ボリュームで音が変わる?って、ウソだろう!

恥ずかしい話ですが、我が家には「音量調節装置(又は部品)」と言っていいものが20種類近くあります。

別に、取り替えて音がどうした!というような聞き比べをしたくて揃えたわけではありません。
ラインアンプを買ったときに付いてきたものや、海外から買う場合は2,3台購入しても送料の方が高くなってしまい、悔しかったので少し多めに頼んでいたりしたら増えてしまったのです。

まあ、半分くらいは付け替えたりしてどんな感じに成るかは把握していた心算ですが、結局15年近くエックミラーのW-68と過ごしてきました。

ここで、其々の音の違いレポートなんてのを期待されている方もあるかと思いますが、スピーカーから出る音は音量調整機以外の要素の方が大きいので、私が口角に泡を飛ばしてみても始まりません。興味のある方は御自分の装置でお試し下さい。としか申しようがありません。

そのためにも、今日も構造についてレポートします。
DSC02749.jpg
1970年頃(未確認)の製造なので、板カーボン上を接点が擦動するタイプです。

これ以前のエックミラー製のモノに比べ幾つかの「改善=コストダウン」が見られますが、そこはさすがにドイツ人!
安かろう・悪かろうではなく、きちんと性能の向上を獲得しつつ生産性の向上を達成しています。

DSC02751.jpg
まずは、スライド機構ですが、
以前は精度の高い鉄製の丸棒を貫通させる形でツマミ、接点一式を動かしていましたが、上の通りボールベアリングに変えています。

コストの掛かる高精度の金属加工を捨て、ベアリングにした事で、多少ジョリジョリと妙な感触を残しますがフェーダーとして求められる、決めたいポジショニングに一発で決まることと、長期に渡る安定した動きを獲得しました。

また、稼動接点から導通を引き出す為のリボンには写真の通り、プラスチックのガイドを付けました。
これでリボン切れという最大の構造的弱点に一応の対策を講じました。
確かに、今回クリーニングをした際にも随分と気兼ねなくできましたから、強くなっているのでしょう。


今回求めた機種は W-66a-V というもので一般に流通しているW66とは若干異なるようです。(時代が遅いか)
DSC02748.jpg

さてさて、そうは申しても自宅の装置にはこれを付け替えただけなのでW-68との差を少し申し上げておきます。

一言で申すと、音場型のW-68に対して、音像型のW-66vとでも言いましょうか。
結構、微妙では無い差がありました。

最近随分とピアノに凝っていましたので、躊躇なくW-66vを選びました。
弦楽に関しても音そのものは軽い薄い板の感じを上手く表現してくれます。

ということで、ホール内の空気感とか距離感はW-68に一日の長があるようですが、今後の伸び代も期待してW-66v
採用」です。  今のところ  2つ半です。(堺 正章さん風に読んでください)

先日、ある人がエックミラーの60年代のものを欲しいと言われたのですが、高インピラインへ挿入すると仰るのです。
勿論、お止めましました。しかし、将来はLowインピでやりたいというのでお譲りしましたが、インピーダンスの事を(数字の持つ意味ということだけも)お解かりになっていないようでした。
私とて交流理論としてきちんと説明できるかと問われると尻込みをするところですが、せめて受け側は(少し)高めに受けてあげる。程度のお考えを持ち合わせてからオーディオを楽しまれるようにお願いいたしました。

米国のDavenと比べてどうか?とか英国の何と比べて良いか?
などと勘繰るよりも大切な事をお忘れになっていては、何時か飽きが来てしまうと言うもの。

末永くオーディオを友とするためにも、是非お気付き頂きたくと祈るばかりです。

ぷちっとひとつ
ご協力をお願いします。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
はじめまして。

すばらしい名器の数々、私も独物趣味を楽しんでおりますゆえ、時に溜息をつきながら、時に頷きながら楽しくブログを拝見しております。

フェーダーは私も似た類を使っておりますが、これらは入出力インピーダンスが規定されていますので、簡単にとったかえたで判断するのは危険ですね。

実は以前、某誌で小特集が組まれたとき、その内容が不正確きわまりなく、都市伝説の発生を懸念しましたので、雑誌社に注進申し上げたことがありました。

オームの法則、インピーダンスの説明は時に困難を伴いますが、問い合わせがきた場合、ほんらいの用途と正しい使い方などを説明するしかないかなあ、と思っております。

ブログ、ちょくちょくお邪魔させて頂きますが、どうぞよろしくおねがいします。
2010/01/25(月) 14:05 | URL | tetrode #mQop/nM.[ 編集]
tetrode様 (渋い名前ですねえー)

ご訪問ありがとうございます。
Dannerが安価に入手できるのは、世にその真価を判る人が少ない為で誠にありがたいことではあるんですが・・・
知り合いが暴走するのを見るのは辛いものがありますね。

ブログでは矛先を丸めながらなんとか伝えて行きたいと思いますが、間違っていたり、鈍すぎると感じたときは、是非鋭いツッコミでフォローをお願いします。
2010/01/25(月) 14:32 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/131-513a104e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)