この家の音には敵わないなあ と 思った  (証拠編)

オーディオの本懐はなんぞや、と考えるとき
これを通じてサーブされる楽興に涙することであるというなら反論も少なかろうと思う

そのためには、演奏法や人気歌手の動静にばかり目がいくレコードバカでは片手落ちだろうし
10年一日のごとくおなじCDを握りしめて音の些細な違いの評論に終始するオーディオバカであってもまた本懐は遂げられまい

音を聞き分けるには音楽が必要で、音楽を楽しむにもまた音を聞く以外にないというのは、改めて申すまでもないことだがこんな当たり前のこともつい忘れられているのような気がしてならない




では、今日の本題ですが
あなたがオーディオのお友達の家に行って一緒に音楽なりオーディオなりを楽しんだとしましょう、今風にいうとオフ会とでも言うのでしょうか・・・WEB上のオンラインが生活の主線だなんてずいぶん突飛な発想だと思いますが・・・


そこでもし
ああやられたなあ、いい音だなあと関心した時にあなたは明確な行動に出ますので悔しくたってまずは素直に負けを認めて足元に平伏しましょう(笑)

・・・それはある1曲とセットになった局地的敗北なので、何にも気にすることはありません
よくぞこのCDを見つけてきて、ここまで上手く鳴らしたねえ と、快く勝者を讃えてください


オヤ!今そこのあなた、ポケットから徐ろにスマホを取り出して
かかっているレコードやCDのジャケットをパシャりと写真に撮りませんでしたか?

そしてこう思ったでしょう、帰ったら早速ポチッとして同じCDを手に入れよう

私個人的には、この行為は「オーディオ敗北宣言(爆)」なんです



上述した通りオーディオから出てくる音を通じて音楽を聞くので、音楽だけでなく音にも関心したからこそ初めてそのソフトを欲しいと思うのです
そこには、こんな心理が働いています

なんて素晴らしい音と曲なんだ
このCDを買えば我が家でもこれと同じ音響的成果を手中に収めることができるのではないか!?






大きな恥を忍んで告白しますと、私もいくつもの軍門に下ってきましたよ

PICT4866.jpg

これはその代表的な一枚で
盟友Hさんの、川中島の和室の夜
WE728BのダブルにALTEC804+WE12025ホーンで叩き出した若きホロヴィッツ渾身のクレメンティで、冒頭の一撃から頭蓋骨を打ち砕かれんばかりの衝撃でした

また、この夜聞いたセルのマーラー4番は、この時ほど第二楽章のFiedel(の音)が悪魔的に響いた経験を私は持ちません

あの夜のスピーカーやアンプの白熱灯に照らされた姿や庭の様子、床に敷かれた中国段通の模様の一目まで克明に脳裏に焼き付いて離れることは決してありません、まさに五感に刻み込まれた衝撃であったのです

当然ですが2枚ともすぐにあちこち手を尽くして入手しました、もちろんオリジナル盤です
到着が待ちきれず心を踊らせて聞いてみました

結果はご想像の通りです

H邸で聞いた演奏に「足下にも及びません」

このようなレコードはまだたくさんあるのですが、
いずれも愛聴盤までには出世できず・・・なぜ「足下にも及ばないのか?」は大きな壁になって立ちはだかった


結局のところ自分にとってこうしたレコードは

「Hさんのレコード」なのであって自分のモノになりきれない、と言うよりは一生かけてもなりっこないモノだったのです

この当たり前のことが解るまで長い年月がかかりました、自分は物事が分かっていない未熟者だと思い知らされました
それが分かって以降、人様の家で聞いたレコードやCDを追いかけて買い足すことをほとんどしなくなりました

歴史的名盤や聞いてみたい盤を購入するのと並行して、できるだけ
誰かに教えてもらったのではない、書籍やネットで紹介されたものでもない未知のレコードの中から、純粋に音楽だけに感動を受ける=つまり前知識や先入観や過去の評価を受けていないレコードを探し出す事を心得るようになりました

実践としては、訳のわからないレコードを鼻の効きだけで闇雲に買うのですから、100枚買って1枚残るだけかもしれませんが、何年も続けていると徐々に打率が上がって今では相当な確率でヒットを打てるようになりました

PICT4867.jpg

近所の書店のエントランスに出張販売に来ていたレコード売り場で見つけた。米)コロムビア6目オリジナルなのに3000円ほどで買ったと思う、不人気盤の特権
レーニャの3文オペラなんて識者にしたら著名盤かもしれないが、少なくとも自分にとっては何もかもが初見で購入



前回から続くこのテーマは、気づいていない人から見ると「何おかしなことにこだわっているんだ、コイツは」と思うかもしれません

オーディオの使い方(私の嫌いな言葉で「使いこなし」)でも同じなのですが
自分以外の誰かが言い出したことや選別した後の後追いをいくら頑張っても、「そこそこ良い音が出ている」以上のモノが出来するとはとても思えないのです


本物と偽物の見分け方は「取扱説明書」もなければ「骨董店店主の太鼓判」や「公衆トイレの落書きのようなネット上の書き込み(このブログも含めて)」なんかも何一つ信ずるには値しません
自分の感性を磨き、理由は語れないけれど偽物を見抜ける能力を自分自身が獲得するしかありません




最近、こうした事を確信するような体験をしました

一つは、小布施町のJazz喫茶 BADさんのお店の音
マスターが「これが一番好きかなあ」と言ってかけてくださったショスタコ自作自演のプレリュードとフーガ
私は全く初見でしたが、その音を聞いて些か背筋に冷たいものが流れるような凄みを感じました

こちらのマスター個人はオーディオには全く頓着せずハード面は専門家に依頼して喫茶店を始めました
お店を始めてから15年ほど経つとのことでしたが、その間オーディオマニア的な「音質向上策」には背を向けて「グレードアップ」もすることなく、ただ15年好きな音楽を聴き込んでこられた結末の「凄み」なのです
マスターだけの世界にある音でした、決して人真似で到達できるような座標面には存在しません


あのレコードを我が家でも聞いてみたいと思いますが、あんな音は絶対に出っこないと分かりますので手が出せません

一人の人間の音楽人生から染み出した音なのですから、別の人生を歩んで来た私の家では別の音になるのは至極道理なことなのです



後編に続きます







沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村






スポンサーサイト


コメント
お久しぶりです。知人達は、大型プレイヤーやウーハーの交換、貴重なカートリッジなどを入手して、音の改善に励んでいます。自分は、彼らとは、別の方向に進んでいます。WE231Dシングルラインアンプを作りました。電源は、広島の達人の方に、作ってもらいました。回路図、記事は、その方から、送ってもらいました。新先生のアンプです。手持ちのUTCのインプットA-10、アウトは、WE500Aにしました。製作記事とは、違います。カップリングコンデンサーは、スプラグのコンデンサー0.47μFが、指定です。とても不思議な音です。自作アンプ特有の中高音ばかりの音がします。カプリングコンデンサーをWEの0.6μFに変えると、なじみの音に少し変化しました。B電圧の所に、WE4μFを足すと、もっと、なじみの音になりました。今、このWE231Dシングルラインアンプを聞いています。とても楽しい毎日です。また、プレイヤーの301は、とても良く出来たものです。イライラも不満もなくなりました。RF301モノ用、RF301ステレオ用共に、良い感じです。
自分の耳を信じて、やって行くのが、オーディオの楽しみです。それでは。
2017/07/25(火) 10:12 | URL | momo #-[ 編集]
WE231Dラインアンプ(シングル)を作りました。広島の達人から、新さん記事、回路図を送ってもらい、電源は、達人に作って貰いました。INは、UTC A-10 OUTは、WE500Aにしました。最初、低音が、出ないので、カップリングは、スプラグ0.47μFをWEのペイッパーコン0.6μFして、B電源の最後に、コーネルの4μFをオイルコンを足しました。幾分、なじみの音に近づきました。とりあえず、聞いています。知人のTさんは、EMT930とプレストの大型プレイヤーを入手したそうです。また、Mさんは、ノイマンのモノラルカートリッジを入手して、モノラルシステムの音質向上されたそうです。K氏は、足を捻挫されて回復されたそうです。色々な事が起きています。日曜日、7月30日に、BUDで、ジャズボーカルのライブ、午後2時からあります。知人の何人かは、来る予定です。それでは。
2017/07/28(金) 07:34 | URL | momo #-[ 編集]
楽しそうでいいですねえ
オーディオ三昧じゃないですか!

凄いですね、自分の耳を信じて・・・なんて達人の域ですねえ
私は自分のことを信じるなんて全くできません、ですのでメーターを睨んで確認・確認の日々です

先日、Kさんと同様に私も足をやっちゃいました
その上エアコンも故障して難儀をしております

うちの装置は十年一日変わりなしと冗談で言っていたら、今年で本当に10年変わりなしになりました
現状は山登りでいうと四合目というところでしょうか?まだまだ先は長いです
10年噛んでもこんなに味がするのですから、オーディオとは良きものです
2017/07/28(金) 13:27 | URL | kaorin27 #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/507-6c2dd8b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)