スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんなの使っています(音量調節器)

比較的(我が家ではという意味です)新しいソースをコントロールするDannarは2種類です。
画像 023

左がCDとTSD-15を用いたステレオ時に使っている
Gotham(アメリカの商社でNeumann等の機材を米国で展開していた)が販売していたDannar

右がEckmillerのW68です。
いずれも600Ωの受け渡しを行うT-padのバランス型です。

箱は暇になった昨年の暮れにしこしこ手作りしました。上に写っているTSD用EQアンプとセットできるようにしています。SIEMENSのLogoや電圧計、銘板なんかは他の機材からの移植です。
スポンサーサイト


コメント
かめきちさん。
ご訪問ありがとうございます。
直接返信する方法が良く判らないので、こちらへ書き込みます。
伊藤翁はかつて静岡のオリオン座(でしたっけ?)の2040システムをメンテナンスした思い出を感慨深く著書に書かれておりましたね。
私は英国の物はLowtherとVitavoxを使った経験がありますが、WE・Londonはまだ使ったことがありません。まだ見ぬ乙女への憧れが残りますね。
2009/01/20(火) 15:03 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/25-fe892df3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。