どえらい!お宅へ訪問してきました。

現役を退いてから、一日の間に幾つも予定が入って、時計と顔を突き合わせて事柄を消化するなんて本当に久しぶりのことです。

日曜の行動を時系列で。

① 朝からYさん宅へ

「WE3A」朝顔ホーンを付けてみたから聞きに来てよ。
 はーい。行きます。(詳細はまた別の機会に)

② ホームセンターへ

 EMT-927の「挟む」素材を求めて。
 シナのツキ板を購入、昼を挟んでツキ板を貼る。んでもって音出し。 あーーーダメだ。

 最近の両面テープは性能が良くて・・・ツキ板をはぐのに時間を食われるがなんとか元に戻す。


③ 午後3時過ぎ mamboさん到着

 mamboさんは朝から行動して、6時間以上車に乗りっぱなし?
 まだ、次の予定があるので、我が家では半時ほど音を聴いて頂いた。

④ mamboさんの車に同乗して、一路北上。海を目指す

 そして、この日の最後の目的地へ

Vitavoxの館へ到着
 
PICT0030.jpg
暗い写真で恐縮ですが、実際の部屋の感じに近いです。


これまでに、専門誌の取材で何度も取り上げられたお宅です。
私の家からはそれほど遠くないので、お邪魔したい希望はあったのですが、アテがなかったのです。
偶然にもブログで知り合ったmamboさんがお知り合いで、ご紹介&同行を頂きました。m(_ _)m

と言う訳で、数年越しの希望が叶ってお邪魔してきました。


なんといっても、最初に驚くのはエアヴォリュームです。
床面積は30畳ほど。天井高がハンパねえ5m!!

僕は妄想でこんな高い天井の家を持つのだけれど、いつも電球の取替え方法で行き詰ってしまいます。
そこで「どうしているんですか?」と伺った。
「まだ切れた事はないけど、そうなったら足場でも組まないと・・・」  おーー解決できず!


ホーン・バフルはVitavox Bass binですが、ユニットはWestrex Londonの2080と2090に換装済です。
Bass binの音道は丁度シャラーホーンを立てたような構造らしく、正統的なWE系のシステムとして、世界中を探しても類の無い完成度を誇りましょう。

以前の記事でLondonを導入したくとも、バフル(ホーン)が入手できないだろう。と書きましたが、「この手があったか」という感じでした。

高音ホーンもBassbinにセットされていたものでは無く、より広い劇場にサプライするための大型15セルになっています。

まあ、ざっと書いただけで片鱗は分かりますが、これだけの舞台立てを設えるまでの情熱と粘りがハンパないのです。

歴史的貴重品、名器を目の当たりにしてお金があったってドウシヨウモナイ世界だと思い知らされます。

夢があって、そこに向かって計画を立てて地道に実現させていく。
志と継続があって実現するものだけれど、そのために仕事を頑張ったってことが良く判るんです。

そんな、情念が陽炎となって立ち上がるような音でした。
一回ではとても紹介できる量ではないので、次回に続く。






私を含め、現在95件のピュアオーディオ・ブログが参加している、ブログ村オーディオカテゴリーへのリンクです。
是非覗いてみてください。ウエスタンや自作アンプ、自作スピーカーの情報が盛りだくさんです
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

同じく、現在315件のクラシック音楽ブログが参加しているリンクです。歴史的名盤から、ニューリリースの感想まで、私もレコード探しの参考にさせて頂いています。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村






スポンサーサイト


コメント
白熱球のような形状ならマジックハンドの長いやつみたいなのがあ
りますよ.あるいは天井を白くして手の届く場所からスポット気味の
ライトを天井にあてる,間接照明もいいのではないですか.

VITABOXは未知の世界です.一度も聴いたことがありません.
2011/07/29(金) 23:11 | URL | auf #3eyVfeeo[ 編集]
aufさん、こんにちは。

そうですね、先日もTVで帝国ホテルの天井電球交換の係りの方が棒の先に
付いたゴム?の手のような機材で上手に交換していました。

妄想では(あくまでも妄想ですよ)旧式のシャンデリアでローソク型の電球
が上を向いて立っているので、それの交換に行き詰っています。(妄想ですよ)笑&涙


VitaやLondon(異論はあるかもしれませんが)TannoyやGoodmansも含めて
やっぱり、渋みの効いた独特の音色があるかと思います。

2011/07/30(土) 12:53 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
こんばんは

VITABOXといえばC191が欲しいスピーカーの一つなくらい
大好きな音です。
芯のある硬質な響きが今の装置からは得られないだけに、
思いは募るばかりです。
バス・ビンまではとても手が届きませんが...
2011/08/01(月) 23:38 | URL | メタボパパ #-[ 編集]
なんと!2ヶ月ぶりの返信で こりゃあまた失礼します。

さて、こちらのお宅ですが。
バス・ビンを発注される遥か前にはCN-191を今井商事に発注して
正真正銘、新品で受注生産品で購入されていたのです。

勿論、現在も(繋いではありませんが)威厳を持って鎮座
しています。

また何時か記事に出来る時が来れば良いのですが、
音が良いとか、何だとかを蹂躙するパッションに圧倒された
のです。
2011/10/03(月) 22:31 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/287-b3e02c5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)