スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「エイジング」って、どゆこと!?

Ageing(またはAging)を直訳すると「加齢」であって女性を中心として一般社会ではあまり肯定的に受け取られていません。
ことオーディオに限っては「機械の当たりが出て、音の良くなる過程」といった使われ方をしてポジティブなワードになっています。
自動車やバイクの世界でも新車を乗り始める際には、500Kmまでは回転を3000rpmまでに抑えて・・・とか、先輩から「慣らし」をせいと教わったものです。

こうして見ると、単純に年を重ねるという意味のエイジングと、目的を持って機械の状態を変化させてゆく事は随分と違う事象だと思うのですが「コンセンサスを持った言葉」とは不思議なものですね。


さて、オーディオのエイジングに関してもその考え方は十人十色の意見がありオーディオ界の奥深さ、またの名で混迷を感じます。(注)古典直熱管のプリヒートはエイジングとは無関係なのでここでは除外します。

昔から伝わるエイジングのやり方も
1)積極的手法
2)消極的考え方(日常生活のままで)
に大別出来るかも知れません。
それこそ女性のアンチエイジングでもマッサージや専用クリームを多用する人と、せいぜい野菜を多く摂るくらいよ。っていう程の違いでしょうか。

sk2-3.jpg
SK-Ⅱ なんちって。


1)の方法は昔のオーディオ雑誌に書いてあったのが、チューナーの局間ノイズを大音量で一日中鳴らしておけ!とか。うるさけりゃスピーカーを向かい合わせにして布団でグルグルとす巻きにしておけ!だの乱暴なものが多くかなり抵抗がありました。

そうした風潮への反動もあって私の場合はずうっと2)消極派です。
兎に角、普段聴く音楽を通常の音量で聴いているだけ・・・だからエイジングをしている=目的を持って機械を変化させる、と言う感覚はなくって音楽鑑賞をしているに過ぎません。



そんな人生の中でひとつだけ「自分ルール」みたいのがあるので今日はちょっとだけそのお話を。

時間は少し遡って若い頃浜松に住んでいて近所のピアノ工場にバイトに行っていた頃なのですが。ベテランになっていくと組みあがったピアノの荒調律をさせてもらいました。
最終的な出荷の前には専門の調律師の方が調整しますが、その作業は細かくて大変なので前段階として大まかに音階を作っておく仕事です。

ピアノの中音以上の弦は1音につき3本で構成されています。3ユニゾンで音に厚みや深みを出します。

PC230225.jpg

手順としては3本のうち両側の2本を止めて真ん中の1本だけで音程を決めて行き、そのあとに両側の2本を真ん中の弦と同じ周波数になるように1本づつ張り上げます。

この時に3本が完全に同一周波数にならないと「ウナリ(共鳴のような山谷の音)」が出て濁りを生じます。
だけど、ピアノの弦は木材の上にピンを立て鋼のワイヤーを張っているので、温度、湿度はもちろんピアノを弾くとその衝撃でも周波数がズレてしまいます。

そこで達人は、ユニゾンを取るときに2~3Hzくらいわざと高めに張っておいて、最後の一撃でどかーーんと一発大音響でキーを叩きます。その衝撃で弦を落ち着かせて僅かなズレを直し、かつ今後お客さんが長く弾き込んでも少しのことでは音程がズレない様にピシっと決めるんです。
それは経験とカンに裏打ちされた見事な職人技でした。

PC230222.jpg


やっとオーディオのエイジングの話です。ごめんなさい。
特にレコードのイコライザ・アンプというかイコライザ素子のCRなのですが。

組み上げて、聴き始めてからある時を境に、高音が落ち着いて低音に充実感が出てくるように感じています。
これまでに回路変更を含めると100回以上そんな機会がありました。毎回決まって重心が低く下がります。その逆は経験がありません。

ですから、制作段階で試し聴きをして「ちょうど良い加減」に作ると時間が経つにつれモコモコな音になってしまうのです。
勿論、測定器で測っても目に見える変化はないです。でもこれは毎日聴いている人間にとってはハッキリと分かるわけです。

あるときからイコライザー・アンプを組む際に、測定器では変わらないけれど耳で聴いて少し高音が強いかなあ?というCRの値を選ぶようになりました。
ただし、ピアノの調律と同じように思うほど下がらなかったり、予想より低音寄りに変化しすぎて手直しなんてこともよくあります。

また、我が家で言うとEMTの針とNeumannの針では同じRIAAカーヴでも聴こえ方に違いがありますから、それぞれに合わせたイコライザー・アンプを組まなければ仕方がないなと思ってやっています。
個々の帯域幅とエネルギー分布の僅かな違いですが音楽を聴くと良くわかります。これも測定器では全く追いつかない微妙な差の話であります。

唯一エイジングと言えそうな作業で、今はちょうどその真っ最中です。とても楽しい時間でこの時が僕は好きです。



沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/418-d5265f61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。