スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


信州だから、蕎麦の話なども書いてみる

長野県民というより、信州人の方がいいですね。

信州人だからといって全ての人が蕎麦好きという訳でもありませんが、私はというと、口当たりの良い蕎麦好きと公言して憚りません。
特に営業職の時代は、自動車で県内のあちこちに行き、ご当地の蕎麦を頂くことを楽しみにしておりました。

蕎麦の味については、10月後半から年内くらいまで、新蕎麦の地粉(当地で収穫したそば粉)を使える間は大抵の店で美味しい蕎麦が食べれます。
問題は、これからの夏場から秋口にかけて、粉の味が落ちる時期にも美味しいお蕎麦を提供するお店が「技量優なる」と思っています。


初めて本当にンマイ!と思った蕎麦屋は、もう既にありません。
長野オリムピックに伴う道路の拡張で閉店してしまいました、黒姫駅前の「かどや」さんでした。

昼にもり蕎麦を1枚頂いて、夕食の頃まで、自分の頭の周りをほのかな蕎麦の香りが漂っていたほどの絶品でした。
それを食べて以降、私の中での蕎麦に対する基準が出来上がりました。

いくら信州と言っても、そんな感動を受けるお蕎麦屋さんに出会うことは稀なことです。(特に夏場は)
ですので、自分の紹介基準としては、夏場でも美味しく頂ける「蕎麦を打つのが上手なお蕎麦屋さんだなあ!」と感じたお店になります。


第一回目の今日は、自宅から車で2分弱の場所にある(歩いていけよ!と言われそう)めん処 「やま富」さんです。
PICT0007p_convert_20100601133225.jpg


外見は、ちょっと昔めの普通の民家です。
今ほど食べて来ました。 家を出てから帰宅までの所要時間20分程度で、正にファーストフードの面目躍如でした。


もり蕎麦は550円と標準的な価格設定。
これに、いつもの、天ぷら3品 350円を足して頂きます。
PICT0011l_convert_20100601133911.jpg

建物からして、器までも、華美なところは一切ありません。

この天ぷらは、内容が決まってなく、季節に応じて変わります。今日はニンジンの掻き揚げ、信州えのき、時期的には名残りの「コシアブラ」でした。

僕は高名な「タラノメ」よりこの「コシアブラ」寄りですから、不満はありません。
夏になれば、天ぷらに最適な夏野菜が付きます。

蕎麦自体はかなり細打ちの更科流というのでしょうか?
PICT0014p_convert_20100601133329.jpg


この蕎麦の美点は
① 〆の水が死ぬほど冷たい
② 細いのに強靭な腰がある。
③ つゆはかなり辛口、あっさり、かつお中心。 なところだと思います。

香りで勝負と言うよりは、喉越し勝負って感じですね。
でも、冬の間は十分香り高いそばですが、やはり全体的には更科方向と言えましょう。
同じ傾向の蕎麦としては、松本IC近くの有名店「Kさん」より上手ではないかと思っています。

また、わさびも、安曇野の生おろしのようです。
今日は見事に「アタリ」の日でした。
わさびも新鮮で質が良いと、「ダイコンおろし」のような、野菜感と甘みがあるんですよね。

ただし、これは生ものですから、日によって状況は変わります。


よって、本日のやま富  星 ふたつ半ですーーー!
(蕎麦は十二分に美味しいです。個人的に更科系より田舎そばが好きというだけです)



私を含め、現在95件のピュアオーディオ・ブログが参加している、ブログ村オーディオカテゴリーへのリンクです。
是非覗いてみてください。ウエスタンや自作アンプ、自作スピーカーの情報が盛りだくさんです
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

同じく、現在315件のクラシック音楽ブログが参加しているリンクです。歴史的名盤から、ニューリリースの感想まで、私もレコード探しの参考にさせて頂いています。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
小生の大好きなグルメ情報、期待してます。こちも蕎麦屋はいっぱいソバにm(__)mあってそれぞれ味が違い、どれがうまいか小生にはよく解らなかったのですが、この記事の判断材料はとても参考になりました。最近は「大梅」に嵌まっています。
2010/06/02(水) 09:40 | URL | kunitan #SFo5/nok[ 編集]
こんにちは。

そうなんです、中部の方が美味しい蕎麦やさんが多いのではないかと、実は勘繰っています。
「大梅」さんですか、未体験です。是非行ってみたいと思います。
グルメKunitanさんの情報これからもお待ちしています。
2010/06/03(木) 16:28 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/193-f7b89a47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。