音質に一番影響する、重要なコンポーネントは何か!? 

私がオーディオに興味を持ち始めた30年ほど前は、日本のオーディオ全体が成長期であったのでしょう。専門誌にはコンポーネントの買い揃え方や、使いこなし指南といった記事が沢山ありました。

さすがにもう、こんな事を言う人はほとんど居ないと思いますが、音質に一番影響を与えるコンポーネントは何か、というようなご信託が度々見られました。
大抵の記事では、購入時の金額や重要度の割合を、全体を100とした時に

スピーカー    50
アンプ       30
プレーヤその他 20
というような序列で書いてあり、また各メーカーの商品別価格構成も上の説を大きく逸脱しないものであったような気がします。
実際のところ、私も漠然とそんな感じに考えていたように思い起こされます。


昨夏のこと、「原点回帰 オーディオセッティング再入門」 佐藤浩義氏著 技術評論社刊
という本を見つけ、なんとなく懐かしい感じがして求めてみました。
DSC02810.jpg


この本の中の 第三部 第6章に コンポーネントの紹介 というパートがあります。
目次だけを見て「はい、はい。CDプレーヤーから順にコンポーネントの役割を説明するのね」と軽々に考えていましたら、
なんとそこには

①「人」となっているではありませんか!

これはまた・・・と読んで行くとさすがにオーディオ創世記の文章とは一味違うユニークな内容でした。(詳細は長くなりますので是非手にとって読んでみてください)
何を使っているかではなく、誰が使っているかで音が決まるという、不肖kaorin理論を後押ししてくれるものと嬉しくもありました。

二項目め以降も ②部屋 ③電気(商業AC電源の事など)④ソース(音源)ときて、やっと⑤にスピーカーが登場します。その後、アンプは⑨までその登場を待たなければなりません。

著者の方はその順列には、特別な重みがあるような書き方はされていないと思いますが、趣味としてのオーディオの構成要素(コンポーネント)を根元の方から単に書き綴っただけにしても、重要な示唆に富んでいる順番と言わざるを得ないように思えました。



また、自分のシステムについてはちょっと別の捉え方をしています。(「人」が一番なのは当然ですが、それでは話が終わっちゃうので、置いといて)

まず、自身で簡単にコントロールできない土地・家屋、商用電源は設備に分類しコンポーネントから除外です。
そして、当面変える心算も、経済的余裕もないスピーカーも同様に簡単には据え変えられない物として我が家では土地や家屋と同じ設備に分類しています。
その後は、スピーカーが決まればアンプもプレーヤーの決定も必然です。

スピーカーはアンプから来た以上の音は出せませんし、アンプはピックアップが拾った以上の音は増幅できません。
そして、どんなに優秀なプレーヤーでもレコードに入っている以上の音は拾えません。

以上から、私が一番音質に影響のあると考えているコンポーネントは・・・

「レコード(音源)」 です。

オーディオセットは完全無欠としてもレコードの100%しか再生できませんが、実際には何割かを聞いているだけです。

全ての音はレコードの中にあるんです。よく「力強いプレーヤ」とか「繊細なアンプ」なんて言われますが、機械の中ではワンフレーズどころか一音たりとも作り出していないのに変ですよね!
案外と、このことに気付いてらっしゃらない方が多いようで、コンポーネントの作り出す音の世界に浸かってると言うか・・・果ては、コードやオモリまで擬人化して、音楽創造活動をするアーティストのような扱いになっていて滑稽に映ります。


ウザったくも格言じみて 一句

最高の性能の機材を所有するオーディオマニアは、その機材の性能を発揮できる音源を持っていない。

最高の音質を持つレコードを所有するレコードコレクターは、その音質を引き出せる装置を持っていない。

結局、毎年 何千億というお金がこの業界を動いても、誰もいい音を聴いていない。

(一般論ですからね、オレは違う!ってねじ込まないで下さい)


このレコード1組は千金の価値があります。
Decca SXL-2170-1 La Boheme Serafin Tebaldi Bergonzi 当時のDeccaが経営難でコストダウンしやがったビニールポシェット入り。(何故か香水の匂いがする)演奏も良いが、録音はステージをまんま自宅へ移設したとしか思えない!
DSC02813.jpg

この世にこのボエームが一組しかなければ、スピーカーと引き換えでも手に入れるでしょう。
素晴らしいスピーカーはいくらでもありますから。

私を含め、現在95件のピュアオーディオ・ブログが参加している、ブログ村オーディオカテゴリーへのリンクです。
是非覗いてみてください。ウエスタンや自作アンプ、自作スピーカーの情報が盛りだくさんです。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
何を選ぶか、どう使うか、どう聴くか
何に価値を感じるか、全て人ですね
人の意識といってもいい
逆を言うと、自分の器以上のことは
できないということで
あまりムキになる必要も
ないのかもしれませんね
この趣味は。
2010/01/31(日) 01:51 | URL | hanamogera #-[ 編集]
hanamogeraさん こんばんは。

仰る通り自分の能力以上の音って出ないですよね。って記事を前に書きました。
もし、まだ読まれていないようでしたらよかったら読んでみてください。
http://kaorin27.blog67.fc2.com/blog-entry-88.html

そんなわけで、何にムキになるべきかというと自分の器を大きくすることしか無いんじゃないかと思いますね。
オーディオばっかり聞いてないで、道端の草花に美を見出すという・・・

時々、自分の音を聞いていて、おれってしょうもない奴だなあって思います。
2010/01/31(日) 03:28 | URL | kaorin27 #qJTEhbLw[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/137-5904b005
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)