オートグラフにフォノグラフ・・・シュテフィ・グラフ? んなアホな

-graphは グラフ
中学生なら「折れ線グラフ」とか「円グラフ」を知っている。

語源はギリシャ語の graphein 「書く」に由来する言葉だそうだ(研究社 新英和中辞典より)
頭の名詞と連結して「・・・を書く」「・・・を描く」「・・・を記録する」という意味で用いられることが多い

オーディオ界のグラフのスターは「Autograph」にトドメを刺すかな?
もちろん英国はTannoy社の大型スピーカーの名称だけれど、本邦では剣豪文学の五味康祐さんの格闘記で有名になった。
ただし、これは別にスピーカーの名称ではなくて「作者署名」「自筆サイン」という意味の一般名詞。
Tannoy社の社長(製鉄所「タン・アロイ」のオヤジさんだけど)ファウンテンさんがサインをしましたよ。という意味になる

A3363_I3.jpg

これのことね
つまり、このプレートには「Autograph」と書いてあるんじゃなくて(「サイン」と書いてあったら大笑い)「ガイ・R・ファウンテン」とオヤジさんの名前が書いてある。
余談だけれど、JBLの「シグネイチャー」シリーズもあるよ。

一般世間でのグラフの代表格は「photograph」だろう、見えるものの記録=写真と訳していいと思う。
これと横並びの意味で「phono」を「graph」するものと考えるとレコード=録音機を表しているんだと妙に合点がいくなあ、なんてそんなことばかり考えていた学生時代だった。


長い前置きにお付き合いいただき恐縮です

FM放送を録音したいんだけれど、我が家で録音機はTelefunkien M15とM15aしかありません

PICT1025.jpg

半速で回しても90分で1万円近いコストがかかります。
FM放送にとてもそこまでのことはできません。もし今年もバイロイトの生放送でもあれば考えますが、ティーレマンはもう振らないんだよねえ。

それでは、もう少し現実的な手法を考えなければなりません。

カセットテープは以前に書いたように少々容量不足は否めません。
DATはどうだろう?テープの入手、コスト、加えてメカニズムの保守に未来が見えないので早々に脱落。

そんなことを考えながら堂々巡りを繰り返していたある日
閃いちゃいました。
全くのノーマークから、突然!

CDに焼くならブランクディスクは激安だよねえ。デジタルならMPX出しっぱなしでいいから高い方もいけるでしょう。
どうだ、この考えは???

早速お嫁さん候補を探しました。
候補の条件は600Ωラインで入出力できることと、AES入力があること・・・あったけど・・・
Studer・・・死ぬほど高いじゃん

その後紆余曲折があって、結局これに落ち着きました

PICT3343.jpg

マランツの業務用です。
一番新しい世代のベルギー製、アメリカのマランツ・プロフェッショナルで昨年オーバーホールされている
そして何より激安!!

当初はこれで録音したらファイナライズをしてEMT-981で再生するといいかな?って思っていた。
しかし、理由はわからないけれど自己録再のほうがいいみたい。
昔のカセットデッキじゃあるまいし、自己録再がいいなんてねえ、ププッ
この辺りはもう少し突っ込んで理由を探さないといけないな


さてさて、相変わらず音については言及しません、
そんな独りよがりな事を言っても皆さんには関係ないし。
それでも、友人知人関係には思いの外好評だったので、そうだねえ、これでよかったね。と思っています。



沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村




スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/455-e5875d4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)