スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中口径 ドイツ古典コーン型フルレンジの魅力

最近では少し静かになったかも知れませんが、ここ10年程はドイツの古いコーン型スピーカーがブームの様に市場を賑わせていましたね。

フィックスドエッジの硬いコーン紙に、強いダンパー+強力なアルニコマグネットを搭載した精悍な面構えは、オーディオマニアの心をくすぐるに十分な存在感だったと思います。
また、こうしたスペックを鑑みるととても安価に感じたし、東西ドイツの大小メーカー(本当に作っているのは少数だろうけれど)で様々な種類を製造したので、宝探しの様な楽しみもあったのかと思います。


まあ、ベテランの(腕の逹つ)方なら、こうした特徴を列挙すると「こりゃ一上手く鳴らすのにはひと筋縄じゃいかねえな」と想像できると思うのですが、あちこちで見かけるこれらの評価は「音楽的だ」「スピードが速い(なんのこっちゃ?)」「なんだかすごく良い音」と絶賛の嵐でした。本当にそれほどのクオリティを発揮していたのでしょうか。

一時期、たしかに色々な場所で見聞きする機会が多くありました。
ただし、自分が持った印象は必ずしもポジティブな物ではなくどちらかというと「どこが魅力なのだろう?」と懐疑的なイメージしかありませんでした。
自分の中では紙臭い音がする。とかカピカピのハイ上がりなエキセントリックな音という感想に終始していたのです。

とまあ、ここまでは自分の体験した範囲の勝手な感想だから許して下さい。オレんちはそんな事ないぞ!素晴らしい音している。と思われる方はその通りです。今日は、そんな気付きのお話しなのです。




今年もゴールデンウィークには毎年恒例で名古屋から(主に山菜目的でー笑)お客様が尋ねて下さいました。

車を付けてから直ぐに家に入らず、なにやらゴソゴソしています。「どーした?」と出てみると大きな箱を抱えているじゃありませんか。

「この家にESLは似合わないから」

といって、ドイツはGRUNDIGのスピーカーシステムを運び入れました。

PICT2937.jpg

第二期バウハウスなのか、北欧ミッドセンチュリー調なのか、とってもレトロで雰囲気のある形ですね。

では、ますどんなユニットが入っているか、中を見てみましょう。
PICT2924.jpg

低域は22cmの板穴ですから、25cmウーハーですね。
高域は15cmx10cmの楕円型コーンユニットでいずれもアルニコマグネットです。

ネットワークも勿論純正。コンデンサーも全く抜けていないのはドイツ製品のいつものウルトラクオリティはそのまま。
バッフルと背面板をグランド結合させる魂柱があるのにはいささか衝撃でした、電蓄クラスのスピーカーのはずなのですから。
四角い箱を作ってポン付け的な同時期の日本製スピーカーの常識を当てはめて想像していたからです。

さらに感心なことにウーハーには「パンツ」が履かされていて、躾がなっていますね(笑)
しかし、通常パンツはプレーンバッフルや後面解放箱に付けられた業務用スピーカーが長年の設置に際して、ホコリの混入による不良防止のために使われるのだと思っていました。

それが、このような民生機のしかも密閉に近いキャビネットに内蔵されているのに「なんでだろう〜♫」と不思議に思えたんですね。




早速、小型スピーカーを試聴する定位置にセットし音を聴いてみました。
普段ESLを聴いている
EMT-981  →  Zeiss Ikon Dominal-L
 

PICT2930.jpg

う〜ん・・・やはり、これまでのイメージを覆すような音ではないなあ。

高音が勝っていて、輝きがあるを通り越して「五月蝿い」に踏み入れた感じ。パッキパキに薄っぺらな表現で、正直言って10分で心が折れそうになったんです。

でも、持って来てくれた本人の顔色を伺うとそうでもないんです。多分ねそちらのお宅でも同じ様な音だったんだと思います。そりゃそうですよね。

でも、僕の中には一筋の光は見えていたんですよ。
ネットワークが上手い感じで動作できているのか、コーン紙に負担がかかっていないのでしょう、大っ嫌いな紙臭い音がほとんど聞こえないんです。

これは・・・もしかすると、もしかするかもしれないなあ。
そんなことを思っていた連休の午後でした。

ここからは、疾風怒濤の後編につづく!





沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

「GRFのある部屋」さんのお宅へお邪魔しました。

オーディオというものは沢山の人が熱を上げる対象としては中々に良く出来ていると思います。

オーディオの趣味は機材を買い揃えた後にこそ本当の道が待ち構えていて、それがまた何とも思いのままにならないモドカシさ、怖さを楽しむマゾヒズムを含んだもので(笑)
スピーカーやアンプを買ったりいじったりするだけでも相当に楽しいけれど、それはあくまで手段にとどまっていて(時として主従逆転の場合もあるかもしれないがそれはさて置いて)出現される音楽を聴いて初めて評価が下る厳しさこそがオーディオの醍醐味と思うのです。

そんなマゾの特質を鑑み
オーディオを愛しちゃってその仕打ちに耐えている人は沢山みえるけれど、反面「オーディオから愛されている人」=何の機械を使っても何時もあの家は良い音出してるなあ!って人は存外に少ないのかも知れません。

そんな人は同じ香りを持っている様に感じられます。
1、音楽を心から愛しちゃって離れられない人
2、オーディオの音が突き抜けちゃったら、どんな心持ちになるかを体験しちゃった人。



今日の訪問は(実は半年程前です)「GRFのある部屋」さんです。
ブログの世界ではとみに著名な方です。ご案内を頂いてゆっくりとそちらのブログを拝見しました。

これはもう「1+2」に到達され魅了された方なんだと言う事は文章の端々から香って来ます。
ご住所は都心の真ん中で遠いのですが、なんとしても行かねばならんと予定を立ててお邪魔する事が叶いました。

この方はもう一つのハンドルネームを「和室のユニコーン」さんと言います。お宅にお邪魔して、まずはそちらの意味を知る事になります。

2L_convert_20140613040823.jpg

「一角獣」の名の通り、円錐形の振動板1本で全帯域をカバーする無指向性スピーカーです。
アンプは
氏自ら調整に参画して完成された安曇野は水谷氏/サウンドパーツの真空管プリアンプから
岡山の是枝氏がユニコーンに合わせて特別に制作にあたったという真空管パワーアンプで駆動します。
フロントエンドは
emm-LabのSACDとマランツCD-34改(その内容が相当のものらしい)です。

元々のハンドルネームである「Tannoy GRF」に先んじてこのユニコーンをかけられたと言う事が氏の「聞き方」「求める物」を表していると思います。
コンサートホールの椅子に腰を沈めて、ふっと息を吐き目を瞑った時だけ感じる「あの感じ」なのではないでしょうか。

SACDの特徴を活かした地の底に届きそうな深いフロアの底から天井にかかりそうな広い空間の中に楽器の音がたち上がりました。

今、目の前に展開されているサウンドはユニコーンの特徴的な駆動方式に寄る物かもしれませんが、部屋を暗くして頂き音楽に対峙する時にはもうそのような考察をするのを私の脳は完全に拒否していました。

1.jpg

ショスタコの15番
漆黒の空間に一つのトライアングル?から始まる曲は徐々に楽器の数を増やして行きます。
フルートは3管かしら。フレーズ毎に奏者が主旋律を受け渡し引き継ぎ、掛け合いをしている様が見える様です。
少しづつボデイを膨らませたオーケストラはついにトッテイを迎えると、見えるのはステージの床であり壁や天井の木質の色でした。

我が家では最近ご無沙汰な「自分の頭蓋骨の中にステージが出現する」感じを初めて他のお宅で体験させて頂きました。
違法薬物などに手を出す連中はバカだなあ!と思います。トリップして恍惚感に浸るなら優れたオーディオがあればより強烈に体験出来るのじゃないか(あっちは未経験なので比較論は想像で(爆))と。

それほどの強い印象を残した経験となりました。


このあと、アンドレ・プレヴィン氏の「真夏の夜の夢」を聴いて私は確信しました。そして「オーディオから出てくる音を無視している」方と初めて出会ったと思ったのです。
この家のご主人は音楽堂に踏み入れた時の「あの感じ」に包まれて「どこで誰が何をしているか」を聴いているんだと思ったのです。

おかしな言い回しかも知れませんが、あの感じさえ出てしまえば「音色」は文句の付けようも無い状態になっていると断言出来ます。音色を追いかけても「あの感じ」には到達出来ないかもしれませんが、逆のアプローチで達成した際にはもれなく最高の音色が付いてくるということになろうかと思うのです。

周波数応答など多くの要素が高い水準で達成していないとけっして「あの感じ」にはなりません。
こちらのお宅を見回しても、アクセサリーやケーブルの類いで苦労して(楽しんで?)いる様子は皆無です。マゾではない証拠です。道具の使い方を心得ている方に共通している境地である様です。


当日は金曜の仕事開けにお時間を割いて頂いたので、全体のプログラムは短縮板でお願いしました。
それでも少しの時間でしたが、Tー4スピーカーで平行法の実演とコーナー型のオリジナルGRFモニター・ゴールドでは交差法の音場感を聴かせて頂きました。

3L_convert_20140613040836.jpg

こちらにも驚きは沢山あったのですが、とてもコメントを出来る程腰を落ち着けて聴いていませんので軽軽な発言は控えたいと思います。
ただ一点
最新のデジタルアンプ=先年惜しまれつつ亡くなったサウンドデザイン社の石田氏になるSDー05とGRFのコンビネーションが古き良きTannoyの伝統に新しい息吹を吹き込んで見事なプレイバックだったことをご報告させて頂きます。

しかし、私の睨んだ所こちらのお宅では一貫して感じた事なのですが、
古き袋に新しき酒を盛る・・・決して懐古趣味だけではない、かといってテクノロジーの新しさだけを誇示するのではない絶妙な時間の感覚を覚える構成・音でありました。


さてさて
こちらのお宅にはまだまだ底が見えない程の仕掛けが沢山ある様に聞いています。
また是非お邪魔できる事、そして片田舎の我が家にもお越し頂く事をお約束して、金曜日の夜のにぎわいを見せる高円寺の街を抜けて帰路につきました。


素晴らしい音に出会えました。
大変にお忙しい折、暇人のお相手をありがとうございました。




沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。