fc2ブログ

「狂気」を伝え切るオーディオ装置

長野市民40万人のうち自分以外、誰一人その違いに気付かないであろう「音の違い」の為に100万円を超える金額を消費する事こそ「キチガイ」の所業でしょうから
オーディオに使った金額を明示するだけで家族や職場の同僚から「狂気の沙汰」と名誉あるスタンプを押してもらえる事でしょう


今日はそんな正常な方々との確執のお話ではなく「狂人(失礼)=マニア」同士で意気投合できるお話です

私もご多分に漏れず随分と無駄に長い事オーディオをしてきましたが「微々たる音の違い」に何故これほどまでに巨額を払えるのか?
自分も含めてマニアの思考には大いに疑問を持っていました


で、ある時に気付いた!と言うより身勝手に自己納得をするに至ったきっかけがあります


_DSF2323_convert_20240131154953.jpg

ムラヴィンスキー レニグラード  1965年 モスクワ音楽大学 大講堂  ライブ録音
このレコードは今は無き、市内にあった知人のクラシック専門レコード店である日数枚購入した中に紛れ込んでいた1枚です


これを買った時点でオイロダインは手放していてステレオ再生はALTECの最初期のA-5システム(515 288 N500全て後ろに何も書いてないセット)でした

そのA-5で聞いてもあまり印象に残らずしばらく放置していました

その後2代目のオイロダイン(励磁電源タイプ)を購入して聞いてみましたが、やはり強い印象はなくまた何年もこのレコードは日の目を見る事なくレコード棚の中で再び長い眠りに付いたのです


1965年とありますので恐らく同じ音源らしき動画がネット上にあったので貼っておきます





この動画を見て、頬を引っ叩かれたような衝撃を感じた人はあまりいないと思います
ALTECのA-5で聞いた時の私の感想もそうでした



ところが、オイローパが少しずつその威力を発揮し出した十年ほど前に改めて聞き直してみると

これはとてつもない事が行われているぞ!

と大きな衝撃を受けました

当時のA-5が悪い音だったのではありません「これぞ町内一の音」と自負していましたし若い頃からWESTERN-Lansingラインは自分で最も好きなスピーカーの一つで、別のレコードでは背筋の凍る音も出していました
結局、レコードと再生装置のマッチングの問題だったのです


しかしオイローパによって目の前に展開されたモスクワ大学の講堂の大きさと深み、離れた位置から収録されたマイクの感じながら演者一人一人がノリに乗って動きながら演奏するさざなみの様な気配まで

演奏当日の風景がまざまざと見えた時ムラヴィンスキー とレニングラードの精鋭達が成した・・成し得た芸術の偉大さに畏怖の念を感じるに至ったのです



ああ、なるほど。
狂気に近付いたホンモノの芸術を「確かに本物じゃ」と分かるための手助けになる様な、より簡単に感覚的に狂気を感じる為にオーディオに(一見)無駄金を使って来たのだな。とひとりごち納得したのです


問題は、そこまでの演奏が入ったレコードが如何程あるのだろうか?
そして死ぬまでに自分はどれ程の狂気の入ったレコードに巡り合えるのだろうか?

自分の興味は概ねそちらに移っていきました

ケーブルや真空管や足を変えて音が変わった、良い音になった、音質向上した。という概念から距離を置いたのもその頃だったと思います


理由は簡単です

1、狂気を出せるスピーカーを持っていなければ、いくらアクセサリーやパーツを変えても出っこない

2、そのスピーカーにふさわしい環境・音源でなければ出っこない

3、4が無くて

5、最も重要な事は「狂気」の入っていないレコード(音源)でなければ出っこない


とってもシンプルになった私のシン・オーディオの始まりだったのです







沢山のブログが集まるサイト「日本ブログ村」に参加しました。
130以上のオーディオブログが参加しています。ぜひご覧下さい。下のバナーがリンク先です。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村



スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/619-2f128217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)