スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


地震災害に思うこと

特に東北地方における被害の大きさは、現状が明らかになり驚きを隠し切れないものでありました。
重ねて被災された皆様により大きな救助の手が差し伸べられることと、携わる皆様の安全をお祈りいたします。

一個人としてできる事は少ないのですが、出来ることや気がついた事などを書き留めておきたいと思います。


私達にできる援助について
私は日赤の義援金受付と、長野県北部にも別の地震被害にあったので、こちらへの分として地元紙の「信濃毎日新聞」が主催する義援金にも寄せます。

義援金や募金については、後々会計報告がなされ「いくら集まって、何処へ渡したか」が明示される処、自治体や日本赤十字やNHKなどへ託して頂きたいと考えます。
募金をした者には、そのお金がどう使われたかを検証する権利と義務があると思っています。


援助の内容について
私は先の中越大地震の際に微力ながら手助けに行った経験から、義援金(現金)で送りたいと思っています。

全国から送られてくる援助物資を振り分ける手間は送り側の想像をはるかに超える量であり、また、毛布や古着などは少なくない量を焼却処分にせざるを得ないのが現実です。莫大な人手と資金を投じて保管したり焼却しています。

折角の気持ちのはずが仇となり、返って人命救助などに向けられる作業量を落とさないようにする為です。

その他
民法各社は何故このような大惨事に際してもワイドショー気分の番組作りしか出来ないのでしょうか?

悲惨な映像をこぞって繰り返し流し、ヘリコプターを飛ばして生存者発見の邪魔をする。
ご家族を亡くした遺族に「どんな気分ですか?」とインタビューして誰が、何を得るのかを考えていただきたい。



さて、私の周りでは昨日全員の帰宅が確認され一息をつけたところです。
金曜日以降とても音楽を聴く気分になれずにいましたが、昨晩は久しぶりにレコードに針を下ろしました。

さて、何を聴きたいか?自分の胸に問うたところ、これを選びました。
DSC03397.jpgアマデウス・カルテットのベートーヴェン弦楽四重奏曲 全集から 後期作品集

DSC03393.jpg作品132番  第3楽章 Molto Adagio 「病より癒えたる者の神への聖なる感謝の気持ち」と作曲者自身が書き込みを加えている。


この曲は古今の名曲の一つで、今回のような状況でなくとも涙無しには聴けない曲ではありますが。
より感傷的になってしまうのは仕方の無いことかと思います。

しかし、聴き進めていく内にある事に気付きました。

始めは及ばずながら、各地で大変な状況になっている方々の事を思って選んだ曲でした。
しかし、誰かの為に代わって音楽を聴くなんてかっこうをつけたって、そんな神のような行為はできっこないんですね。

同胞の苦しんでいる様子を知って、悲痛な思いになった私自身の気持ちを慰謝する以外に道はなかったのです。

私達が出来ることをする。
一刻も早く、被災した方々に笑顔が戻り、音楽を楽しめるような平安が取り戻せるように・・・

今はそれしかないのですね。






私を含め、現在95件のピュアオーディオ・ブログが参加している、ブログ村オーディオカテゴリーへのリンクです。
是非覗いてみてください。ウエスタンや自作アンプ、自作スピーカーの情報が盛りだくさんです
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

同じく、現在315件のクラシック音楽ブログが参加しているリンクです。歴史的名盤から、ニューリリースの感想まで、私もレコード探しの参考にさせて頂いています。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/252-98fce1df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。