スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プリ(EQ)アンプ その2

随分、間を空けてしまってすみません。

前回に続き、EQをご紹介します。
EMT-139stの前身というのでしょうか、モノラル仕様のEMT-139Aです。
DSC01150.jpg

恐らく、OFDを想定して設計されていますのでトータルゲインは低めになっています。
バッファーアンプのEF-804への+B供給はCHコイルを用いていますので139stよりは古い設計なのが分かります。

しかし、Hafe製造になるトランス類のフテブテシイまでの面構え!たまりませんねー
DSC01159.jpg

EQ素子です。4ポジションでカーブを変更できます(EMT-930の項をご参照)
シャーシから隔離して設置しているのはハムを嫌ってでしょうか?多分スペースが無かっただけじゃないかな・・・
DSC01152.jpg

無段階のハイカットフィルターに使われる所謂バリコンの様子。
DSC01158.jpg

全てにおいて徹底することのできた時代を感じさせます。

ポチっとご協力お願いします。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

プリアンプ(EQ)いきます!

身辺が騒がしく、更新が滞ってしまいましたが復帰第一戦はEQです。

まずは、今はもう手元に無いこちらです。
EMT-139st
DCP_0453_convert_20090415222726.jpg

こちらは年明けに手放したばかりです。
実は、新しいオーナーにお渡しする為に最終確認で火を入れたのですが・・・

すばらしい!!!

録音会場の空間ごと、そっくり切り取って我が家に提示しているような。
途方も無い空間が出現しました。

DCP_0451_convert_20090416090304.jpg


以前、使っていた時とは全く別のアンプのような感じです。

やっぱり、オーディオはスピーカーのご機嫌伺いなんだなあ。と、手遅れになってから気付きました。

おまけにもう1枚
DCP_0452_convert_20090416090434.jpg

30年以上使われてきて、明らかに劣化していた部品はOUTトランスのDCを切るコンデンサ2本だけで、相変わらずドイツの部品のストロングさ加減を思い知らされました。

ポチっとご協力お願いします。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。