新手一生 (演奏に古い新しいはあるのか)

昭和に活躍した人気棋士に升田幸三 実力制第4代名人という方がみえた

04masuda_kouzou.jpg

ますだ こうぞう 1918-1991年 将棋棋士 広島出身

見ての通り「昭和の勝負師」を地で行く風貌とともに、勝負師としての生き様を「新手一生」の言葉に残したようにアバンギャルドな存在としても有名
また、豪放な人柄から武勇伝に溢れ、陣屋事件などは社会現象になった

では棋界で言われる「新手」とはどう意味だろう

将棋というゲームは現在のルールに整備されてから400年以上ほとんど変わりなしに続いている
プロの手順は棋譜(一手一手の差し手を記録したもの)となって保存され、膨大な棋譜は全てデータ化されてプロの棋士であればあらゆる局面を即座に検索できるようになっている

このように400年検討され尽くしたような将棋の世界にあっても過去の棋譜にない強力な手が定期的に生み出され、一定の期間はその手法が棋界を席巻することになる
「藤井システム」「ごきげん中飛車」などの新定石は名前をご存知の方もいるでしょう



そうした「新手」に特にこだわって生き抜いたのが升田先生ということだ、ご本人はこう語る

 人に何か書いてくれと頼まれると、よく「新手一生」と書く。(中略)私は将棋は創作だと考えている。何はともあれ、一歩先に出た方が勝つ。もし一局ごとに新手を出す棋士があったら、彼は不敗の名人になれる。その差はたとえ一秒の何分の一でもいい。専門家というものは日夜新しい手段を発見するために苦しまなければならぬ。

(「名人になって」57年7月、朝日新聞紙上の手記から)

刃を交わし戦う剣士みたいな表現ですね

前置きが長くなって恐縮だが大事なので現代棋界の第一人者 羽生善治三冠の言葉を合わせて載せておきたい

確か升田先生についてのインタビューで「羽生先生も新手を指しますか?」的な質問に答えて・・・自分はどちらかというとオーソドックスな棋風なのでと謙遜しながら

みなさんよく新手と言われますが、
ある一手があまり見たことのない「目新しい手」であった時
しかし、その手が間違いなく「新手」ということができるかどうかは、過去のすべての棋譜と見比べて
確実に今までに指された前例がないことがわからない限り、「新手」であるとは言えません

つまりたった一手であっても本物の「新手」が生み出されたかは、先人のすべての足跡をくまなく研究し知っている人にしか判断できないことなのです


この一言は音楽を語る上でもたいそう重い、
脈々と人類が音楽に向けた情熱の歴史を知らず、ただ「新しいから素晴らしい」と上滑りした考えで良いのだろうか?

そうした中で、いつもお世話になっている「GRFのある部屋」さんは毎週のように精力的に演奏会に通い時に暖かく、時に厳しい感想も書かれているけれど・・・
GRFさんの部屋には古今の名演奏のレコードやテープが網羅され聞き込まれていることを(ご本人は最近あまり言われないけれど)私は知っている、だからGRFさんだけには「あなたも新しいのも聞かなきゃ」と言われると僕も頑張ろうと思えるのです

人間の重みはどんな立派なことを語るかではなく、どんな実績を積んできたか、言葉はなくとも背中で伝わってしまうのですね



____.jpg



私は、ご存知の通り1920年代から1960年代頃の演奏を聴く機会が多い(とブログには書いている)
実際に家で一人で聞くときにはむかしのレコードを聴くことは少ないのだが、鑑賞の中心は?と聞かれれば躊躇なくその辺りです。と答えるだろう。

そんなだから時々、現代の演奏は聞かないんですか?とおっしゃってくださる方もお見えになる

結論から申し上げると
ブログ記事にしていないレコードや演奏会がたくさんあるだけで、まあ、中心的にとは言えないが聞いています。と答えている
あまり感心しなかったレコードや演奏会のことを否定的な記事にせず、書かないほうがいいと思っている




横浜にいた時に比べたら少ないですが、地方都市に住んでいるオーディオ趣味の人間としては頻繁に演奏会にも顔を出す方だと思います

例えば昨年から年初にかけて、世界的に有名な3人のピアニスト(メジャーからCDを多数出している二人の新進の女流と男性の大御所でいずれも外国の方です)を聞きました、でもとても記事にはできませんでした
3人とも演奏がどうこう言う以前の問題です。いったい先生は何を教えているんだろうと思いますが、答えは簡単です

現代でコンサートピアニストとして食べていくには、名のあるコンクールの入賞歴の二つ三つが必要なのでしょう
畢竟どんぐりの中で目立つためだけに、ただただ押し付けがましい大音量の・・・素人歌舞伎が大見得を切るようなドタンバタンの演奏の乱立とあいなるのです

600人も入ればいっぱいの会場もありました、ピアノの音が割れんばかりの大音量、前の音の反響に混じって次の音がfffで打鍵されるので会場はカオスの世界です
会場の大きさによって音量を変えるように、くらいの事も教えていないのでしょうか?

先生はコンクールに入賞する方法論よりも、音楽とは何か?作曲家は何を伝えたかったのか?リリカルやメランコリーについてを先んじて教えて欲しいものです
・・・が、現実ではそれも難しいのでしょうね、先生も生徒も食わなきゃなりませんから

痛々しいのは、3件の演奏会のうち2人はうら若きお嬢さんでした、曲の終わり毎には拍手喝采、ブラボーの掛け声
私は終演後急ぎ足で駐車場に向かいましたが、エントランスにはアンコールをパスしたのでしょうか?すでにサイン待ちのおじ様達の長蛇の列ができていました

レコード会社のある企業の元社員としては言い辛いのですが、音楽とは違った座標平面で今の音楽界の経済は回っているのですね



以上は、ちょっとひどいなあと思う事例でしたけど、
時代に即した新しい解釈、現代の感覚、演奏  ってなんでしょう?

羽生三冠の言葉を借りるまでもなく、過去の演奏をくまなく聞き込んだ上で現代の演奏を「現代感覚」と言った言葉が使われているのでしょうか?

若い人の演奏を今日聞いたから=最先端の演奏

という、単純な方程式では説明になっていません
何年も前に出尽くした手法の上書きかもしれないのに?
過去の演奏をすべて知っているわけでないのに、なぜそう言い切れるのだろうか?

純粋に演奏として、音楽としてどのように感じ取り見極めるかが大切だと思います
最新の演奏の中にも今後何年も語り継がれる名演が必ずあるはずです、唐九郎さんの言葉を借りると悲しいほど少ないにしても・・・

しかし過去の名演だって同じですよ、莫大な演奏の中からわずかに残っている物を今日の私たちが手にしているだけですから



前回の記事で私の最初のスピーカーについて書きました

DSC01998.jpg

それはこの通り、フルレンジ2発+ドライバー1発のモノラルシステムでした

この当時はSP盤の復刻LPやモノラル時代のLPを中心に聴いていたのです
後ろに控える英国Lowtherのホーンシステムは、WE購入から5年ほど後に初めて買ったステレオ(2台セット)のスピーカーでした

今でも蓄音器からCDとFMまでは我が家で聞けるようになっています、去年はネットプレーヤーもあった、あっただけだけど
あの時から30年あらゆる時代の音楽を聞いて、確信を持ったことなのですが

1920年であっても
1940年であっても
1960年であっても

2016年であっても

それぞれの時代に作られたレコード(奏でられた演奏と同じ)は、それぞれの時点での最先端なのです
その時代々々でできることの最善を尽くして、最高の才能が最高を求めた結果ですから、それぞれに意味があり、価値があるのです

芸術が誕生した瞬間から偉大な芸術家はその人なりの「新手」を打ち出してきた(からこそ偉大といわれる)わけで、1920年の新手が2016年のそれに古いから劣ると言うのなら、それは死人に鞭打つ後出しジャンケンのような現代人のおごりに過ぎない

もし、そのようなバカげた妄想がまかり通るならば、クラシックの演奏は時代を遡るほど劣悪になり
ブラームスのVn協奏曲を初演したヨーゼフ・ヨアヒムの演奏がこの曲の人類史上最悪の演奏ということになってしまう
ラフマニノフのように作曲者初演であれば、作曲者自身の演奏が一番しょーもない演奏になってしまうのか?



この簡単なロジックが理解できれば
単純に2016年に行われた演奏が最先端で最も良いと言うのは「今、生きている人間のとんでもない思い上がりに過ぎない」ということもわかります

今日の最先端は、明日には過去になり
1920年や 1940年と同じ過去のものとして、ただ音楽的な価値だけで判断されるのです。そこには若くて綺麗な肢体や肩の出た衣装も関係ありません

だから私の答えは、良き演奏ならいつの時代のでもありがたく楽しませてもらっています、です
約100年前に録られたSP時代から聴き始めて徐々に新しいレコードに移り、いまは60年ほど前の素晴らしい演奏を勉強している途中なんです
これからどんどん時代を下っていきますから、少々お待ちください。過去を知らずして現代はとても語れませんから
・・・が本心ですね

逆に言うと「モノラル以外は聞けねえ」なんて人の意見には全く賛同できない、ということも付け加えておきます



さて、明日は参議院選挙ですね、升田先生は一度出馬を打診されたことがあります
その時の答えを今日の最後に載せておきます、当たり前の答えですね、先生は将棋で「新手一生」なんですから


参院選に出馬を打診された際「本業に自信のあるものは政治家にはならない」と断った。






沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

我が家のハイ・レゾリューションサウンド あったどー

今日の話題は先に某所で公開したネタなので心苦しいのだけれど、少しオーディオ寄りにアレンジしてお届けします(笑)

Sir William Turner Walton  サー・ウィリアム・ウォルトンは現代イギリスを代表する作曲家の1人で一通りクラシック音楽のカテゴリーを網羅しているけれど現代人としては、映画「バトル・オブ・ブリテン」の音楽を担当した人と思うと急に親しみを感じることができましょう。

代表作の一つに「ファサード・エンターテイメント」に付随する曲を付けた室内楽とそれを元に演奏会用にオーケストラアレンジをした「ファサード組曲」があります。
ファサード自体が我々日本人には理解を超えているのですが、抽象的または象徴的な詩を音楽に乗せて語るといった近代のエンターテイメントの様式があったようです(違っていても直しませんので失礼)

組曲の方は音楽として単独で鑑賞に足るもので、わたし的には大好きなカテゴリーになります。
下はイギリスの演奏家サージェント指揮で、EMIからリリースされたもので同曲の代表的なものの1つでしょうか。
PICT2276.jpg

ASD400番台のホワイトゴールドレーベルです。
その名声にたがわず、滋味を帯びた音色と広がりに加え遥か彼方まで続くような深いディプスが印象的なレコードです。

でも、これが今日のお題の「ハイ・レゾリューションサウンド」という訳ではありません。
このレコードは2種類持っています。

PICT2273.jpg

タイトルは「英国のバレエ音楽」どこまでも私向きのレコードです。
一曲目の「The perfect Fool」って。なめた曲名ですねえ。「惑星」で有名なホルスト先生です。

一枚は上の写真の通り白金のオリジナルプレスですが、もうひと組は
PICT2278.jpg

録音データを書き込むスペースを残した白レーベルのいわゆるテストプレスなのです。

最近は見かけなくなりましたが、少し前まで「テスト・プレスは貴重品だ、特別製で音がいいんだ!だからものすごーく高いんだ」と言って法外な高値で売っている不届き者がいました。

私の家にはテスト・プレス盤は沢山ありますが、正規品より相当安く価格に惹かれて買ったものばかりです。元はタダですからね、こんなものは・・タダ!

更に一言で「テスト・プレス」って言いますけど、日本でレコード屋さんに販促のために無料で配布された「白盤(市販と同じデザインで色が着いていない)」の中身は市販品と全く相違ありません。

また、レコードの製造過程において機械やマスターやスタンパーの不具合を確認するために試し打ちをした本当の意味でのテスト盤は製造工程の各所に存在して数種類はあります。

ただし、いずれにしても正規より音が良いなんて妄想の範疇で、むしろ欠陥がある場合もあります。
だいたいマニアやコレクターは「特製」「特別」「限定」などのワードにモロイですからね。敵はそこに突け込んで来るわけです。

このテスト盤は比較的先頭に近い工程のものです。
PICT2277.jpg

A面とB面がそれぞれ一枚ずつにカットされているので、2枚組でLP1枚分になっています。

PICT2279.jpg

裏面はこのようにギョウシェ模様になっていてグルーヴはカットされていないのです。書き込みも無しです。
繰り返しになりますが、だからといってこのレコードが正規盤より音がいいなんて妄想も夢の中だけの話です。

一度、同じサージェントの「惑星」のテスト盤で明らかにテープの繋ぎの前後で左右のバランスが変わってるなんてのもありましたが、確認したくなって正規盤を買ってみたら修正してありました。
それはミスを発見するというテスト盤本来の機能を発揮しただけで、音質になんら違いはありません。

では、いよいよハイレゾです。

PICT2256.jpg

これは同じファサードでRCAリビング・ステレオのフィストラーリ指揮のものです。
オリジナル・プレスではなくて後年「クラシック・レコーズ」と言うアメリカの会社がリリースした高音質盤になります。(ご教授受けました。ありがとうございました)
PICT2259.jpg

一枚当たりのカッティング・エリアがこれだけしかありません。
45回転
片面カットなので、一枚あたり約6分くらいでなんと5枚組になっています。

何年か前に偶然入手したものですが、これまでに聞いたところでは良い印象がありませんでした。
大概において、大昔に秋葉原の販売店が作っていた「45回転盤」だの「高品位プリント・テープ」だのに懐疑的だった自分がいるのです。

ところが、この度の「自称・広帯域システム」で聴いてみると、これはとんでもないハイ・レゾリューションサウンドだ。と言うことが克明に分かるわけです。

やっぱりあれですね。
こんな50年も前に録音されたレコードだって、元の音はそれはそれは大した音がしているはずなんです。
相応しい装置を使ってやるってのは大事ですね。
何年もかわいそうなことしたなあ。と謝る日々なのです。




沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

苦労させられるレコード コラ・ヴォケール 日本公演

その人の呼び名は「サン・ジェルマン・デプレの白い貴婦人」"La Dame Blanche de Saint-Germain-des-Prés"。


シャンソンが好きで聞くようになったのはSPレコード&蓄音器の持つ世界観と音楽の持つ世界、また曲の長さがぴったりあったからでした。

リナ・ケティ リュシエンヌ・ボワイエ リス・ゴーティエ ダミアなど。有名どころばかりでミーハーと言われそうですがその当時は余程の価値がなければレコーディングすら叶わない時代ですから、畢竟ビッグネームのレコードが多くなるのは仕方がない面もあるのです。

このレコードは初めてLPレコードで購入したシャンソンもので思い出の1枚なのです。
PICT2124.jpg
1980年12月7日 東京 草月ホールでのライブ録音だそうです。


もちろん新品でレコード屋さんの店頭に並んでいたものを普通に買いました。
自分自身は上述したようなSPレコードに親しんでいたのですから恥ずかしながらヴォケールさんを知らずに買ったし「どうせ最近の人は・・・」的な入りだったと記憶しています。

でも、実際に聴いてみると・・・途方もなくすごいんです。
ノーブルな歌唱、アンニュイな空気感、だけではない本物がぎっしり詰まっていました。
で・ヴォケールさんを調べてみると、冒頭のごとき異名を持つ現代の第一人者であったのです。失礼しました。



さて、この名盤のどこに「苦労させられる」かと言うと。

この録音は80年のデジタルでヴォーカルはもちろん伴奏のチェロもピアノもピックアップマイクで拾っています。
そうです、これはモノラル録音なんですね、いつもの通りマルチ・モノの2ch振り分けなんです。

当然の事として歌唱・チェロ・ピアノもそれぞれがキレイにリアリティを持って収録されている。
故にオーディオ装置に多少の”不具合”があってもこれはうっとりする程キレイに聴こえるんです。

しかも内容がとても素晴らしいことも手伝って聞き入ってしまいます。よって装置の状態を検診するには甚だ不適格の困ったレコードです。
(更に、ライヴ盤だから曲の終わりに拍手が入ってくる。そうすると突然にステージ上の矛盾が現れてしまう別の意味の困った面もあります。)



コラさんの代表作とは言えないかもしれませんが、僕の好きな曲で音質も画質も安定しているのでこれを貼っておきます。


ただしライブではないので本題のレコードのような迫った歌にはなっていないような気もします。

なお、you tubeには日本公演の全曲をアップしているファイルもあります。
大きなスピーカーで聴く時と感慨に乖離があるのでリンクはしません。興味のある方は検索してみて下さい。歌はとてつもなく素敵です。

追伸、ライブ・パフォーマンスがあったので・・・




沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村




我が家のラインナップ 中間まとめ 最新ステレオ

5)1970年以降のLP

ここまで我が家では1台のスピーカーでカートリッジやアンプを替え、ツィーターを足すことで(今日のを加え)四種類のラインナップを稼働させているとお伝えしてきました。「おかしな奴だ」と思われる方も見えるかもしれませんので、簡単に背景を述べます。


まず最初の動機は前回申し上げた通り

「レコードに入っている音は年代によってずいぶんと違うよね、これを一つの装置で聴くのではその時代毎の良さを十分に出しにくいのじゃないかしら」という単純な想いでした。
その気持ちを支えた物理的根拠はEMT社製カートリッジの針先の種類の多さです。(EMTはレコード会社の原盤試聴用として作られたので、カッティング・ニードルの太さと同じ形状の針先をラインナップする必要があるのだろう)

ざっくり挙げても
TSD-15SFL  針先曲率半径 6μm 一番新しい製品、各社現行機もこの曲率に準じている。
この上の15μm ステレオ初期 OrtofonのSPUやシュアーのV15のオリジナル等もこれに近い値。
モノラルLP時代は 25μm 米ではバリレラの1mil(千分の1インチ=25.4μm相当)もこれに準じる。
SP用には数種類あると思う 65μmが電気吹き込み時代のSPレコード用。80μmは機械吹き込み時代。       
小さい針の方が新しい時代のもので、より細かい彫刻=より高い周波数=を刻むことができるからです。
時代を追って1/15程の太さになってきました。

PICT2073.jpg
あまりいい出来ではないが、試しに爪楊枝を置いてSPレコードのグルーブを撮ってみた。
ご自身で爪楊枝をしみじみ見てもらうと、いかにこの溝が太いかがお分かりいただけると思う。


record_groove.jpg

こちらは数年前に話題になったアメリカのサイトから(無断)借用。

これは新しいLPだろう。下に「50μm」のスケールがあることに注目されたい。この谷の底を6μmの針が走っていくことになる。
渓谷のように左右にウネっているのが低音の信号で、谷の斜面がさわさわと波打っているのが高域の振動。
モノラル針の25μm(50μmスケールの半分の太さ!)の太い針だと波の頂点から頂点へ滑ってしまいそうなのがよくわかる写真。

でも本当に恐ろしいのは、太く切られた溝に対して、細すぎる針で再生したら・・・溝の底に溜まったゴミを掻き出すだけでとてもノイジーな音になってしまうことだと思う。経験上そのような組み合わせは力のない痩せた音になりやすいので注意が必要かも。


以上のような考えに至ったのはオリジナル・プレスのレコードを少しずつ買えるようになってから。
レコードの製造年代によるグルーブの変化に気づいて、物理的な「グルーブの谷と針先の曲率」との整合性を担保しようとしたことがラインナップを増やすきっかけになっていった。

結果的にオーディオの歴史は録音・再生帯域拡大の歴史であると再確認し自分の部屋でその検証をする羽目になってしまった。


では、70年代以降の新しいレコード再生のラインナップをあげていきましょう。

EMT TSD-15SFL  上述したように6μmの超々マイクログルーヴ対応です。
EMT930  我が家の930は本来モノラル時代の旧型なのでアームを載せ替えました。
EMT-229
EMT 139Ax2台  これは元々OFD専用なのでTSDに使うには厳しかった。また時代的にRIAAカーヴは付いていない。これをモディファイした様子は順次記事にします。

AD-1pp このアンプが新型のLPで成果を上げられると良いのですが。
そして、勿論ツィーターを足しています。



余計な話題で長くなってしまったので、CD編は改めて・・・





沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村





こんな曲、本当に実在したんだ!

今日はやり残した作業や陶芸の釉かけなどをして時間が押していた上に、明日にはお客さんが見える予定があって、掃除をしたり音が出るかを確認したりで大忙しだった。

先月、一本の出力管にノイズの入るようになったを放置していたのでEuropaはマトモに鳴らない状態。汗
しかも風邪引きの影響で耳が「つーーん」としているので何を聞いてもよくわからない、ままよ。と明日を迎えよう。
これがうちの音だよって言い訳しないでありのままを聞いていただくのが良いだろう。



そんな疲れた頭の中で先ほどから

カーペンターズの「雨の日と月曜日は」がリフレインしている。便利なNET社会の住人としては、早速YouTubeでチェック・・・


カーペンターズが活躍した時代は、正確には僕より少し前の世代で自身はどっぷり浸かった訳ではない。この曲以外には「スーパースター」辺りが馴染みといういたって表層的愛好家に過ぎない。

それでも、今となってはもう思い出し様も無い、若く、イケてなく、まったく到らなかった年頃の何らかの思い出と共に頭の中にステイして40年ほど経つ幼馴染みだ。




さて、本題の曲はYouTubeの右側に出る、こんなんもありまっせ。というお勧めコーナーにあった。
もちろん最初はカレンの歌唱でヒットしたのだが、これはどう見ても更に二、三世代は前の歌。しかも、出るわ出るわの同曲異演の数々。

Wikiを調べたら 1963年に「スキータ・ディビス」という女性歌手がリリースしたのがオリジナルらしい。
ウルトラなロング・ヒットで膨大な数のシンガーにカヴァーされている。それはそれはすごい幅のあるメンバー。

勿論懐かしい曲ではある訳だけれど、耳にした瞬間に口をついて出た言葉は「こんな曲、ほんとに世の中にあるんだ」



随分と色々な歌手の歌を聞いてみたけれど、一番しっくりくるのがこのヴァージョンだったので。

Brenda Lee The End of The World


中学生の頃、当時唯一アメリカを感じることができたTVドラマ「HappyDays」の記憶の中に閉じ込められたままになっていた「甘く切ない少年の心」ってやつをこのサウンドによって呼び起こされたような気持ちになる。

時間は決して、絶対、何があっても戻らない。
という無慈悲なまでの大前提があるからこそ思い出や郷愁が大切に思えるってのは、人間のよくできた処だよなあ。