしたか?

そしてこう思ったでしょう、帰ったら早速ポチッとして同じCDを手に入れよう

私個人的には、この行為は「オーディオ敗北宣言(爆)」なんです



上述した通りオーディオから出てくる音を通じて音楽を聞くので、音楽だけでなく音にも関心したからこそ初めてそのソフトを欲しいと思うのです
そこには、こんな心理が働いています

なんて素晴らしい音と曲なんだ
このCDを買えば我が家でもこれと同じ音響的成果を手中に収めることができるのではないか!?






大きな恥を忍んで告白しますと、私もいくつもの軍門に下ってきましたよ

PICT4866.jpg

これはその代表的な一枚で
盟友Hさんの、川中島の和室の夜
WE728BのダブルにALTEC804+WE12025ホーンで叩き出した若きホロヴィッツ渾身のクレメンティで、冒頭の一撃から頭蓋骨を打ち砕かれんばかりの衝撃でした

また、この夜聞いたセルのマーラー4番は、この時ほど第二楽章のFiedel(の音)が悪魔的に響いた経験を私は持ちません

あの夜のスピーカーやアンプの白熱灯に照らされた姿や庭の様子、床に敷かれた中国段通の模様の一目まで克明に脳裏に焼き付いて離れることは決してありません、まさに五感に刻み込まれた衝撃であったのです

当然ですが2枚ともすぐにあちこち手を尽くして入手しました、もちろんオリジナル盤です
到着が待ちきれず心を踊らせて聞いてみました

結果はご想像の通りです

H邸で聞いた演奏に「足下にも及びません」

このようなレコードはまだたくさんあるのですが、
いずれも愛聴盤までには出世できず・・・なぜ「足下にも及ばないのか?」は大きな壁になって立ちはだかった


結局のところ自分にとってこうしたレコードは

「Hさんのレコード」なのであって自分のモノになりきれない、と言うよりは一生かけてもなりっこないモノだったのです

この当たり前のことが解るまで長い年月がかかりました、自分は物事が分かっていない未熟者だと思い知らされました
それが分かって以降、人様の家で聞いたレコードやCDを追いかけて買い足すことをほとんどしなくなりました

歴史的名盤や聞いてみたい盤を購入するのと並行して、できるだけ
誰かに教えてもらったのではない、書籍やネットで紹介されたものでもない未知のレコードの中から、純粋に音楽だけに感動を受ける=つまり前知識や先入観や過去の評価を受けていないレコードを探し出す事を心得るようになりました

実践としては、訳のわからないレコードを鼻の効きだけで闇雲に買うのですから、100枚買って1枚残るだけかもしれませんが、何年も続けていると徐々に打率が上がって今では相当な確率でヒットを打てるようになりました

PICT4867.jpg

近所の書店のエントランスに出張販売に来ていたレコード売り場で見つけた。米)コロムビア6目オリジナルなのに3000円ほどで買ったと思う、不人気盤の特権
レーニャの3文オペラなんて識者にしたら著名盤かもしれないが、少なくとも自分にとっては何もかもが初見で購入



前回から続くこのテーマは、気づいていない人から見ると「何おかしなことにこだわっているんだ、コイツは」と思うかもしれません

オーディオの使い方(私の嫌いな言葉で「使いこなし」)でも同じなのですが
自分以外の誰かが言い出したことや選別した後の後追いをいくら頑張っても、「そこそこ良い音が出ている」以上のモノが出来するとはとても思えないのです


本物と偽物の見分け方は「取扱説明書」もなければ「骨董店店主の太鼓判」や「公衆トイレの落書きのようなネット上の書き込み(このブログも含めて)」なんかも何一つ信ずるには値しません
自分の感性を磨き、理由は語れないけれど偽物を見抜ける能力を自分自身が獲得するしかありません




最近、こうした事を確信するような体験をしました

一つは、小布施町のJazz喫茶 BADさんのお店の音
マスターが「これが一番好きかなあ」と言ってかけてくださったショスタコ自作自演のプレリュードとフーガ
私は全く初見でしたが、その音を聞いて些か背筋に冷たいものが流れるような凄みを感じました

こちらのマスター個人はオーディオには全く頓着せずハード面は専門家に依頼して喫茶店を始めました
お店を始めてから15年ほど経つとのことでしたが、その間オーディオマニア的な「音質向上策」には背を向けて「グレードアップ」もすることなく、ただ15年好きな音楽を聴き込んでこられた結末の「凄み」なのです
マスターだけの世界にある音でした、決して人真似で到達できるような座標面には存在しません


あのレコードを我が家でも聞いてみたいと思いますが、あんな音は絶対に出っこないと分かりますので手が出せません

一人の人間の音楽人生から染み出した音なのですから、別の人生を歩んで来た私の家では別の音になるのは至極道理なことなのです



後編に続きます







沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村








この音には負けたなあ!と思う瞬間 (序)

さて、前回に予告したハイレゾ・レコーダーのレビューですが・・・
あまりに虚しいのでやっぱりやめました

私のうちと全部同じ装置を組んでいるお宅はゼロですし、よしんばコード1本まで全て同じであったとしても出てくる音は全然異なるのがオーディオの本質なのに、パーツ(レコーダー)一つの印象を語ってもクソほどの意味もないと思うからです


            フルトベングラーっぽく     「音と言葉」


余談ですが、ずいぶん前にオークションに真空管アンプを出品した際にこんな質問がありました

「もう少し詳しく、音の印象を教えてくれませんか?」

これには困ってしまいました
お相手の方のスピーカーやプレーヤーが分からないのに、なにを書けばいいのでしょう

手詰まりになった私は、机の下に置いてあった雑誌に同じ出力管を使ったアンプを見つけ、その記事を写して誰々さんの記事にはこの様に書いてあります。と返信しました

たいそう喜んでいただいて、こちらの予想以上の金額で落札いただけました
仕事としてのマーケティングとしては成功の部類でしょうが、自身の気持ちはやるせないものが残りました




私がオーディオって凄いなあと思うのは

どんな高額な装置を並べたどんな大きな部屋でも
また空想や妄想を元にどんな立派なご高説を吐いても

結局のところ  「音は出てしまう」 こと・・・すなわち

音を聞けば全て明白になる  ことだろうと思う

言葉なんて一つも無くたって  あるいは美辞麗句の百万言を費やそうとも 音は正直でそして時に残酷だ





2年ほど前に、あるネット上のコミュニティーのメンバー間でいざこざがあったのはこのブログでも少し触れた

その様な衝突は日本全国どこでも多少は起きているだろうし、幾度か耳にしたこともある

自分なりに衝突の原因を考えると

自分の好きな音 だとか流儀  を硬く信じるあまり他の流派を認めない狭量の問題とする



さらに「俺の好きな音」は中々に困った思想で、その家の音がいつまでも良くならない大概の原因もまた「俺の好きな音」にあるとも書いてきた

つい最近も体験したけれど
「俺の理想の音」とやらがある人は「目の前で出ている音」と理想とのギャップばかりが気になって、いつまでも心がすっきりと晴れることがない様子だ

それが自宅の音ならば
オーディオは泥沼だ、地獄だ、あれを買わなきゃ、セッティングをいじって、ケーブルを変えなきゃいい音にならない・・・と音質対策という名の責任転嫁(本名グレードアップ)に走るし

他人の家の音ならば
望まれもしまいのに評論家気取りで、ここがいけない、あっちが気にくわない、とやるので衝突になる

どちらも生まれ変わらなきゃ治らないほど、絶対的に困ったことだ



コレも何度も書くが、私には理想の音も好きな音もない
だから自分の家でオーディオを聞いて良い音だと喜んだこともないし、悪い音だと落ち込むこともない
当然、音楽を聴きながらオーディオの音をどうしようと考えることもない

いい録音だとか素晴らしい演奏だ なんてことは毎日言っているがそれは100%レコードへの感想だ
オーディオ機器の中には音は1秒だって入ってやしない=無い物の感想は述べることができない


蓄音機もハイレゾもあればありがたく聞く どっちがいいも悪いもない  演奏の良し悪しにメディアは関係ない
繰り返しになるが、劇場用のKlamgfilmよりも20cmフルレンジ(Lowther)でのみ涙できるレコードもこの世には数え切れないくらいあるのだ




上のコミュニティーには私も少し加入したことがあったが、
そこでの話題の中心は十年一日のごとく「音質向上策」について無限ループの様にぐるぐる回っていて

初めの頃は、そのうちキャリアを重ねて変わっていくのだろうと思っていたがこちらのボキャも尽きて、掛けてあげる言葉が見つからずにフェードアウトしてしまった
それから半年ほどで、前述したトラブルが勃発したので幸いにも渦中にあらず胸をなでおろしたものだ




そのころ一つの、見逃せない大きな発見をした 
というのが今回のテーマなのでご紹介したい

その昔、オーディオマニアの先輩の五味康祐さんが書いていたけれど

オーディオマニアの友達は所詮碁敵の様なもので、他所で良い音を聞いたときはナニクソと思ってまた切磋する関係

こんな感情は何と無くわかる気がする
悔しくもいい音だったなあ、なんて思った時には少しでも見返してやろうと無意味な投資をしたりするものだ



ではでは、
貴方がどなたかの家を訪ねた時に

こりゃ一本取られたなあ!いい音だなあ と、頭では認めたくなくても心が認めている
絶対バッチリの判定法があるので、次回お教えしましょう



ここで、自分が楽しめばその音がいいじゃん、勝ち負けなんて関係ない!なんて間抜けなコメント書かないでね
そおいう次元のことじゃないから







沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村








音を決めるものは「頭の中」だけにある

この世に「オーディオマニア」と呼ばれる人種がいる
この人たちの99%は

より高級(高額?ハイクオリティ?)な機材を購入して上手に使いこなせば、結果いい音が手に入ると考えているのかもしれない
家計に余裕のある人もない人もせっせとお金を貯めて「グレードアップ」という性能の向上を目指しては惜しみなく大枚を投入するのに対して、会社に着て行くスーツはとりあえず「それらしく見える」ことだけを優先した2着で○万円の大衆的なモノで我慢する
一方、RCAケーブルにはそのスーツの何着分だよ!?という「高級な」ケーブルを家人の目を盗むように買っては悦に入っておる



大変申し訳ないことだろうけれど、あなたの家のオーディオセットの音を左右するのは機材によるのではなく、この考え方次第なのじゃないかなあと今日は申し上げたい



少し前のこと

我が家に、堂々とした立派なオーディオマニアが見えた
うん百万の高級モニタースピーカーに英連邦北部製の最高級アンプに、同じく最高級のクライマックスなネットプレーヤと完全武装のLPプレーヤまで揃え、しまいには幼稚園のお遊戯場ほどもあろうかという部屋に引っ越して、ご本人も

「今の音に不満はない。これでオーディオは目処がたった」とおっしゃったので私は
「これからは、お好きなレコードやCDを集めて楽しまれるだけですね」と申し上げた

すると、どうしたものか(おそらく何かを誤解した=多分我が家でオリジナルLPをかけたので、その金額世界に少々の反骨心を感じていたんだと思うが)急にエキサイトして

「いやいや、音源なんてオーディオの性能に比べたら物の数ではない。
私はたかがレコードに何万円もかけるつもりはない。ディスク・ユニオンの1枚幾らの箱の中ので十分いい音を出せる」

と随分な剣幕でまくし立てた
私の反応は、まあ慣れたものですから
「ああ、そうですね。それはよろしゅうございますねえ」といっておいた

でもね、断言しましょう

五百四十円(税込)のレコードからは、どれほどの装置を持ってしても、五百四十円(税込)以上の価値の音はしません

誤解をされぬように解説すると、さすがの私も
「音源は全てのオーディオ装置に先んじて最も重要なコンポーネントだ」
「やはり、オリジナル盤じゃなければ本当の音はしない」
なんて雑誌に書いてあるような恥ずかしいセリフをいうつもりはありません


一番大切で、何よりも最も先んじているべきはその人の頭の中であり。イヤラシイ言い方を許されるなら、あなたの思考・判断の品格があなたの家の音に大きな影響を与えているのです

五百四十円(税込)のレコードでも・・・とあなたの脳みそが言い出したその瞬間にあなたの家の音は五百四十円(税込)の音で鳴る運命を背負ったのです

逆に、何十万円という幻の名盤を持ったところで、所有欲を満たすためだけにコレクトしその良さを引き出す努力を怠るならば、同じくその家で鳴っている音は「その程度の」音に止まるのです

私の家にだって、特売で買ったレコードは沢山あるし普段ききでよくかけています
TPOで使う時を間違えなければ重宝しています

オーディオ装置やレコードに何千万円、何億を投じようとも出てくる音はその方の脳みその中を超えることは、断じてありえないのです


その方は、その後頭の中を改めて、今では仲間内で「初期版の伝道師」のようなご活躍だそうです
さぞかし素晴らしい音で楽しまれていることでしょう
しかも、以前ほどオーディオをいじくりまわさなくなり、もともと素晴らしい機材が揃っていたのですからいよいよ音質の向上は約束されましたね

めでたし、めでたし





ちょろっとおまけ

このブログでは有名なT氏がある時

どうにも自分の家の音に満足できなくて

「手間賃を払うからさあ
アンプの周波数特性を調べてくれないかなあ」と言って見えた

おお、やっとそっちの方へ目を向けるようになりましたかと、喜んでお引き受けした
案の定 マランツ#7のRIAAカーブは両端でー3dB以上の落ち込みで結構なカマボコであった

合わせましょうか?と声をかけたが、ちょっと待ってくれという

雑誌で読んだことが頭の中でリフレインしたのでしょう

オリジナルの状態が一番貴重なんだあああああ
部品を変えると元の音にはならないんだああああ
オリジナルでなくなると資産価値が減るんだあああ

結局 T氏はからはその後依頼がありませんでした
交換するコンデンサーはブラック・ビューティ使うからと言ったのにです

そして、今でも相変わらず自分の家の音に文句ばかり言っています
ついに耐えきれなくなって、少し前にスピーカーを買い換えたそうです、アンプがあのままなんだから他を変えてもねえ

ほんの少しだけ頭の中を変えることができていたならば・・・



つい最近、一人の好事家と出会いました
我が家の音を聞かれて、自分が最初にすべきことは何か?と尋ねられました

ターンテーブルのゴロを取り除いて、プリアンプをメンテしたらいかがですか?と申し上げました
その週のうちに遠来でガラードとマッキンの初期プリをお持ちくださいました

仕上がったので先週納品に行って来ました
オリジナル・オートグラフはすざましい音楽を出現させました
相当数聞いて来た私が知る限り最高の音で鳴るTannoyに間違いありません
出会ってからほんの3週間でここまで来た方は初めてです

本当に一瞬で頭の中を変えてしまう度量をお持ちの方でした
私よりオーディオのキャリアが長いにも関わらず、一瞬で考え方を変えることができる人なんてそうそう出会えるものではありません


そちらの御宅で最初メンテ前に聞かせて頂いた音を思い返し、現在の音と比べると確信します
機材をメンテナンスすれば確かに、ノイズが減ったりフラットな周波数特性で再生することにより音源の持つ迫力やニュアンスがよりはっきりと聞き取ることができます
スピーカーやアンプを「グレードアップ」することも全く同じですが

しかしオーディオと出てくる音にとってそんなことは些細なもので大きな問題ではないのです
使い手がどのような気持ちで、オーディオや音楽と真摯に向きあえるのか? その覚悟ができているのか?
これこそが、あなたの家の音をあなたの音足らしめる、唯一無二の要因だということなのです


音はアンプやスピーカーが出すわけではありません
その人の「頭の中」にあるものが波動エネルギーになって鳴っているだけなのです


今回は、セキュリティと個人情報の都合上、写真は控えております
読みづらくてすみません






沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村









お買い物で巡るジョンブル魂の真髄 〜 英国旅行 前編

英国は米国と並ぶオーディオ大国です

昔読んだオーディオ雑誌に「一流の音楽家を輩出していない国はオーディオが発達する」と言った素っ頓狂な記事があったのを思い出す、コンサートの質や量に不満があるからレコードにうつつを抜かす輩が多いのだと。その延長線上に日本はあるのだと
後付けの作文としてはなるほどと一瞬納得してしまいそうになるが、目の付け所がピント外れですねえ


人類史上稀なる上質な陶磁器を生産していたのは、元末から明初までの中国と安土桃山から元禄あたりまでの日本というのは一つの見解であるけれども、その時代に一流の芸術家を輩出していないからでも無類の陶磁器愛好家が多数いたからでもない
その問題については、かの北大路魯山人がきっちりと正解を出している

「焼き物を見るとその時代の生産国の趨勢がわかる。焼き物の出来不出来は国の国力そのものなのだ」と

企業でも国でも同じだけれど、メセナ活動や文化、スポーツ振興が盛んになるのは余力があるときに限られる
日本のオーディオ界が活況を呈したのはいざなぎ景気から続く安定成長期(田中政権の列島改造計画が功奏した)故の賜物だ、著名音楽家の輩出とは無関係の純粋に経済活動によるのである

そして21世紀の時代の寵児は中国になり電気機器製造の多くは大陸に移ったが、JBLやTannoyを凌駕する製品がかの地からは到底生み出されそうにない
同時に中国人のバッハやベートーヴェンが出ることもないだろう  

衣食足りで礼節を知る。とは日本の言葉だけれど遊びに使える小金のありがたさは国も時代も違えども何処も同じということだ
渦中の東芝が”あの”サザエさんの提供を下りるかどうかの瀬戸際だそうだ、頑張れ東芝!


オーディオ界に目を戻して見ると、先の大戦が終わって世の中が落ち着きを取り戻した頃から本格的に家庭用オーディオの普及が始まった

1947年にLPレコードの販売開始  ちょうど10年後にはステレオレコードの実用化を達成している

CDの販売開始を1980年とすると、その上位規格であるSACD・ハイレゾが生み出されるまで23年以上かかっていることを鑑みても如何に力が入っていたかがわかるというものだ
その上、その上位規格自体がヨロヨロとして独り立ちできないのはマクロ経済の先行き不透明さが影を落としている
(ちょっと大人の話をすると、10年前にSPからLPへの変革という巨額の投資をした新技術をあっさり改定できたということは業界全体で投資の回収が済んで、且つ利益に転換していたという認識があったからに他ならない)



さて、英国のオーディオ機器を買いました

PICT4654_convert_20170310112326.jpg

右はワーフェデールのW2タイプの最初期型
有名な音場型のW4型=エアーデール3兄弟の末っ子にあたり 唯一の2wayで且つ唯一全てのユニットが正面を向いているオーソドックスな構造を持ちます・・・ということはすなわち最も正しい音場を再現できるということです

このユニットがまた化け物で
ウーハーはチコナル・マグネットを背負い、さらにツィータはアルミボイスコイルを採用する同社の最上級ラインである「SUPERシリーズ」のユニットが奢られています

30cmウーハー
931670007_o_convert_20170310113339.jpg


ツィーター
931670025_o_convert_20170310113405.jpg

このスピーカーは当たり前といえば当たり前ですが音出しから1秒以内で嫁ぎ先が決まりました
今はもう我が家では聞けません。でも致し方ないことです

2017年にこの仕様でスピーカーを作ったら数百万円近いプライスタグが付けられることでしょう
何せ現代は300万円で売っているスピーカーシステムの修理交換ユニット代金が○万円と言われる時代ですからね

1950年代の英国では、たかが電気蓄音機にかけられるコストが現代の数倍はあった、それだけかけても元が取れた時代だったということです

それによって出てくる音の差・・・性能の差と言い換えてもいいですが、申すまでもないことです



一方、左側のスピーカーは私の心の友 Lowther の LIB(ローサー・アイデアル・バッフル)の最も初期のオリジナルです
格子柄のネットが美しいですねえ

ユニットはもちろん20cmフルレンジが1発だけ入っています

音味は大型ホーンスピーカーの音がします
大型の???  ホーンスピーカー???  20cmのコーン型なのに???

大型のホーンの親玉といえば、そうです、蓄音器の音がする稀有なスピーカーですよ、これは
聴いてみないと信じられないですよねえ

その秘密はですねえ
ローサー社は、自社製スピーカー(用途により数種類あるが全て20cmコーン型)のことを「ドライバー」と呼んでいるんです
ボックスに入れたスピーカーではなく「バッフル」または「ホーン」を駆動する「ドライバー」であると

製造者自らが一般的なスピーカーとは異なる意図で作っていると告白しているローサーを鳴らすには相応のお作法が必要になります
オーディオマニア用語でいうとアンプを選ぶということになりますが、もともとスピーカーとアンプはセットで考えるべきであって、全てのスピーカーは生まれながらにしてアンプを選ぶものですから何もローサーに限ったことではありません

その中で、ローサーは少々オーディオマニアのセオリーから外れた使い方を要求されるかもしれません
同時代の英国のちょっと尖った・エキセントリックなスピーカー(QUD ESL  ステントリアンやGoodmansの一部もそうかもしれません)達ももしかしたら同じ傾向があるかもしれませんが、アンプ単体で立派なものを繋いでも少々神経質な薄っぺらい音にしかならない場合があり、海の東の端の黄金の国のオーディオマニアの間ではこれらのスピーカーに対して少々ネガティブな印象が付けられているように感じないでもありません

ま、何事も使い方次第なんですけれど


本日は紙面がつきましたので(笑)
重要なアンプに関しては次回にいたしましょう









沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。