スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「父の音楽~指揮者スイトナーの人生」でオーディオを学ぶ

日本では2009年にNHK-BSで放送されたドキュメンタリー番組。2007年ドイツZDF/Filmkombinatで制作されている。

スイトナーさんはN響にも頻繁に客演され日本の音楽好きにも人気の指揮者だが旧体制下のドレスデンやベルリンの歌劇場で活躍したどちらかと言えば「地味」系の方。

そんなスイトナーさんの実息が製作したこのドキュメンタリーは赤裸々なプライベートの告発も含めて何となく「白鳥の歌」としての映像作品に見えて仕方がない(実際その通りだと思うが)



私は「オーディオ雑誌」は書店店頭で見かけるとつい買ってしまうのだが、文字通り書物として楽しく読ませてもらっている。
ただし、このような関連本からオーディオのヒントを授かることは無く、過去の音楽家の何気ない発言や練習風景、書物から啓示を受ける事が殆どだ。そんな会話の中でオーディオ的に興味深いものを一席。
なお、動画をWEB上に挙げる甲斐性はないので静止画で勘弁いただきたい。



場所はウィーンの音楽大学で、指揮科の生徒さんを指導している場面。
Mozartの序曲の冒頭でホルンコールに続いて弦楽のトレモロが入ってくる箇所でダメ出しが続いている。

先生曰く
ホルンの響きが消える前に弦楽が入ってしまうのが「早すぎる」と指摘している。
DSC03523.jpg手前の後姿がその時の学生。

何度かトライを繰り返すが、やっぱり弦の入りが早い。
DSC03525.jpg

DSC03526.jpg
さらに三度ほど繰り返すが、何れも先生は途中で止めてしまう。
素人の自分が聞いた限りでは、学生さんは音符の長さ通り拍を取って弦楽を入れているが、現実は室内残響の影響でホルンの響が残っているようだ。
先生は杓子拍子に拍だけで進めるのではなく、ホールの残響特性を考えながら振りなさいと言っているように感じた。

「音楽は生きているのだから、会場の状態や様々なコンデションで柔軟に対応しなさい」と教えているような。

業を煮やした生徒が、遂に口を開いて先生に詰め寄った・・・
DSC03527.jpg

そのとき先生、少しも慌てず。
DSC03533.jpg「間を取る」ということは、「楽譜に休符が書いてあるかい?」と必殺の質問返し!

生徒は答えた
DSC03534.jpg

すかさず先生はこう言った。
DSC03532.jpg

どうです、カッコいいでしょう?
「表現」が生まれる現場ってスゴイですよね。演奏家はもっともっと細かいニュアンスに入り込んでこれに取り組んでいるのですね。

先生は一点だけを明確に教えています。前の音と、続く音がカブってはいけない。
増して前の音と次の音の間に「間」を取ってもいけない。(楽譜にそう書いてないから)

この一連のやり取りは、長年の思いを後押ししてくれる貴重な一言になった。

そう、オーディオを聴く室内の「響き」をどの程度に設定するか?に対する答えだ。
レコードの中には収録時に既に会場の「響き」が含まれているので、より慎重になるべきだろうが、単に聞いてみて気持ちが良いからだけでは済まない問題のようだ。

室内の残響・反射の調整の為の対策品は数多売っているし、オーディオ雑誌やブログ等でも頻繁に取り上げられているところであるが、どこを読んでも(当たり前だが)「僕の家での正解」は書いてない。

では実際の処、何を頼りに反射板を設置したり吸音材を貼り付ければ良いのか?

その答えは何時もMozartに聞くしかないのだろう。(別にMozartに限らないが、音(正解)はレコードの中にあるという意味で)
楽譜に休符が無いのなら「間」を空けるべきでは無い、というスイトナーさんの指摘は「好みの音」にする為に「感覚」を頼りにオーディオを捉えてはいけないという考えの背中を力強く押してくれた。

好き嫌いの前に押さえなくてはならない。「べからず」はどの世界にも存在するのだ。
時々質問される僕の口癖「自分の好みの音が無い」とはどういう意味か?に上手い答えはないけれど、上述したような事なんだと思う。
確かにこれは気持ちの問題だけかも知れぬ。好きだからではなく、そうあるべき。と思うという違いだけ。

ただし、個々の好みは無くとも「べからず=必然」には個人差があるから、その人の演奏。や、その人の音がよりハッキリと浮かび上がってくるのだとも思っている。


スポンサーサイト


コメント
おはようございます。

成程!・・・この間の取り方が指揮者によって変わるので
聴いて居て気持ちが良いとか、楽譜に忠実とかが出るのでしょうね
モットも手元に楽譜が無いとこういう比較は出来ないので
音楽を専攻して居る人でないと難しいでしょうが
唯一、ヴィヴァルディの「四季」のオールスコアを持って居ます
イ・ムジチのレコードを購入した時に付いて居た物なんですが
昔はブラスバンドに入って居たお蔭か音符を
追っかけられていたんですが・・・今は?????(^_-)-☆
2011/11/26(土) 09:24 | URL | altum #VQ8ezY4k[ 編集]
altumさん、こんにちは。

確かに同じ楽譜を使ってるとは思えないくらい個性豊かですね。
故に同曲異演を何枚も買っちゃうのですが・・・

ただ、私たち聞き手が全ての曲のスコアを入手して解釈を勉強
するのは事実上不可能ですし、必要もないと思います。
日々聞いていて、響きに埋もれたり、デッドに過ぎない部屋に
しておく時のお手本にできれば良いと思っています。
2011/11/26(土) 16:28 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
こんにちわ、これが、Mさんのブログと聞き、メールすることにしました。ブログを読ませていただき、大変な博学と驚嘆しています。ジャズは、お聞きにならないとのことですが、自分は、ジャズが9割です。ここ、3年前から、オーディオに復帰しました。20年位は、写真をやっていました。カメラもデジタル時代に入り、パソコンでPC現像することになり、Macを導入し、慣れないキーボードをたたくようになりました。パソコンの音も少しは、良い音にしたいと思い始めたのが、オーディオの復帰となりました。(2A3シングルで、ドイツの古い20cmフルレンジを27cm×27cmの後面開放のRCAのオリジナル箱に入れて鳴らしています。)
メインシステムは、昔と変わりません。これから、色々と改善してゆきたいと思います。
とても参考になる記述が多く、とても勉強になります。また、厚かましいと思いますが、Kiangfilmの音、聞きたいです。機会があれば、お聞かせ下さい。よろしくお願いします。
それでは。
2011/11/30(水) 07:11 | URL | momomo #-[ 編集]
momomoさん、こんばんは、コメントありがとうございます。

最初は解らず「始めまして」と思ったのですが、M山さんでしたねv-238
先般、M井さんとお話ししておりましたので閃く事ができました。お久しぶりです。

そうですか、マクロエルマリート60mm2.8を駆使していた勇姿を懐かしく思い出し
ました。
M井さんのお話によるとN沢さんも近くだそうでこれまた懐かしい限りです。

オーディオ復帰、お帰りなさいです。
我が家へお出でいただくのは何時でも構いません。
現在模様替えの最中なので多少散らかっていますが、日程を事前に合わせて頂ければ
通り道を作っておきます。

時間が空く予定が決まりましたら連絡下さい。
2011/11/30(水) 23:08 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/315-43ee4a5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。