音は変わるんだけれど・・・ 

まずは昔、むかしのお話。

あるオーディオマニアのお宅へ伺ったときのこと。
英国製の優雅なヴィンテージスピーカー(大きめのブックシェルフ)だったと思う。

ふと足元を見ると「ブロック」「木」「金属」「10円玉」のように異種材料を組み合わせて高さを出していた。

私「こんなに種類が多いと、色々な素材の音が乗ってやかましくありませんか?」

氏「絶妙に凸凹を補い合って、ピッタリって事もあるかも」

現代のオーディオしか知らない人には、なんだか禅問答のように聞こえるかも知れませんね。

でも、少し前まではスピーカーの下には塀に使うブロックを敷いて使うなんてのも当たり前な時代だったのです。
現代のように、多用な素材、形状のインシュレーターは存在しなかったし、何より下に敷く物でそれ程音が変わるなんて常識が無かった、少なくとも認識が極端に薄かったと言っても良いでしょう。

増してや、家庭の音を測定するなんて夢のまた夢で、耳を頼りに当るも八卦、当らぬも八卦とばかりに「感覚のオーディオ」を楽しんでいた訳です。



さて、プレーヤーの下に何を敷くべきか。・・・・同じスピーカーが全く別の音に聞こえる程の違いなので、久々に身動きが取れないほどでした。まあ、余りに重いので何度も動かせないから、色々と実験できないのがツライ。

1.インシュ直置き

  ピアノの右手はビックリするほど開放的に伸びるようになった。
 しかし、左手が絶望的。緩過ぎるし、量感も足りない。
 もしかしたら、これが真っ当な音なのかもしれない。ホールではこの感じなのかも、しかしオーディオ的には魅力に著しく欠けることは間違いない。


2.御影石にインシュを直置き (以前は薄い高分子ポリマーを挟んでいた)

  ピアノの左手は再生音で聴いた中ではこれ以上の物は中々無いかもしれない。
 しかし、今度は右手が絶望的。 
 伸びが無いし、歪成分を感じる。(ポリマーを挟んでいた時には感じなかった)
 
 オーディオ的にはこの方向で魅力はあるけれど、本当にコンサートではこのように聴こえるのだろうか?
 やっぱり疑問は残る。




そして今日、というか今夜(涙)

3.御影石に厚さ3mmのヒノキ材を挟んでインシュを置く

PICT0026.jpg外側はかっこ悪いのでマジックで黒く塗った。
内側に白っぽく見えるところに木材を挟んでいます。

今夜も遅い時間なのでこっそりと音出し。
まあ、ちゃんと音が出るかの確認だけでした。


結局これってさ、各アクセメーカーの出しているハイブリットとか複合素材型インシュってことだよねえ。
記事の最初に紹介した先輩と「結果的には」やってることは同じと言うか、世の中は変わっても人間が判断する本質は変わりないってことだなあ。

で、現代に生きる身としては、インシュの素材を増やしても「良いとこ取り」が出来ないことくらいはもう判っていると。
1番目と2番目の中間的な音になりそうだと言う印象です。(こっそり聴いた限りでは)

恐らく、挟む板の材料や厚みで1番寄りか2番寄りかに振られるんだろう。


ホントにもう、何をどうやっても音は変わるんですが、どれをもって良しとするかは、音とは別の次元で自分の音楽的素養とかセンスを問われているようで簡単には答えが出ないやね。(で、いつも半年とか一年かかり)

でも、何れどれかに決めなきゃ音は出ないから 出てくる音は正に「音は人也」ってことになるんでしょうね。セスジが伸びるわ、こりゃ。





私を含め、現在95件のピュアオーディオ・ブログが参加している、ブログ村オーディオカテゴリーへのリンクです。
是非覗いてみてください。ウエスタンや自作アンプ、自作スピーカーの情報が盛りだくさんです
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

同じく、現在315件のクラシック音楽ブログが参加しているリンクです。歴史的名盤から、ニューリリースの感想まで、私もレコード探しの参考にさせて頂いています。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村




スポンサーサイト


コメント
CDだけ聴いてた頃は結構インシュも拘って手を
入れてたんですが、アナログもやる様になって
機器の数が増えたために手抜き状態(汗)

まあ、アナログプレーヤーの水平位は流石に
キチンと出してますが、リジッドタイプ?
なのでインシュは特に使ってません^^;;

仰せの通り手を入れれば何らかの効果(変化)
が出るのが悩ましいところですよねェ(笑)
2011/07/24(日) 10:51 | URL | woo #-[ 編集]
wooさんこんばんは。

思い返すとリジットなレコードプレーヤーってのは使ったことがないですね。

先輩の話ですが、100kgでも200kgでもやっぱり足とその下に敷く
モノの音がするって事でしたね。
EMTは立派な専用の振動吸収台なのですがやっぱり音は大きく違います。

うれしい事なのか、悲しいのか・・・
2011/07/25(月) 23:28 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/286-1e89bba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)