今年の最期に天使様 来訪!!!

2009年も今日が大晦日です。

今年を振り返ると我が家のオーディオにとって、激動の一年でした。
かといって機材が変わったことは何一つ無いんだけどね。(確信はありませんが)

今年は兎に角時間だけはあったので、整備や調整でこれまでに覗いたことのない世界を見せてもらえました。
安上がりで、いたって結構。


さて、昨日のことですが周りの目を気にしつつ年末向けの掃除をしていました。
本当は風邪を引いた影響で、予定の作業は山積みであちこち散らかしたままの方が都合は良いのですがそうともいかず。

実際は、散乱が目立ち難いように角度を変える程度の「保存性」を心掛けていい加減に掃除するフリをしていました。
そうだ!
接点のクリーニングなんて掃除っぽくていいぞ。と、コードの端子から真空管の足から、接点という接点を徹底的に拭いてまわりました。

確か夏ごろに拭いたのに、ビックリするくらい汚れるものですね。

昼過ぎに一段落して、一休みしながら(こればっかりだが)レコードの音を聴いてみました。


ん?ん?ん?

なんか、来るぞ!という気配がありありです。

聴き始めて10分程でキターーー

自分の頭蓋骨が横幅20mx奥行き40m(メートルですよ)くらいに肥大した感じのあと、その空間にものの見事にオーケストラが点在します。
「おおー見える、見える。人数まで数えられるぞ」
チェロの擦れがスンゴイ生々しい。ヴァイオリンの倍音が空中に消えていくように登って行く。


あまりのリアルさに気持ち悪くなり、LP片面ほどで耐え切れなくて聴くのを止めてしまった。
夕食の後、何の期待もせずに聞き直したら、天使の影も形も無かったよ。

でも、今日は朝から調子が良くて2010年の行く末に光が見えて来ました。


理由はなんだったのかな?
クリーニング?確かに常識外れの高額なクリーニングだったけど。
多分それも違うかなと思う。
心当たりはあるけど、もう少しハッキリするまで待ってください。

一つだけ確かなのは、コードを変えたり、アンプや真空管を代えたりなんて物質的な変化では「耳で聞く現象の変化しか得られない」ってことなんだなと思った。

随分ご無沙汰だったけど、天使はまだこの世の中の何処かには確実に居る。
いいぞー、何か勇気湧いてきた。

DSC02686.jpg
今年最期の蕾だった。
「寒いけど、咲くぞー」って迫力はあったけど、雪が降ってきちゃったしなー。

来年も、よろしくお願いします。




ぷちっとひとつ
ご協力をお願いします。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
あけまして、おめでとうございます。
今年も、よろしくお願いします。

天使の音、いったいどんな音なんでしょう。
一度、聴いてみたいですね。
2010/01/05(火) 20:38 | URL | musicforest #-[ 編集]
おめでとう御座います。
こちらこそ、よろしくお願い致します。

いやー、お恥ずかしながら音自体は普段と変わらず、自分の脳だけが
トランス状態なのかもしれないんです。

少なくとも、「音」の状態の問題ではなさそうですね。音を聴いているという感覚は
皆無になって、オーディオとは別の世界にいる感じですね。

説明が難しいのでいつも引き合いに出すのが立体視の絵を上手く見れたときの感覚です。
http://ecbar.web.fc2.com/sp/sp17.html
こんなので、お試し下さい。
2010/01/06(水) 21:35 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/126-1b7798df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)