僕の心のやらかい場所を~♪ 訪問記2

オーディオを長く続けれるほど、人の心の不思議を感じることになる。

幸せを感じる箇所がビックリするほど人様々だなあ。と思う。



さて、前回の記事に登場頂いた愛好家の方は、気に入った機材があると何でも「予備」と「予備の予備」と「予備の予備の予備・・・」を揃えなければ気が済まないのだそうだ。

実は昨夜電話で話した方も、同様のことを仰っていたので一人だけのことではないがどうやら必要以上(笑)に経済的な余裕のある方の特徴かもしれない。
このブログで何度も宣言している通り「コレクター気質0%」+「貧乏性」の自分には全くマネの出来ないことなので出るのはため息ばかり。


では、一つのドライバーユニットを写真に収めたので、兎に角ご覧頂こう。

PICT1373.jpg
まずは、Jim Lansing銘のシグネイチュア375 


PICT1377.jpg
同じ頃の製造だと思うが「AMPEX」に供給されたもの。
この写真を見て気付いたが、細かい仕様が少々異なるようだ。


PICT1378.jpg
銘盤が撮れなくて残念だが、「Westrex.co」のT-530  だったかな?これも供給品。
一回り大きい?(本を調べたが、同じものらしい?本の情報は眉唾の部分も多いので未確認)



PICT1366.jpg
では、最後に本命を!これは私も始めて触れた。
フィールド・コイルの「285」
この方のお仲間のお宅や他所で「287」は何度か見たが「285」は初だった。(と、言っても外見ではなんの違いも判らないが)


で、おまけにもう一丁!
上の写真で横に写っている箱に気付いた方は、立派な病気なので早くお医者さんに掛かりましょう(~_~)
「285」の電源とは違うものです。

PICT1370.jpg
これを使っているユニットは、DだかAかしらないけれど130系の15インチだそうだ。箱の中だったので残念ながらお顔を撮ることが出来なかった。
上述したように「287系」は時々見かけるが、ウーハーユニットは正真正銘の希少機種。

むかーしにアメリカのオークションで1本だけ写真を見たことがあったが、2本揃っている現物の近くに立つとは思わなかった。

若い頃だったら「これ、くれっ!」と、大騒ぎしていただろう。今はブレーキが掛かる。ついに大人になったのか?


室内をもう少し散策していたらこれを見かけてしまった。
PICT1376.jpg
なぜか?荷造りひもにぐるぐる巻きにされているが・・・2セットある。

前言は全て撤回しますから、これを譲ってはいただけませんか~?

コイツが「僕の心のやらかい場所」だったというオチがつきました。




さて、ひとつお願いがあります。

もちろん、通常の「ご感想」や「連絡事項」などのコメントは大歓迎ですが・・・


JBLやマッキン・マランツのような有名ブランドを記事にすると、あまり建設的でないと思われるコメントを唐突に頂くことがある。

私自身はこちらの専門ではないので、こんなものあったよ!という現物の写真の報告だけに留めます。
自分で使い込んだ訳ではないので、音に関してはなんの感想もありません。
(もとより、どんな機材でも使っていれば自分の音にしかならない。というスタンスです)

よって、詳細な系統や仕様に関しては全く返答できませんことをご了解下さい。






スポンサーサイト


コメント
すごい、お宅ですね。285ですか。今、287が、ヤフーに出ています。誰も入札しませんね。昨年、594も出ていましたが、入札、ありませんでした。高額な物は、ダメですね。少し前に、知人のT氏に、F500A、5Z3の287、415の電源(チョーク交換した)、貸しました。今、聞いています。交換当時は、ショップの電源とあまり変わらないと話していましたが。その後の感想は、まだ、聞いていません。
お宅て゛聞かせて頂いた「オテロ」、レコードとCD、見つけました。たまに、奥行きチェックしていますが、あのような奥には、なりません。1/5位にしかなりません。難しいものです。
この所、どんどん熱くなってくるので、朝しかきけなくなりました。真空管は、冬向きです。
それでは。また。
2012/06/26(火) 07:18 | URL | momomo #-[ 編集]
お気に入りのDriverはVitaかLOMOかなとも思ったのですが、、、わかりませんねえ

しかしBackの突起が偏芯しているDriverって
初めて見ました。
2012/06/27(水) 19:48 | URL | mambo #n9Bk/wZI[ 編集]
momomoさん、こんにちは。

エアコンはもう使いましたよ。電力不足の際の節電に協力するは吝かでは
ありませんが、音楽を聴くことくらいしか電気を消費しない自分はせめて
その時間に売上に協力します。電気は残しても保存は難しいようですし。

「奥行き」は難しいですね。左右の音をある程度揃えたことで多少感じられる
ようになりました。
一言に「左右」といってもカートリッジの出力のバラツキからアンプの特性、
各ユニットの特性や位相管理、はては部屋の左右の構造まで把握した上で耳に
届く左右の音を揃えることが目標ですから、我が家もまだまだですね。

そういえば、最近整理していたらWE系の電源ユニット(274か5Z3の2本使い)を
発見しました。動作確認できたらまた連絡します。
2012/06/28(木) 09:14 | URL | kaorin27 #-[ 編集]

一番下の写真の出っ張りは確か接続の為の端子台でした。
バックカバーの内側はドームだったと思いますが、外側はフラットですね。贅沢な造りです。
流石に「ブツ」に対して 見る目が鋭いです。m(_ _)m
端子もJBLにあるような陸軍端子(古い!)ではなくて、ねじ込み式の実際強度の高い物でした。

このドライバーは、前後に系列の機種がなくて時代(1942~7年!!)が生んだ仇花って感じですね。
その孤独感がなんとも切なくて愛しいのです。

そして、23歳の時に買った始めての高価なスピーカーだったので個人的な思い入れもたっぷりです。
2012/06/28(木) 09:43 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/351-c9efe215
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)