スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Ortofonの謎 ステレオカートリッジとアーム

前回に引き続きOrtofonの謎ですが、はっきり申し上げて不明な部分が多く、仕方が無いのでいつもの通り現物に頼って、謎は深まるばかりとしておきましょう。

因みに、Ortofon社の沿革は色々な数字が出ていますが、Ortofon.JapanのHPに簡単にありましたので興味のある方は参照下さい。本国のHPの訳のようですから、これをもって正確なものとします。

さて、前回のまとめですが、
一般にコネクター形状◇が業務用で、□が民生用と言われていることに対して、SPU◇が無いのは変だ。
同社の資料には、SPUは業務用と明記されているのに??
というのが、本記事のテーマです。


資料によると1959年にSPUが発売されたとありますが、この当初から□であったように思います。
<現在、SPUの手持ちがありません。どなたかこれを裏付けるか、反証できるサンプルがありましたら教えて下さい>

しかし、これっておかしいですね。
ステレオレコードは1957年、遅くとも58年には市販されています。
Ortofonは今も、その当時もリーダーメーカーですから、メディアの発売に後塵を配したとは考え難いです。

そこで、以前入手し損ねた、「C-99」カートリッジのことを思い出しました。
SPUに先んじること僅か、2台のモノラルカートリッジを45度傾けて、ステレオ仕様としたモデルが有りました。
Ortofon_c99_13.jpg
Ortofon C-99  カンチレバーは明らかに「B-Type」の流用です。

きっと、レコードメーカーの動きに慌てて作ったんでしょうね。構造が構造ですから針圧も高く、当初から「これじゃあ、やばいけど、発表しなきゃしょうがないねえ」という感じだったんでしょうか。

この、シェルに注目下さい!!!
なんと「□」コネクターです。

ちゅうことは、1956、7年の時点で「□」が規格され、ステレオカートリッジは例外無く「□」を採用したと見ても大きな間違いではない様な気がしてきます。


前回の資料にあったように1955年頃以前は全てのアーム、カートリッジは◇(モノラルなので平行2ピン)でしたからステレオレコードのスタートとほぼ、時を同じくして「□」が出来たようです。

また、後にユニバーサルと呼ばれていることからも、それまで、各社バラバラだったコネクターの規格を統一するメーカー間の申し合わせのような力が働いていたようにも感じます。

画像 009
最初期の  RF-309 のコネクター  平行2ピン


さて、もう一つ忘れてはいけないのが、EMTを始めとする業務機に関してです。

EMTに例をとると、
EMT-927のプロトタイプと見ることのできる「R-80」は当初、「NeumnnのDZT」というターンオーバータイプのカートリッジと専用アームを採用していました。
(どうやら、Neumnnの出資者である、Telefunkenへの納品と関係があるようです。)

その後、Neumannの生産完了に伴い、Ortofonへ発注することになり、当時のカタログの中から「RF」を選んだようです。

このとき、ZDTのアームの有効長が297mmであった為、トッププレートのアームの穴を変更なしで使える「RF-297」を特注でオーダーしたと考えるのが自然なようです。
DSC00485.jpg
その時の、EMT R-80に付いていた RF-297  平行2ピン  バランスは30g カートリッジは「Type-BC」が付いていた。

後年、EMT-927にも見た目一緒のRF-297が付いていたけれど、そちらは◇4ピンで24g用。
これらを、混同している人多い、購入する時は気をつけてね。

DSC00669.jpg
こっちが、ステレオ用RF-297 TSDカートリッジ専用。


ただし、これはEMTの発注で作られたように言われていますが、特にEMTだけに供給されていたものではなく、Neumann製アームを使っていた他の業務用のメーカー、一例として「Lyric」の作った、正に世界最高の検聴用プレーヤーにも供給されています。

Lyricのトッププレートを録っっておいた写真が行方不明です。
見つけて貼っておきます。

モーターのメンテをスェーデンに送ったら・・・何年待たせるんだー!死んじゃうだろー。
このプレーヤーは2本アームが取り付け可能で、共に297mmの有効長です。


以上のように、現物からOrtofonのコネクターを検証すると・・・・


1955年頃まではカートリッジもアームも全て、◇(多くは平行2ピン。モノラルだから当然4ピンなんて発想なし!)

1957年以降、ステレオ時代到来&ユニバーサル規格の整備に従い・・・

この辺りから、Ortofonの自社ブランドで、販売するものは、「□」コネクター。

主に、業務関係などで、過去の設備を継続的に使わざるを得ない相手には、余計な設備投資を避けるため「◇」コネクター(と、針先までの距離もモノラル時代のを残して直ぐに差し替えが出来るように)を供給したと考えています。



最後に、では「SPU」はどうなったんだろう!と思いますが。

他社も含めて「□コネクター」のアームと組み合わせて、プロの現場で使ったこともあったでしょうが、放送局のスタジオ単位とかがせいぜいのような感じがします。

結局、プロの現場というのは変化を嫌う超々保守的な人類の集まりなので、新にユニバーサルのセットを採用するメーカーも現れず、しかし一方、一般家庭でレコード鑑賞の文化が定着してきた為に、ビジネスとしては充分採算が取れたでしょうから、無理にパイの小さな業務機へ参入する必要がなくなったんでしょうね。



私を含め、現在95件のピュアオーディオ・ブログが参加している、ブログ村オーディオカテゴリーへのリンクです。
是非覗いてみてください。ウエスタンや自作アンプ、自作スピーカーの情報が盛りだくさんです
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

同じく、現在315件のクラシック音楽ブログが参加しているリンクです。歴史的名盤から、ニューリリースの感想まで、私もレコード探しの参考にさせて頂いています。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


コメント
こんばんは。貴重なお話、ありがとうございます。

SPUの時代は、オルトフォン社に601というステレオアンプがありますね。モノの時代には?民生用のオルトフォン社のアンプ?
今は、多くの方が、モノのCタイプなど使われていますが、当時やはり、ほとんど業務用に使われていて、自社の家庭用はなかったと思われますが、、

デルフォンなどに、アンプ内臓のものがあるようでありますが、、、
オルトフォン社モノ時代に、もし民生用のアンプがあったら、、、ご存知でしたら、教えていただけたら、ありがたいです。
2010/03/24(水) 23:13 | URL | marco #MZf6kU0Y[ 編集]
marcoさん、こんばんは。

Ortofonのアンプについては、例のカッティングレースのドライブアンプ(モノとステレオ有)以外は見たことがあるだけで、情報がありませんで、失礼します。

カート⇔プリ パワー⇔スピーカー理論の私としてはOrtofon同士の組み合わせは中々魅力的ですけどね。
業界内の慣例(商道徳上)ではっきりとは書けませんが、Ortofonアンプと同等の物は探すとあるような気もします。
2010/03/26(金) 00:22 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
こんにちは、

今ヤフーにESLの◇シェルが出ています。
http://page22.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/l25645643
これはどう考えたらいいんでしょうね。
2010/04/09(金) 08:28 | URL | ibotarow #RADkDB6k[ 編集]
こんにちは、

貴重な発見ありがとうございます。
ESLですね。この会社とOrtofonの関係はどんな感じだったのでしょうね。
現地法人なのか、代理店だったのか?
アメリカ市場は特殊形がありますね、EMTはMM用EQ等を特製し、Neumannの代理店のGothamも多くの自主制作品を企画して自社のリストを補完していたようです。

今回のアームとシェルもESLの製作と思いますが、如何でしょう。
あるクライアントの注文で既存の設備のリプレイスメントの為に作られた可能性もあるでしょうか?
シェルの形状はマイクロトラック等のものと近いような感じですか。ブランドは多かりき、OEM元は少なしってことでしょうか?

当たり前ですが、想像ばかりでお恥ずかしい話になってしまいました。
2010/04/09(金) 11:54 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
「ESL」は、ステレオレコード黎明期に、オルトフォンがアメリカで使っていたブランド名であったと、山中敬三氏が1978年頃のステレオサウンドで発言していました。
2010/08/22(日) 01:57 | URL | SHIDA #-[ 編集]
SHIDAさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

うーん・・・一言で言うと「米国向けブランド名」と言えるかも知れませんが、それにしては奇妙な面が多いと思うのですよ。

米国内で販売されたOrtofonの全てがESLならば、中古市場でもっと沢山出てもよさそうですし。
本国では見かけないESL企画の品(上でibotarouさんが探してくれた物など)は、どう見ても米国内の生産のようですし。ごっつい感じのアームなどありますよね。


それらを鑑みると、資本を受けた現地法人のような感覚が近いのかなとも思っています。

カメラの世界で言えば、カナダ・ライツが丁度同じような活動をしていたのを思い起されます。
2010/08/22(日) 02:30 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
カメラについては、アナログディスク関連より深入りしましたので、「カナダ・ライツ」のたとえ、非常にわかりやすい表現ですね。
あれから手元にある資料をみたところ、藤岡誠氏が1990年代に、ESL-99,100についてアメリカの某販売店向けのOEM製品と表現している文章がありました。
2010/08/22(日) 12:06 | URL | SHIDA #-[ 編集]
今晩わぁ 初めまして 目から鱗でした。こう言う処に着目されているとは 素晴らしい研究で御座います! 有難う御座いました。
2012/01/05(木) 19:38 | URL | U.N.C.L.E.George #-[ 編集]
U.N.C.L.E.Georgeさん。こんばんは。コメントありがとうございます。

さらに、お褒め頂いても、研究だなんて程のことも無く恐縮します。
古い機材を眺め廻していると不思議な事が沢山あって妄想のネタに
事欠きません。
必ず、例外とか反証の品があるのですがSPUは中々◇を見かけませんね。

また、何時でもお寄り下さい。
2012/01/07(土) 00:00 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/164-d0595b3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。