スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


強引に押し切るかたちで  LCRイコライザー

入力で扱う電圧が計算上50mV(基準)程度ではないかとアタリを付け、しかもその直後に20dB以上はトランスで上げてしまうのでノイズの問題はなかろう!と、半ば強引にこのコンストラクションのまま配線を行った。
この様な暴挙は当番組をご覧の皆々様方には決してお勧めしないので、作る前に充分な検討をしていただきたいものです。

で、夕食を挟んで何とか形になったのがこちら

PICT2338.jpg

まだ、枝ぶりの剪定が完了していない・・・というか部品の定数だってこれからどうなるか分からない・・・のでお見苦しい点はご容赦願うとして。

MT管1本で双三極管の2段増幅+ステレオが近接している形態は、どう見ても「いい音」が聴こえて来そうにない。
将来的には今は別筐体のLCRユニットを内蔵してモノラル2電源の2筐体に改装をしたいと思う。

PICT2340.jpg

増幅部のクローズアップを見ると、作業の稚拙さと配置の消化不良を詳らかにされるのでイタタマレないが将来の組み換えのまでの戒めとして写真を貼っておきましょう。

三方ヶ原でコテンパンに破れた家康が命からがら逃げ帰った直後に自分の「情けない姿=お食事中の方が見えるといけないので詳細は省く」を絵師に書かせたと伝わる「徳川家康戦役画像」がいまに残っている。
もちろん大御所様に自分をなぞらえる程思い上がってはないが、純粋にすごい胆力だなあと見上げてしまう。

Mikatagaharasenekizou.jpg

この逃避行には数々の逸話が伝わっており興味のある方はググってみていただきたい。繰り返すがくれぐれもお食事を終わりにしてから。

「小豆餅」や「銭取」という地名が時を超えて今に伝わっており、やっぱり浜松市民の心の中には大御所様はいまでも生き続けているんだんなあ。という地方都市の観光案内のような記事の終わり方でした。




沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/425-51c123ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。