日本て良い国だよねと、思った瞬間

昨日は「文化の日」、一日ゆっくり過ごす事ができた。この日に合わせてTV局も文化の香り高いプログラムを用意していたようで、久しぶりにたっぷりTVを楽しむことができた。

その中でも、NHK-BSで放送された「シリーズ 正倉院 宝物が語る平城京」は大変興味深く見せて頂いた。
紹介される宝物の素晴らしさと共に、宝物に纏わった人々の抗争、情念や趨勢が語られ、実に文化の日らしい良い時間だったと思う。


一夜明けて、本日11月4日はエジプト考古学史上最大の発見とされる「ツタンカーメン王」の陵墓が発見された日らしい。
朝の情報番組で紹介されていた。

その番組を見ていて、ひどく考えさせられてしまった。
というのも、ツタンカーメンが埋葬されていた通称「王家の谷」一帯は、沢山の王族の墓があるのだがその殆どが盗掘被害を受けており、1920年代の当時で既に、残された墓は無いと言われていたらしい。
そんなエジプトで、ツタンカーメンの墓が手付かずのまま発見されたために、副葬品の価値も含めて大発見と言われたそうだ。

800PX-+1_convert_20101104151044.jpg


多くの方は、修学旅行などで正倉院を一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか?
私も中学の時に見た記憶が甦りました。

なんともあっさりと、人々が行き交えそうな場所に木造の倉が立っているという風情ではないですか!?
しかもホンの50年前まで、宝物はあの倉の中で実際に保管されていたそうです。

それなのに、国宝級*の品々や世界で唯一と言った希少な物が沢山(宮内庁が整理済みの物だけで9000点ほど)残っているのです。
少し信じられないような気持ちになり、NETで簡単に調べてみました。

(注* 宮内庁管理の皇室ご使用の宝物は一般的な文化財保護法の指定する国宝、重文とは区別されており、正倉院宝物類は一つとして国宝などの指定対象にはなっていないようです。建物自体は世界遺産登録に際して国宝指定された。)


すると、さすがに過去に何度か盗賊に入られたこともあり、また心無い人による窃盗などもあったらしいのですが、根幹を揺るがすほどの被害にはあっていません。
また、火災や兵火で東大寺の大仏は焼け落ちていますが、院はそのような天災、人災からも逃れて今日に伝わっているのです。

翻って、エジプトの陵墓は巧妙に盗賊回避のトラップが仕掛けられているにも係わらずの災難続きです。
勿論、日本でも前方後円墳などでも盗掘の跡は見つかっています。
しかし、質、量共に国内最大級の宝物殿であろう正倉院の無警戒ぶりと、それに反しての宝物の残存数は驚愕に値するのではないでしょうか。


電車やバスの乗り降りが整然となされ、350円のアイスクリームを買うのにも粛々と行列を作る。地球上でも類稀な資質を持った日本人と日本国。
正倉院の溢れんばかりの宝物を現代に見るとき、この国に生まれた幸せを思うばかりです。


その中でも象徴的な宝物を見つけました。

800px-RanJyaTai_Shosoin_convert_20101104151012.jpg蘭奢待 (ランジャタイ)
天下第一といわれる 香木の王様です。


この香木はこれまでに 足利義満、織田信長など時の権力者の手によって、50回程度切り取られた跡があるそうです。

香道に使うので一回の使用量は数ミリ四方で済みますから、写真のテープの場所のように僅かづつ切り取ったのでしょう。

そして、なにより敬服したのは、
それぞれ時代の天下人でさえ、蘭奢待自体を我が物にすることなく、使用後はそっと正倉院に返していることですね。

これほどの徳を持った日本が今は苦しんでいます。
一日も早い再生を願って止みません。


本日の記事中、写真と史実関係はWikipediaに拠ります。
また、宮内庁製作による正倉院のホームページでは宝物類の写真を閲覧できます。



私を含め、現在95件のピュアオーディオ・ブログが参加している、ブログ村オーディオカテゴリーへのリンクです。
是非覗いてみてください。ウエスタンや自作アンプ、自作スピーカーの情報が盛りだくさんです
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

同じく、現在315件のクラシック音楽ブログが参加しているリンクです。歴史的名盤から、ニューリリースの感想まで、私もレコード探しの参考にさせて頂いています。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/216-6f4128e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)