スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


NF型EQ 勉強のやり直し

さて、やっとの想いで音出しにこぎ着けたEMT-139ですが、繋いですぐに「良い音」と行くはずもなく迷路に入り込んでしまったかのような1日を過ごしました。

原因はなんとか分かったのですが、それは後にして、まずは迷路った原因の一つです。

EMT139Aの回路図として比較的入手しやすい図面のEQ素子の部分の拡大図です。私の持つ旧型とは少し異なっています。
PICT0017.jpg

実は、この図面はかなり後期の139A又はB時代の改変後では無いかと思われます。セレクターの一番上がRIAAになっていることからも1958年頃のRIAA統一後に変更されたのだと考えられます。
更に下ったステレオ時代の139stでは(値は違いますが)ほぼこの回路と同等な使い方をしています。

実機の回路をいくら追っても、行き詰ってしまうので、今後の為にもとりあえず、同じ部分だけを書き換えておきます。

PICT0019.jpg

記入した各素子の値は「NARTBカーヴ」=139のオリジナル回路の物ですからお気をつけ下さい。
このままでは高音側が低くなってRIAA再生ができません。

<参考>
RIAA 高音側の T1=75μSec     
NARTB       100μSec  
20kHzで約2dB違う

低音側の係数は同じ


さてさて、今回の目的は正にこの回路をRIAAに差し替える事です。

ひと目見て、上の回路中4150pFのコンデンサを変えて、32kとかけて75の値を探すと良いハズです。

32kx2200p=70.4

まあ、昨日も書いたようにコンデンサの値は少々上へずれるからこれで充分実用でしょう。

一件落着! ここまでが昨日の記事で報告した部分です。



ところが、話はそんなに簡単ではなかったのです。
つまり、僕が基本を忘れて、自分に都合よく進めていただけで、実際の回路はRIAAカーヴ通りに降りていってくれていませんでした。


以前にご紹介した、CR型EQは、高音側・低音側の素子は独立して働くので、それぞれかけ算した素子を挿入すればよかったのですが、NF型はご覧の通りシリーズで2列作った回路を本線に挿入しているので合成抵抗値とか合成容量値を計算しなければいけなかったのですね。

互いに影響し合うとでも言うのでしょうか?一つのコンデンサを変えて良しではなかったのです。
そこで、参考書を引っ張り出して、一から勉強のし直しをしました。

しかし、何時も思うのですが、この電子回路とか理論てのは正しい手法を見つけるとキチンとたどり着くのですねえ。
この達成感は算数独特の感覚だと思いますし、ハマル人がいるのも判ります。


まあこんなことは自作アンプをされている方からみれば当たり前のことです。
しかし、古い機械の修理ばかりしていた私は、そんな基本的なことも疎かにしてきたのです。何分NFの無い時代のアンプが多かったりしましたので。


改装中の写真を1枚撮って見ました。
PICT0016.jpg

まだまだ困難は続くのですが、長くなりますのでそれは次回に。





私を含め、現在95件のピュアオーディオ・ブログが参加している、ブログ村オーディオカテゴリーへのリンクです。
是非覗いてみてください。ウエスタンや自作アンプ、自作スピーカーの情報が盛りだくさんです
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

同じく、現在315件のクラシック音楽ブログが参加しているリンクです。歴史的名盤から、ニューリリースの感想まで、私もレコード探しの参考にさせて頂いています。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村




スポンサーサイト


コメント
こんばんは

自作をした経験もなく、回路図を見てもちんぷんかんぷん
なのですが、RIAAカーブにするのにもっと複雑な回路
で構成されているのかと思っていました。
でも、それだけに部品のバラツキを揃えたり、素材を吟味
する必要があるのでしょうね。
2011/07/18(月) 21:31 | URL | メタボパパ #-[ 編集]
”電子回路とか理論てのは正しい手法を見つけると
キチンとたどり着く”


この辺りの感覚(達成感)は容易に想像出来るけど
文科系オーディオ(有り体に言えば機械/電気音痴)
の具現者たるボクの場合、精々ジグゾーパズルレベル
でしか実現出来ない(汗)
2011/07/19(火) 10:40 | URL | woo #-[ 編集]
メタボパパさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

確かにそうですよね、僕も最初に見たときに凄くそう感じました。
有名なマランツ#7等はもう少し部品が多いのですがカーヴを
より正確に出したり、安定化のためで
必要な特性を得るには4つの部品で事足りるようです。
スピーカーのネットワークも同じ理屈ですから単純なものですね。

以前に話題になったCRの共振でオーディオは作られている。ことの
代表的な例になるのでしょうね。
2011/07/19(火) 13:23 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
wooさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

こちらでは深夜番組で、マス北野(ビートたけしさん)と学生さんが
難しい数学の問題に挑戦するというTV番組がありまして、解答が出た
ときの晴れやかな顔が印象的でこの文をインスパイアされました。

文系、オーディオ的には、ズバリの音が出たときにアドレナリンだか
ドーパミンがでて、ゾクッとくるのも同じ感じではないでしょうか。
女性が買い物をした時も多分同じでしょうね、くわばらくわばら・・・です。
2011/07/19(火) 13:32 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
文系オーディオに着いては仰せの通りで”ゾクッ”で
取り敢えず完結する訳ですが、奥様初め女性の場合は
アドレナリンが流れ続け、絶対に完結しないのです(恐)

まあ、長い目で見ればどっちもどっちか(爆)
2011/07/19(火) 18:16 | URL | woo #-[ 編集]
まあ、どっちもどっちでしょうね。

皆さんのお話を聞いても、男衆も「完結」は一瞬だけで
「アガリ」にはほど遠いようですしね(笑)
2011/07/21(木) 00:03 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/284-22376c26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。