スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Beatles 〜 Pink Floyd も触ったであろう?スピーカー

BeatlesといえばAbbey Road Studioとは切っても切り離せない間柄ですが

この度、昔から大変お世話になった方の紹介でBeatlesとすれ違ったかもしれないスピーカーを入手できました。
そのスピーカーは「Lock Wood社」の製作によりTannoy社のユニットを使用した逸品なのですが、



まずはAbbeyRoad Studioの1960年代後半から70年頃の様子を見てみましょう
スタジオというよりは「調整室」の方ですけれどね。

abbey_road_studio-1a.jpg

こちらは1970年ころのスタジオ内の写真です
スピーカーはLockWood社の物ということですがビートルズの時代よりは少し時代が下るようですね
おそらくですが
モニター・ゴールドの入ったモデルでランカスターキャビネットに近い大きさではないでしょうか。
このLockWood社のモニターを使ってビートルズは収録を行っていたのでしょうか?

しかし、歴史はそんなには甘くないようで、LockWood社のモニターは主にクラシックなどの製作に使われていたような記録があるようです。



それでは、POPSのスタジオはどんな感じだったかな?というと

EMI-Studio-Mixing-Room.png


abbey-road-studio-control-room-1963.jpg

こちらが、1963年というクレジットのある写真で、スピーカーはアメリカ(笑)ALTEC 620+604タイプ(いわゆる銀箱です)のモニターが使われています。
卓は有名なRedd37でしょうか? 素晴らしい存在感です。デッキはやっぱりフェログラフなのかしら?

以前の記事でウィーンのDECCAスタジオでALTEC A-7が使われていたと書きましたが、英国人として自国製品を使うなんて小さな誇りよりもモニターとしての能力優先で選んでいるところに現場人としての矜持が感じられて頼もしいです。


ビートルズのメンバーもこのスタジオを好んでいたようで、銀箱の前で微笑む写真は沢山残っています

40ed8b8a7518084eb975700b0fd5ec61.jpg




表題のPink Floydはどうした!?
と言われるかた、お待たせしました。

想像に過ぎませんが、アーティストの目指す音楽性によっては、Rock PopsであってもLockWoodを使っていたかも知れません、まあ、当然ですよね。最終的な音決めの責任の(少なくとも)半分はアーティスト自身にあるのでしょうから。

tumblr_kz0n62fgiJ1qzfrgeo1_500.jpg

ちょっとハニカミぎみにポーズを決めるメンバーの奥にはlockWoodモニターが構えるこの写真のクレジットには
No.1スタジオでのスナップである。とされています。

ただし、No.1スタジオってフルオケが入る巨大スタジオではなかったかと、このクレジットおかしくないかな。
まあ、たまたま空いていた部屋で記念撮影をパチリとか、ライナー用の写真を撮ったなんてことはいくらでもあるでしょうから、LockWoodの前で写真を撮ったからこのスピーカーを使ったなんて想像は幼稚といえば幼稚なんですが、ビートルズがALTECならば俺たちは英国製のを・・・なんてことなら夢があっていいですよね。



こちらが最近まで現役で頑張っていたLockWood社のモニター(Tannoy monitor RED入り)です

toerag99.jpg

少し吊り方が異なりますが
こちらのバージョンのタイプが我が家に運び込まれたのは、桜咲く3月の末のことでした。


つづく




沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村



スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/461-526d1534
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。