マッキントッシュ MC240 メンテ その2

前回に続き、MC240のメンテナンスの2回目です。

*******************  前回のあらすじ  ****************

当面、ノイズとゲイン不足の原因を解決しなければなりません。
そのため、怪しいと踏んだ電源回路の大容量コンデンサーを調査したところ、予想通り容量抜けを発見しました。

コンデンサーの容量が抜けているのだから、交換をすれば良いのは当然ですが、そこが当然に行かないのがヴィンテージの辛いところで交換をするべき純正部品はとうの昔に生産完了と相成っております。

+++++++++++++++++++ 今回のお話   ++++++++++++++++++

ご年配の好事家の方はご記憶のある向きもございましょうが、かつて伊藤喜多男翁はその晩年において無線と実験「MJ誌」に「キタオのたわごと」というエッセイを寄稿されていました。

そのある回に、「修理と復元」という主旨の文章を書かれていた事を覚えています。

すなわち、
私は古い機械が壊れたからと言って、機能的に同じ部品を置き換えて、音が出たと喜ぶことは出来ない。
不具合のある部品に同じ物がなければ、同時代の同じ意図を持ち、プロポーションを保持できる部品を探し回るしか能が無い。
実際、ソケット一つを探して何日も秋葉原を歩き回る事もある。

というようなことを申されておりました。

また、特殊コネクターの業務用アンプだからといってRCA端子を付けるために無闇にシャーシに穴を空けては遺憾。とか、
古いハーネスは可能な限り利用して用いる等、現在に至る私の基礎となる心構えを説いて下さいました。

そして、その文の最期は「自分は修理は出来ないが、復元はする。膨大な時間と費用が掛かることを納得いただいてから引き受ける」と結んでおりました。

(注)何分古い本故、出典の確認ができず、また記憶も古いので細かい表現の差異はご容赦頂き、主旨をお汲み取り下さい。


勿論、私如きに膨大な時間も費用も出してくれる人は一人としておりませんが、自分自身の機械であれ他人様のをお預かりするにしろ、伊藤翁の精神を守る気持ちだけは人一倍と念じております。



さて、言い訳が長くなりましたが、
往時のアメリカ製ブロック電解コンデンサーが必要になります。
その取り付け方式はツイストロックという古典的なもので、この取り付けパーツを生かしたまま部品交換を完了するのが最大のヤマ場だと当初から睨んでおりました。
DSC03297.jpgツイストロックで取り付けられたコンデンサーの様子。

しかし、表の市場には450v以上の高圧に耐えるOLDブロックコンデンサーの物流は枯渇したようにも思えます。



古くからの知人で以前は電気業をされていた大先輩のお宅にアメリカ製のコンデンサーがダンボールに入ったまま相当数保管されているのを私は覚えていたのです。
今回、それをアテに出来るだろうという読みがあったことが、このMC240のメンテをお引き受けできた最大の理由でもあります。

途中で菓子折りを買って何年か振りにお邪魔しました。
そして、山を掻き分け所要のコンデンサー(代替可能な)の発掘に成功したのです。

6.jpg
下段が奪取したコンデンサー。
上段が新品で入手したヴィンテージ・マロリー(元箱)

10年前までは、アキバで幾らでも買えたんですよねえ。多分、当時のままの金額で譲ってもらいました。


こうして、無事3本のブロックコンデンサーの交換を完了しました。
5.jpg
右端のプラス側のコンデンサーを覆っている絶縁紙バンドも、慎重に脱がして新品のコンデンサーに着せました。

若干背が低くなっておりますが、容量的にも音味も見た目にも違和感なく組みあがったように思います。

最新の部品を使えば、いわゆる「良い音」になるのでしょうかねえ?

しかし、とみに最近「良い音」ってどこにあるんだろう???と疑問に思っているんですよねえ。
オーディオ的要素が向上した音は、本当に「良い音」なのかしら?
もしかしたら、ひどい勘違いをしてるんじゃないかってね。



さて、余計な悩みは置いておいて・・・
幾つかの主要パーツに劣化の無いことを確認して第一回目の火入れを行いました。

見事に電圧は戻り、音楽の再生も合格です。

このまま、2、3日通電した後、各パーツの検査を行う事にします。




私を含め、現在95件のピュアオーディオ・ブログが参加している、ブログ村オーディオカテゴリーへのリンクです。
是非覗いてみてください。ウエスタンや自作アンプ、自作スピーカーの情報が盛りだくさんです
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

同じく、現在315件のクラシック音楽ブログが参加しているリンクです。歴史的名盤から、ニューリリースの感想まで、私もレコード探しの参考にさせて頂いています。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


コメント
こんばんは~。

純正の電解コンデンサーが入手出来ましたか素晴らしい!
やはり都会でないとそんな部品を扱って居た!とか
しているお店が無いでしょうね

此れで、そのアンプのオーナーさんも喜ばれるでしょうね(^_-)-☆
2011/02/14(月) 20:54 | URL | altum #VQ8ezY4k[ 編集]
altumさん、こんばんは

純正はコーネル社の物で今回発掘したマロリーとは違うのですが、
まあ、同級生ってくらいは言えるのかと勘弁願いました。

都会ってことは無いんですよ。信州の片田舎です。
多分都会では、以前は在庫もあったんでしょうが欲しい人も多いので
無くなるのは早いと思います。

ちょうど、田舎のおもちゃ屋さんでブリキのおもちゃやホウロウの看板
を発掘する感じで上手く行きました。
2011/02/14(月) 21:27 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
こんばんは

本当に高い志で修理をして頂けたんですね。
こちらは軽い気持ちでお願いしてしまって
申し訳なく感じています。
でも内心良かったーとも思っています。

また続編もよろしくお願いします。
2011/02/14(月) 23:31 | URL | メタボパパ #-[ 編集]
コメントありがとうございます。

高い精神はキタオ先生のものですから・・・
私としては、このまま他の箇所に不具合が出ないことを今は祈るばかりです。
2011/02/15(火) 20:54 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/238-efe59e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)