スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


文化の日を前に  「ホンモノ」を考える

食欲の秋とか読書の秋など日本の秋を形容する言葉は枚挙に暇が無いが、来る文化の日を前に受勲の話題も挙がる時節になった。

先日ある頂きものをしてこれをきっかけに想いを巡らせてみたことを今日の記事としたい。
なお、このブログは国の制度やあり方についてなど甚だ僭越な事を述べるものではないのを始めにお断りしておく。

また、自分のような才覚では及びも付かないことだが、日本国民として生まれたからには世の為、他人の為、お国の為の仕事を成して栄誉を賜る事ができるように精進したいと思っている。とだけ申し上げておく。



さて、この春に県の書道界の重鎮であられる先生が「旭日双光章」を受勲され、先ごろありがたくもその祝賀会にお招き頂いた。

その時にお使い物として頂いたのがこちらのカステラ
PICT0378.jpg
これは、銀座文明堂のカステラで重厚な造りの桐箱に入った特製品だけれども、ホームページのお品書きにも載っている品なので関東近郊では召し上がった方も沢山おられると思う。

このカステラの持つ味わいが、これまでに頂いた御用達品への想いを振り返らせてくれた。
と言っても現代では「御用達」も宮内庁が必要として購入する物品と言うくらいの意味合いだそうだが、菊のご紋を前にすると身の引き締まる想いがあるのは日本男児としては当然の事だ。



時間は少し戻って、数年前に親戚のおじさんが受勲した際の記念としてお裾分けを頂いた。
PICT0386.jpg
素晴らしい入れ物に入った朱肉。
使ってみたらニュルッとした感触で、印の鮮やかさとキレがハンパ無い。印泥の初体験だった。
自分ではその必要は無いが、落款を押す必要の有る人間が周りには多いのでその時にはこの朱肉を借りにくる。
写真を撮るときに裏を見たら24kだった!無垢ではなくて貼りだろうけれど。


もう一点はゼブラのシャーボ、皇居内の生協で販売しているスーベニール。
PICT0383.jpg
漆色と黒の二本セットだった。なんとなくこちらが気に入って常用しているので擦れていたりする。
黒は大切に保管しています。




これらのご紋が入った品に限らず私たちにも購入が叶う「皇室御用達」は沢山有る。
現在は、一般競争入札による他省庁と変わりない選定方法が取られるそうだ。しかもその業者・商品リストは御用達の名前を使って不当な営利競争に利用される事を懸念してか公開はされていないらしい。
しかしながら、納入元もご使用の意図は心得ていて当然自社の第一級の製品をこれに当てることは間違いない。

このように、法律上も制度上も皇室側から特別なご用命の許認可が下る訳ではない現代の「御用達」ではあるが、それでも御用達品には共通する一種独特の「感触・感覚」を感じてしまう。


その特徴として確かにどれも上質で一級品なのは間違いないが、使う人を驚かすような「絢爛さ」が無いと言うことを第一に挙げたい。
例えば、宝飾品や女性の装飾品であってさえも欧米の有名ブランドに有る外に向けた強いインパクトを感じることは少ない。

突出した面よりも昔からの製法を守り丁寧に作られて、何年もの歳月を生き抜いてきた物が持つ「気負いの無さ」「奥ゆかしさ」「節度」を見事に体現していると思う。

そう感じる理由を恐れ多くも推察するに、それが日本の心そのものでありモノ造りの精神なのだから造り手が丹精こめて造れば自然とそのような感触が生まれるのではないだろうか。

陛下を始め皇室の方々のご生活は”質素を旨とする”というお計らいがあるように伺った事があるが、品位を保ちながらも華美に走らない御用達の品々は、誠に私たちのお手本とするに相応しいお品だと思います。



カステラを食べながら音楽を聞いていたら、高域が0.5dBほど下がって渋い音になったような気がした。
「主人の気持ちを慮る中々できたスピーカーじゃ、」(部屋の整理中で荷物が沢山出ているからかも・・・整理が済んでもこんな感じのままでいこう)


最後に
私が始めて御用達品を頂いたのが、有名な「恩賜のたばこ」であった。
マイルド・セブンらしいが、吸ってみるとどうも味が違う。(当時はラークを吸っていた。今は全く吸ってない)

それで、大抵のタバコを扱っているショップへ行きあらゆるマイルドセブンを購入し吸って味を比較してみた。
その結果、自分の感覚では「マイルド・セブンFX」という銘柄が一番近いような気がしたが、少し違うようでもあった。長年の謎は溶けないまま今も胸に仕舞ってある。

この件に関してご存知の方が見えたら、是非教えていただきたいと思います。





スポンサーサイト


コメント
そーいえば
某L○○Nは英国王室御用達だそうだけど
日本の皇室御用達のオーディオってあるんでしょうかしら?

素朴なギモン。

NHKモニターだとすごく納得できるのですが、、、、、
2011/11/03(木) 15:23 | URL | mambo #n9Bk/wZI[ 編集]
mamboさん、こんばんは、コメントありがとうございます。

スルドイご意見ですねえ。
そうか、英国は分かっているんですね、宮内庁は非公開だそうですが
L○○Nのような本格的バラコンをお使いになられているでしょうか?

美智子様、皇太子殿下は楽器を弾かれますから音楽も楽しまれていると
お察しますが、19インチラックにグレーのモニターはいかがなものかと。

文仁親王殿下ならば、我々オーディオ好きの羅針盤になっていただけ
そうな雰囲気がありますね。
渋い旧型ワーゲンをお乗りでしたし。
2011/11/05(土) 00:40 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/307-b13624aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。