スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


kl32611 メンテナンス (4)

部品を全て取り終わったら、写真に撮ってはありませんが、一大事業が待っています。

庭先の水道でゴシゴシ。
シャーシやフレームは洗剤やサビ取り剤をフル動員で、洗ってゆきます。その後はサビ止めを塗っておきます。

私は出来る限り塗料を使いたくないのですが、今回はサビを止める意味もあって、塗装をしました。
また、部品単位での測定を行います。このアンプはトランス結合なのでまだ安心ですが、抵抗結合の直熱3極管に使うカップリングのコンデンサーはやっぱり新品がいいな。と思います。

やっとトランス類から付け始めました。
画像 079

通常にアンプを組むならば、ここからが楽しい時間のはずですが、組み直しは大変です。
まず、コードの長さが合わない・
部品が余る。足りない

画像 080

そうですね。大きな1枚ものの地図を広げた後、同じ折り目でたたむ様な種類の大変さ!でしょうか。
スポンサーサイト


コメント
あるビンティージハム機器を集めている方から古いものは水道水でジャブジャブ洗うのが1番のクリーニング方法だって言ってました。素人目から見るとさびるだろ、って思いましたが、直ぐに乾かすと問題ないそうですね。それにしてもこんな古いものをレストアするエネルギーは小生にはありませんね。(‥;)
2009/01/31(土) 23:05 | URL | クニタン #-[ 編集]
クニタンさん、こんにちは。

レストアっていつでもそうですけど、仕掛かる前の踏ん切りに一番時間&エネルギーがかかりますね。
一旦始めてしまうと、逆にあまり急がないようにブレーキも必要かなと思います。

水道バシャバシャですが・・・水分と言うよりは水蒸気等の空気中の成分がサビの原因のような感じがします。鉄板と塗料の間に入ったさびは、ガシガシで落としてからサビ止めを塗っておかないと、被害が拡大しそうな恐怖がありますんで、水でも鉄砲でも持って来いと思ってやってます。
2009/02/01(日) 14:32 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/31-dae589d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。