スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィルター回路との決別の日

始めにこれは我が家の話であることを断っておく。


故池田圭さんの著書の中に「NFBとの決別」という一文があって、今日の話題は勿論そのパクリだ。
その内容は大略、パワーアンプの実験の中でNFBを追放して久しいが、改めてPhono-EQのNF型とCR型の比較実験を経てNFBとの決別を決意した。というものだったと思う。


前回の記事に挙げたPhono-EQのPSUはテストに合格して昨日から試用に入った。
トランスを二つ使ったし、整流管だし・・・悪い訳ないじゃん。とまずはホロヴィッツなどを聞いてみる。

・・・・・

まあまあ始めはこんなもんだよね。コンデンサのチャージは出来ていないし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それにしても酷くないか?
天上も左右も詰まりっぱなしで、ノリや伸びが皆無じゃないですか!

まあ週末だしと思って気長に1日半ほど我慢して聞いていた、でもダメだった。
最後は頭が痛くなって来たのでCDに切り替えてぼーーと原因を考えてみた。(別に音が悪くて頭が痛くなったわけではないが)



さて、この辺りが僕が研究者に向いていない由縁で、何かを変えるときには1箇所に留めなければいけないという原則を破ってしまうあわてモノなのだ。
今回も「どうせなら一緒にやれば面倒が無い」と余計な事を一つ盛ってしまっていた。

PICT0698.jpg

ここまでくればお気付きだろうが、プリアンプなんだからとヒーターをDC点火にしたのだ。

以前には、出力管のヒーター点火を時間を掛けて実験をした。
しかし、それは直熱管だから点火方法で音に変化があることは容易に想像できたし、実際に見逃しがたい変化があった。

でも今回は傍熱管だから音に変わりがあるわけは無い、少しでもノイズに手を打っておくのは当然だろうと思っての処置だった。
今日も随分遅くなってからいよいよ耐え切れなくなってAC点火に戻してみた。そして、聴いて腰を抜かした。


輝き、キレ、エネルギー、ノリ。全てが元のままだった。
私はこのときキッパリとフィルター回路との決別を決意した。・・・(無理!!)

冗談はさて置き、全ての整流素子や回路を試した訳ではないので飽くまでも感覚でしかないが・・・

AC点火をスタートの0点として、DC点火はどうやってもそこまで行かないんじゃないか?
何をしてもマイナスの変化だけなら決別も仕方が無いと思った次第。

また、新しい発見があれば元サヤってこともあるかもだし、そんな技術革新がいつでも起きて欲しいなあと思う今日この頃。

スポンサーサイト


コメント
おはようございます。

やはり傍熱管でもヒーター電源の影響は出て来ますか!
家のプリアンプはやはり別電源仕様で出力は全てDCにしています
其れと言うのも増幅段はSRPP回路なのと
EQ段にゲイン調整用としてだけ局部的にNFBを掛けています
其れに先日ヒーター電源を世に悪者として有名な(^_-)
スイッチング電源に取り替えました
これは、電源ユニットが重くて片手で持ち上げると
前にセットしているレコードプレーヤの上に落としてしまいそう!だから
ヒーター用トランス12V5Aが無くなったので
軽くはなりましたが・・・電源トランスには
6.3V/3.5Aは有りますがこれでは容量が足りない!
うん?今、計算を遣り直し・・・足りないのは以前の回路でした(^_-)
U7~X7が×6で1.8A、12BH7×2で1.2A
計3A・・・カツカツ、イケますね!(^_-)
折角購入したスイッチング電源12V/3.5A
遊ばす様になるかも知れませんがAC点火も
トライする魅力は有る様に感じますね
何と言っても最初からDC点火にしていますので
プリアンプのAC点火の音を聴いた事が無いのですよ!
300Bsアンプも静かになったし、MT付きSEPPも
時々オヤッ!って感じの良い音を出してくれているのですが
もう一枚ヴェールを脱いでくれると、音を其処に感じる事が出来るかも!?(^_-)-☆
2012/01/31(火) 09:27 | URL | altum #VQ8ezY4k[ 編集]
altumさん、こんばんは。

そうなんですよ、これまでプリの傍熱管には何気なくDC点火のものも使っていましたが
自分で比べて初めてその差に驚愕しました。

ただ、本文でも気をつけて書いた心算ですが、AC点火はプラマイ0なんだと思います。
DC点火だと私の未熟な腕ではその0を上回れないのではないかと思ったのです。
なので、決してAC点火が「音が良くなる」訳ではなくて我が家では音を悪くしない為の
窮余の策でした。

これまで、DC点火だけで来られたのなら、一度AC点火も聴いて頂いてご感想を伺いたいですね。
何と言っても、DC化するのは道具立てや配線が大変ですが、ACに戻すのはコード2本のバイパス
なので気軽に行けますです。
2012/01/31(火) 19:34 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
今年に入ってから、中々、ブログの更新が、ないので心配していました。お宅に、伺った結果、Tさんは、オイロダインを入手しようとしています。出物が、見つかりそうなので、交渉中だそうです。
Mさんは、375の振動板のビビリで悩んでいます。新しい振動板に交換するそうです。
AC点火の方が、ノイズが多いと聞きますが、音は、太くなると聞いています。DCだと線が細くなるとも聞いていますが、アンプは、作れませんので、詳しいことは、理解できません。自分の神戸無線には、よく、行きます。昨年、デジタルテスター買いました。
今年は、真空管整流の励磁電源を作ろうと考えています。DC220V130mA×4個分です。
それでは、また。
2012/02/03(金) 22:34 | URL | momomo #-[ 編集]
momomoさん、こんにちは。
「あけおめ」ですね、今年もよろしくお願いします。

あれからM井さんは三回ほどお越し頂いて、その後の情報などを
耳にしていました。
Tさんのオイロダインは密かに心待ちにしています。久しぶりに
是非聞かせて頂ける様になれば嬉しいです。強く背中を押して
下さい。

このブログにも何度か書きましたが、先人からの伝播や雑誌の
記述等オーディオ界の「常識」が自分の家でも当てはまるとは
限らない。と考える事が大切だと思い至りました。
それで、この機械はこんな音。とかこの回路はこんな特徴と
いった評論じみた事は書かないように気をつけています。

あくまでも自宅の環境の中での結果以外は「人さまの意見」
でしかありませんものね。

2012/02/04(土) 16:49 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/325-c6c948ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。