fc2ブログ

momo先生 登場!

本稿は一つのエピソードを基にした創作物語です

momoさん(以下ももさん)と初めて出会ったのは街の老舗カメラ店で
いつかの年の「モデルさん撮影会コンテスト」だったかで私が次席、ももさんが優勝をされたのをよく覚えている

少し後旧知のNさんが帰郷してオーディオ店を開きその店で再会した。その時点で「オーディオ好きなんだ」と初めて知った。
都合40年近くも前の事だ

ももさんは地高一万石の堀公がいらしたお城のすぐ脇で商売をされていたが、先年引退されて悠々自適の生活をされている

ではと、11月の頃お邪魔して来ました


191748.jpg


Western Electricを中心としたスピーカー群
ステレオ音源は1940年頃のLansing287をドライバーに使い
モノラル音源は1925年製のWE555を中心として
SP盤と復刻盤はカンチレバーのWE551ドライバーのフルレンジ使用と実にオーソドックスな選択です

SP時代からステレオ初期までのJAZZが鑑賞の中心ですから納得の出来るスピーカー・システムですね


この私をして(お前は誰なんだって話ですが、自分も音離れを目指していると言う程度)ステレオ録音を一瞬「あれモノラルのまま出してない?」とスピーカーに耳を近づけた程音離れに抜きん出た再生でした

大きな感動の瞬間でした。参ったなー



さて、近所の(中々職人気質の)和菓子屋さんの塩大福などを頂きながら雑談をしていた時、もも先生が降臨されました

kaorinくんのブログはさあ、
色に例えるとグレーの中でもちょっと赤みがかっているとか、少し明るいとか微妙な話が多くて。読んだ人には何のこっちゃ判らない人が多いと思うよ。

オーディオブログってのはさ、もっとこう「白は白!黒は黒!」ってハッキリ断言した方が読んでくれる人が沢山いるんだと思うんだよなあ



本日2回目の感動でした
(ただし、先日の新年会の折、本人にこの話をしたら「そんなこと言ったか?覚えてないよ」って言ってました。都合3度目にして最大の驚きでしたww)



うー〜む
始めは軽いノリでブログを書き始めても、途中から興に乗りすぎて微妙な繊細なところに行きすぎるなあ。と自覚はあったので痛い所を突かれた!わい
実は自分でもずーっと思ってたんですよねえ

もも先生の凄いところは痛い所を確実に見抜く戦術眼とそれを躊躇なく撃ち込んでくる突破力なんですよ
もう一つ加えると、自分で言って忘れている辺りの精神力!!


と言うことで、昨年の12月くらいからこのブログの雰囲気を少し平明にする「気持ちだけは」持ってみました
まだまだもも先生のお眼鏡には叶わないと思いますが、今後も鋭意努力する所存です

いつだったかな、上越のKさん(こちらは本物の先生だから先生とは言いません)とあった時に、ブログの感じ変わったねと言われたので、ああ分かる人もいるんだな人間の感性って大したものだと思いました



近々に「白黒ブログ」を書いてみたいと思いますので乞うご期待



05192255.jpg


音離れが最高ですね!と感想を言ったら

アンタの作ったアンプ使っとるよ。と言って指差してくれた可愛い先輩なんです





スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kaorin27.blog67.fc2.com/tb.php/620-40b644a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)