これまで扱った中でも最高級のアンプ WESTREX 2058-C

思いがけないものが視界に飛び込んでいたとき、人間は絵に書いたような「二度見」をする。
コントやドラマでもよく取り上げられるが、自分自身こんな見事な二度見をするとは思わなかった。

5月に我が家へ来た「WESTREX.LONDON 2058-C」アンプは、秋口から1ヶ月近く続けたチャージ期間を通じて全ての検査に合格した。
ようやくと正規の電圧をかけたのが週明けの月曜日のこと(12年10月22日)
その後、2日ほどチロチロと様子を見ながら異常がないか監視を続けた後、周波数特性を測ってみた。

結果、目も当てられない程のカマボコ特性だ。
あーーあ、長い時間取り組んで来てこれじゃあ、気が抜けるなあ。と気落ちした。

随分と昔に買った真空管アンプの本(何故かどれも馬鹿高いのでいつの間にかご無沙汰)によるとロンドンWEの当時のアンプは低音上がり、高音は7kHz位からロールオフ!!とのグラフがあったから、やっぱりこんなものかな?といよいよ諦め始めていた。

しかしまあ、このまま引き下がっては業務機をイジって30年!?のコケンに関わるということで、一念発起していつものルーティン通り入力トランスからパート毎の特性を測り始めた。

このトランスは1950年初期の設計らしく、極端なハイ落ちを示す。いきなりこれだもの、先が思いやられる。
しかし、・・・諸事情があって(後日詳細に)過程は書けないが、ある発見をしてからは全てに合点がいきその後は至って順調にこのアンプ本来の性能に達することができたように思う。

そして、再度の特性を測ると、

「我が目を疑う」とはこのことだ。
1kHzスタートで高域方向へ・・・・・バルボルの針が動かない・・・・・ベタ凪

二度見どころじゃない。自分を疑って何度も測りなおしたが、やはり間違いなさそうだ。

PICT1760.jpg

現代アンプの基準からするとさして特別な事ではないかもしれないが
世界に冠たるZEISS IKONのアンプだってこんな優秀な結果を示したことはなかった。(それにはまた別に理由があるので、子供のようにアンプの善し悪し!に置き換えないで頂きたく、念のため)
何といってもインスペクションには1955(年製)という文字があるのだから、それを考えると誠に感慨深い。

では、かつて紙面に発表されていた特性はなんだったのか?疑問を残しつつ今日はこのくらいにして続きは次回に譲ろう。

PICT1755.jpg



スポンサーサイト


コメント
いや〜、びっくりしました。思わず二度見したのもうなずけます。測定側の感度がよほど鈍いのかと疑いたくなる素晴らしさです。周波数特性が全てじゃないさとは単なる負け惜しみであって、上下に伸びた平坦な特性が良いのに決まっています。別のアンプでもっとギザギザの付いた周波数特性を見せてもらわないとあまりに奇麗なグラフが信じられません。
2012/10/26(金) 09:39 | URL | kawa #EnGitwzo[ 編集]
スピーカーじゃない、アンプの特性ですからね。ギザギザは言い過ぎですね。でもちょっとした山や上下のロールオフはありますよね。NFはどのくらい掛かってるのでしょうか。
2012/10/26(金) 09:59 | URL | kawa #EnGitwzo[ 編集]
kawaさん、こんばんは

そうですね驚くべきはまず1955という年式に関わらずこの広帯域であるということです。
この程度の特性は現代ではお話になりません。 現代までいかなくても 先般メンテした
少し後輩のマッキンのMC240は遥か彼方までフラット特性でした。
大切なのはグラフ線の曲がりではなく、トランスの巻線技術に制約のあった時代において
様々な工夫を凝らしてこのような性能を引き出したことで、ここに驚愕しました。

また、NFを掛けると確かに周波数の両端に若干の恩恵は受けますが、本機はローカルNF
(WE-91と同じ思想・方式)を採用し高すぎるゲインを調整する程度の目的で使われて
いるように思います。

一台のアンプと戯れることでMJ誌には絶対書いていない勉強ができてありがたい
限りです。
2012/10/26(金) 23:20 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/373-52dcbe11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)