kl32611 メンテナンス (7)

何とかかんとか、通電までたどり着きました。
ヒーターや+Bは組み立て中に有る程度確認しながら進めたので、心配はないですが、-Cは整流管まで挿してみないと分かりません。

緊張の瞬間がやってきました 
画像 090

実際は平行して出力管のプリヒートを3日間かけてやってあります。(足りないかな?でも、早く聴きたい)

+B、-Cの電圧は合格で一安心です。
しかし、出力管のカソードに出てくる電圧がバラつきます。

理由はカンタン
バランサーが一つも入っていません。ただただ、球の特性に頼って使うようになっているからです。

ばかものー

70年前ならいざ知らず・・・選べるほど、球はないだろー

叫びは虚しく空へ登ってゆくのです。

ポチっとご協力お願いします。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
ふー(^-^) やっと完成ですね。
これはプリメインアンプですね、ソースはLP/CDどちらもOKですか?
また出力200Ωトランスでどのように音を聞くのでしょうか?マッチングトランス?
2009/02/10(火) 09:38 | URL | クニタン #-[ 編集]
プリは付いているんですが、RIAAが決まる遥か前のものなので、EQは別にあるんです。
これはパワーステージの入力トランスから後だけ今のところ使っています。
あんなに長い時間をかけて直しても実際は1/4位しか使っていません(涙)

これに繋げるスピーカーのインピーダンスも200Ωの物なので、直に繋げています。
更新が追いつかなくて済みません。
2009/02/10(火) 23:35 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/34-9e0b35c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)