スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プリ(EQ) その3

2月4件、3月2件しか更新できずに死んだのでは?と思われるといけませんので4月はまたペースを戻します。と、宣言してスタートさせて頂きます。

引き続きプリアンプですが、今日は大物です。(体積は小さいですが)

マイクアンプの「ロールスロイス」といわれるTelefunkenのV76です。
DCP_0418_convert_20090416091137.jpg

EF-804S3段に、バッファーがE83F。
あっちこっちに、チョークが入って、これでもか!という内容です。

内部はこちら
DCP_0422_convert_20090416091214.jpg


まったく、ドイツ人って・・・

この機械は、初段にNFを掛けてありますので、その値を変更してRIAAを作っていました。
これだけゲインがあると、ラインアンプ要らなくていいですわね。

こちらのようにシャーシに入れて
DCP_0011_convert_20090416091507.jpg


古い写真で済みません。

V76の上に乗っかってるのはモノラルEQです。次回の予告ということで。

ポチっとご協力お願いします。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
B様

ご質問いただきましたが、ご返信遅くなり失礼しました。
以前の記事に親展で送られていましたので気付くのが遅れてしまいました。

さて、どの辺りからお話すれば良いかわからないのですが、一般的に記します。

まず、前段アンプ(プリアンプと言ってもよいでしょう)では、以下の2点に適正が求められます。

①入力信号の電圧の大小

例えばMCカートリッジですと、最小で0.5mVほど、CDプレーヤーですと500mV~770mV程度の出力があります。
その差は1000倍ですから同じアンプに入れることができない事はお解かりいただけると思います。

普通のプリアンプのCD入力ポジションにMCカートリッジを入力しても蚊の鳴くほどの音量も出ませんし、逆にCDをカートリッジのポジションに入れたら音が歪んでしまい(過大入力)聞くに堪えません。つまり使えません。

V76はマイク入力を前提に作られていますので上記の2点ではMCカートリッジと同様の電圧を扱うのに適しています。(恐らくMMカートリッジも音が割れてしまうでしょう=過大入力)

ではそのままMCカートリッジを聞けるのでしょうか?実は、そう簡単な問題ではなく次の点が問題になります。

②レコードはもともとイコライザーカーブによって低音を引き下げ、高音を強調されて記録されている。

つまり、レコードを再生する際には、上記の逆=低音を引き上げ、高音を引き下げて聴く必要があります。
これをフォノイコライザーといって、各種のカーヴがありますが詳しくはググッて下さい。

しかし、V76はマイクを対象としたストレート(フラット)のアンプなので上記のカーヴを加える事ができませんからレコードを聴くことはできません。



なぜ、このような事が起こるかと言うと、V76ほかの業務用部材は、多種に渡るスタジオ機材の中のほんの僅かな仕事を果たす一部部品に過ぎないからです。
家庭用のプリアンプと同じ機能の物を業務用で揃えようとしたら、10種くらいの部材を組み合わせなければなりません。それほど業務用は単機能であり、家庭用は多機能なのです。


そして、勿論再生用に作られたCDプレーヤーやレコードプレーヤーと組み合わせて使えるように設計されていない事が原因です。
また、記事の中でRIAAイコライザーを自身で組み込んだと書きましたが、これもオーディオ屋さんに頼んで出来上がるような傾向の問題では無いようなものと思います。
数年かけて実用に耐えるレベルまで来ました。まだ先があるような気がします。

もう一つ合わせて考えるべき事は、これまでは入力の面を申し上げましたが、出力(パワーアンプ側)も業務用の仕様になっていますのでそれに相当の機材を用意する必要があります。
一例では、ヴォリューム装置がありませんので用意する必要があります。しかし、これも業務用途の専用品が必要になるという具合です。


結論的には、この様な機械をご自身で使われる方は、ゲインセットのやり直しや、インピーダンスの変更など測定器と半田ごてのご用意は必須かと存じます。
2010/12/23(木) 00:35 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/38-7e2243fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。