幾つかの事柄  その後について

これまで記事にした中で、その後の経過を一括で書きます。


Ⅰ:スカイライン風QRD拡散板

QRDの試作品を作り聴いてみたところ、響きが多すぎて&高音が丸くなるという現象を確認しました。

これは、全く笑っちゃうんですが、
QRDの有る無しを別にしても、左側の音圧が落ちていると感じていました。大捜索を開始しその果てにスピーカーの励磁電源の電圧が(左側だけ)数%落ちているのを突き止めました。

対策は新品の整流管を差し替えて事なきを得たのです。しかし、少し驚いた事実を見つけました。

励磁電圧を測っていると、時間の経過と供にコイルの温度が上昇して電圧もあがります。
電源投入直後に203vほどで、3時間近く後には217vまで上がります。
これ自体は当然のことでしょうが、その間に磁束密度が変化するのか、高域のエネルギー感が変わります。

217vまで上がると、腰の強い強力な高域に変貌します。このときにQRDがあった方が聴き易いと感じる事もあるのです。

時間の経過によってアクセサリーの評価が一変してしまうのです。
毎度の事ですが、短時間の試聴や評価付けの怖さを知った次第です。

02_convert_20110221111657.jpg

Ⅱ:マッキンMC240のメンテ

出力端子のバリアターミナルが割れており、場合によってはショートの危機がありました。
幸い交換部品が現在でも入手可能なので、これを交換しました。
11交換の途中、片方取り外しました。
右側が以前の部品です。バリアがなくなっている様子をご覧頂けると思います。
12p以って、両方の端子を交換しました。

さて、この作業中に電源のサーミスタ(負の温度特性を持つ一種の温度センサー型可変抵抗。半導体整流のアンプでも整流管のようにスロースタートができる)が割れかけているのを発見しました。
交換は必須と言いたい部品ですが、つい見落としがちな箇所でもあります。

そこから、交換部品を探すのですが現在の市場では基盤付け用の小電流タイプが多く、3A以上流せる物を探すのには骨が折れました。
前職の時代に付き合いのあった商社に相談した処、イギリスでは扱いがあると・・・!?
で、探してもらったら国内に在庫がありました。

1000個単位の受注は勘弁してもらって、数個を譲ってもらいました。 ホッ
13ちょっと触っただけで、ポロッと取れたサーミスタ。
同時期のマッキンアンプでプレート電圧が低くなってきたら交換の必要アリです。




私を含め、現在95件のピュアオーディオ・ブログが参加している、ブログ村オーディオカテゴリーへのリンクです。
是非覗いてみてください。ウエスタンや自作アンプ、自作スピーカーの情報が盛りだくさんです
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

同じく、現在315件のクラシック音楽ブログが参加しているリンクです。歴史的名盤から、ニューリリースの感想まで、私もレコード探しの参考にさせて頂いています。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


コメント
こんばんは~。

特殊な部品で輸入品は面倒ですね!
特に数が纏まらないと商社も輸入してくれないのでしょうね(^_-)-☆
2011/02/28(月) 18:50 | URL | altum #VQ8ezY4k[ 編集]
altumさん、こんばんは。

今回はラッキーでした。

大電流の部品や高圧のコンデンサー等も真空管アンプ作りの部品はドンドン肩身が狭くなっていますね。
2011/02/28(月) 20:23 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
こんばんは

マッキントッシュMC240が無事に届きました。
本当にありがとうございました。
勝手ながら、kaorin27さんのお宅で撮らせて頂いた
写真や記事をブログに載せました。
事後報告で申し訳ございません。
明日以降も載せちゃいます。
2011/03/10(木) 22:08 | URL | メタボパパ #-[ 編集]
素敵なご報告ありがとうございます。

良く書かれすぎなのが玉にキズですが・・・
さて、昨日からの地震にはそちらもご無事でしたでしょうか。

また元気にお会いできる事を祈念しております。
2011/03/12(土) 22:17 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/248-bbd022f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)